2014年04月10日

アジア太平洋GFAN会議(1日目)

4月9日-10日の2日間、タイ・バンコクで開催されているアジア太平洋GFAN会議に出席しています。

DSCN8134.JPG

GFANとは、Global Fund Advocactes Network(世界基金アドボカシーネットワーク)のことで、世界各国で世界基金のアドボカシーを行う人や団体で構成されるネットワークです。
世界各国に約144団体、320名以上が参加しており、参加団体は、HIV/エイズ、結核、マラリアの他にも、ジェンダーや国際保健全般に関わる団体などさまざまです。

DSCN8135.JPG

今回の会議は、上記のように世界基金のアドボカシーに関わるさまざまな団体が参加し、日本からは日本リザルツとアフリカ日本協議会の稲場雅紀さんが出席しています。

日本以外には、タイ、ミャンマー、ベトナム、中国、インド、インドネシア、カンボジア、バングラデシュ、マレーシア、フィリピン、オーストラリアで活動する市民社会が参加しています。

世界基金事務局等主催者側も合わせて、総勢33名程で、アジア太平洋地域の市民社会としての世界基金との関わりを話し合っています。

DSCN8136.JPG

1日目の大きなテーマは2つ。
一つ目は、昨年の世界基金第4次増資会議の反省や、次の増資会議に向けた戦略づくりが行われました。

三大感染症の患者やチャンピオンによる啓発の重要性が確認されました。
昨年TICADの際に日本に招待した、イボンヌ・チャカ・チャカさんの活躍のようすなどが紹介されました。

DSCN8147.JPG

また、昨秋に超多剤耐性結核(XDR-TB)を克服したフィリピン出身のミルドレッド・フェルナンドさんが来日したことや、亀田興毅WBA世界チャンピオンらが世界基金のアドボカシーを行ったこと等、日本の活動が高く評価されていました。

二つ目のテーマは、今年本格的に導入される世界基金の新資金供与モデルなど、今後の世界基金と市民社会、特に実施国の関わり方について話し合われました。
また、大規模ドナー国以外にも、実施国においても国内予算を拠出していくことの必要性が議論されました。
アジア太平洋地域は中所得国も多いので、被支援国としても世界基金の資金獲得に貢献できる可能性が高い地域です。

1日目は色々学ぶことも多い会でした。
2日目は挙がった課題についてさらに議論を深め、行動計画を作成していくことになります。
posted by resultsjp at 12:40| Comment(0) | 世界基金
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]