2014年02月25日

"ピンクベア"のともに生きるセミナー その1  当事者と日本のエイズコミュニティの取組み =予防から共生へ=

日本リザルツ インターンの古川です。

2/21に、JaNPプラス代表の長谷川博史さんより、東京のゲイコミュニティの取組みのひとつとして
Living Together」の理念や活動、マルチセクターでの展開等のお話をして頂きました。

DSC01330.JPG

学生の立場からするとHIVやエイズは一度は聞いたことがありますが、興味を持ったり,調べたりした事はなく、もちろん陽性者の方とお話をしたりする機会は今まで無かったので、今回このようなセミナーはとても有意義でした。
本当にありがとうございました。

活動内容であるLiving Togetherの「一緒に生活しようでなく、もう一緒に生活してるよ」の考え方にはすごく愛情を感じました。
支援を受ける側と支援をする側の差が出来てしまいがちですが、それを根本から変えるようなお話でした。



次に質問に対して「自分の立場から考えるのは傲慢」という話に思わず「たしかに!」と思えました。
自分の考えが相手の考えではなく、自分がしたい事が相手がして欲しい事とは違う場合があるということを再確認できました。
人間外見だけでは判断してはいけないし、見ただけでは思っていることはわかりません。しっかりと相手を理解してから関わるようにしたいです。


世の中の生活がより良く幸せな暮らしになるには、長谷川博史さんのような方々が様々なところでお話をしていただき、
皆さんの理解,協力が強まればよいと思いました!

とても貴重な体験をさせていただきありがとうございました!
皆さんも次の機会に是非いらしてください!



*コラム*
「HIV」 とは 「エイズウイルス」 のことで、正式には 「ヒト免疫不全ウイルス」 といいます。
ヒトに感染すると、免疫力を低下させてしまうウイルスです。

「HIV」 に感染し、治療をせずにいると、免疫力がだんだん弱くなり、数年〜10年で健康な人であれば何ともない菌やウイルスで 様々な病気がおこります。その病気が、「エイズ指標疾患」 とされる病気にあてはまると、「エイズを発症した」 と診断されます。(http://www.std-lab.jp/stddatabase/hiv-aids.php)

同じものと思っている方も多いと思うのでしっかり覚えてください!

DSC01333.JPG
posted by resultsjp at 10:35| Comment(1) | 情報
この記事へのコメント
ブログに感激
Posted by 白雪姫 at 2014年02月25日 18:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]