2013年10月21日

10月19日「緊急市民シンポジウム」第2部

10月19日(土)の「緊急市民シンポジウム」で、第1部終了後、サンドウィッチ ブレイクの後に開催された第2部についてご報告させていただきます。

第2部では、公益財団法人 日本国際交流センターの執行理事で、世界基金支援日本委員会の事務局長も務めておられる伊藤聡子さんをモデレーターに、世界基金へぐっとフォーカスを当て、日本がどう貢献できるかについての熱い議論が展開されました。
DSC00498.JPG

まず最初に「世界基金増資ビデオ」上映があり、その後パネルディスカッションへと続きました。
パネリストをご紹介いたします。

【(特活)マラリア・ノーモア・ジャパン 専務理事の水野達男さん】
長年マラリア対策に取り組む「住友化学」でマラリア蚊帳をタンザニアの現地工場で製作、拡大に貢献されたご経験を通じ、「企業にとってアフリカは市場としての価値もあり投資しがいのあるマーケットでもある。日本のリソースを使ってマラリアに立ち向かっていきたい」と力強くおっしゃいました。
DSC00501.JPG


【外務省 国際協力局 国際保健政策室長の小沼士郎さん】
2000年の沖縄サミットから2002年の世界基金立ち上げまでの貴重なエピソード(裏話)を伺うことができました。医師で外交官という肩書きをお持ちの稀有な存在の方ですが、「疾病対策は人の対策」と人間味あるご発言に心温まりました。
DSC00520.JPG


【(特活)アフリカ日本協議会 国際保健部門ディレクターの稲場雅紀さん】
横浜の寿町で日雇い労働者の保健問題に取り組んだことをきっかけに、市民社会の活動家として保健や人権の問題に取り組み続けていらっしゃいます。エイズについては「End AIDSを目指しながら、Living Togetherという側面も重要」とお話になったのが印象的でした。


【ミルドレッド・フェルナンドさん】
「フィリピンの結核患者は『どうして街中で治療するのだ、どうせ死ぬのに』というような心無い言葉を浴びせられることもある」というお話に胸が痛みました。彼女自身「ようやく生きていると実感できるようになった」そうです。今年6月にご結婚されたばかりのご主人様との人生も仕事も楽しんでください。
DSC00505.JPG


【世界エイズ・結核・マラリア対策基金 戦略投資効果局長の國井修さん】
國井先生が世界基金の中枢にいらしてくださることで、日本政府は安心して拠出することができます。熱く語られるお姿を拝見していると、私には“勝海舟”に見えてきました。
世界基金の内側から、三大感染症に立ち向かう世界をひとつにまとめてくださいませ。
DSC00510.JPG


パネリストによる自己紹介を兼ねた世界基金とのつながりなどのお話の後、世界基金へ何を期待するか、今後どうあって欲しいかについて、それぞれのお立場からご提言いただきました。
続いて、日本に何を期待するかについての議論の中では、日本政府の拠出への期待だけでなく、日本企業、日本のNGO、大学など、日本が総体として、世界基金との関係においてどうあるべきか、どのように貢献できるか、ご意見が交わされました。
伊藤聡子さんのファシリテーションは時にウィットに富み、聴く人を惹きつけ、テンポよく意見交換が進み、テレビの討論番組よりも興味深く聴き入るうちに、あっという間に時間が過ぎました。
モデレーターの伊藤聡子さん、パネラーの皆さん、本当にありがとうございました。

続いて、日本リザルツ 白須紀子代表より、「宣言文」を情感たっぷりで声高らかに朗読し、会場の皆さんに、大きな拍手をもって採択されました。
DSC00540.JPG


そして最後に、「スタンド・アップ・テイク・アクション」キャンペーンのアクションと写真撮影を会場の全員が一丸となり行いました。
DSC00560.JPG

会場がひとつになるのを感じられる素晴らしいシンポジウムになったと思います。
短い時間で準備された関係者の皆さん、ご参加くださった皆さん、本当にありがとうございました。
posted by resultsjp at 15:19| Comment(2) | 世界基金
この記事へのコメント
思いやりのあるシンポジウム、良かったですね。
Posted by 白雪 at 2013年10月21日 22:50
釜石からもいつも応援してるよ。総力戦で頑張っぺ。
Posted by 釜石 at 2013年10月22日 08:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]