2013年10月18日

世界エイズ・結核・マラリア対策基金への応援を!

昨日(10月17日)、日本リザルツのスタッフ4人が3時間かけて、衆議院議員会館と参議院議員会館の全議員室(計722議員)を回り、標記の願いを込めたパッケージをお届けしました。 

今年12月3日に米国ワシントンDCで開催される第4回世界基金増資会合に向けて、2014〜16年の3年間で合計1200億円の拠出誓約を、というお願いとともに、今年12月の東京公演が決定した、南アフリカのイサンゴ・アンサンブルによる「ラ・ボエームAbanxaxhi」のご案内をパッケージに同封しました。

プッチーニの名作オペラ「ラ・ボエーム」は、ヒロインが結核で命を落とす物語ですが、結核という古くて新しい病気の脅威に対し、私たち日本人は何ができるかを考える契機にして頂ければ、という願いが込められた、世界基金支援日本委員会と東京芸術劇場とのコラボレーションによる公演です。

公演の詳細:
http://www.jcie.or.jp/fgfj/laboheme/
http://www.geigeki.jp/performance/theater037/

posted by resultsjp at 13:06| Comment(0) | 世界基金
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]