2019年03月29日

2019 AFDPフォーラム第一部

本日、経団連ホールでアライアンス・フォーラム財団の主催により開かれた「2019AFDPフォーラム」に出席してきました。
日本・アフリカ連合(AU)友好議員連盟の逢沢一郎会長による挨拶でフォーラムが始まり、第一部では「社会課題の解決に求められる制度イノベーションと技術イノベーション」と題し、アライアンス・フォーラム財団の原丈人代表理事の基調講演の後、パネルディスカッションが行われました。パネルディスカッションには2015年ノーベル賞受賞者である東京大学の梶田卓越・特別栄誉教授がご参加されました。
TICADプロセスを含めた開発における課題を論じる中で、欧米的な資本主義が立ち行かなくなってきていることや、その根底にある問題として、価値という本来は数値化できないものを数値化して理解したつもりになっていることが指摘されました。
梶田教授からは、日本の学術界も短期的な結果が求められるという点で欧米的資本主義に似た考え方が支配的になっていることや、アフリカの開発において、アフリカからの留学生を積極的に受け入れて将来各国のリーダーとなる人材を育成すべきであるというご意見がありました。
日本の技術だけでなく、物事の捉え方や価値観が開発の中で重要となってくるということが言われていましたが、その点には非常に共感を覚えました。
UME

IMG_2869.JPG

IMG_2875.JPG

IMG_2885.JPG

IMG_2893.JPG

IMG_2894.JPG

IMG_2895.JPG
posted by resultsjp at 16:00| Comment(3) | 日記

2019年02月20日

C20準備対面会合

2月18日と19日に笹川平和財団で開催されたC20準備対面会合に出席しました。
C20とはCivil 20のことで、G20が政府の集合体であるのに対し、市民社会組織(Civil society organizations)の集合体を指します。他にも経済団体(B20)、労働組合(L20)、科学者(S20)、シンクタンク(T20)、都市(U20)、女性(W20)、ユース(Y20)があり、様々な立場の人(マルチステークホルダー)の意見を活かして世界の課題を解決しようという取組みです。

G20では様々なことが議論されるため、C20の中でも次に挙げるようにいくつもの部会(Working Group)があります。
・汚職防止 ・教育 ・環境、気候及びエネルギー ・ジェンダー ・国際保健 ・インフラストラクチャー
・国際金融制度 ・労働、企業及び人権 ・地域から地球規模へ ・貿易及び投資

日本リザルツはこの中で主に国際保健の分野に力を入れています。

IMG_2543.JPG
会場の様子

IMG_2550.JPG
岩附共同代表挨拶

IMG_2555.JPG
冨田G20大使と財務省武内局長

IMG_2557.JPG
パネル・ディスカッション

IMG_2571.JPG
保健ワーキンググループ

国際保健という区分の中でも、HIV/AIDS・結核・マラリアのような感染症、熱帯病、気候変動、非感染性疾患、研究開発など様々な事柄を扱っている人がいて、それぞれが自分の扱う分野を強調したいと考えている中、それらの意見をまとめてG20へ届けるという作業はなかなか大変そうだと感じました。今回のG20は準備期間が短いということもあり、慌ただしくなりそうです。
UME
posted by resultsjp at 15:21| Comment(3) | 日記

2019年02月01日

事業報告書とGGG+フォーラム東京2018の議事録

ボランティアさんや皆様にご協力いただき、日本リザルツの理事会・総会に使用する2018年の事業報告書12冊と、昨年12月3日に開催したGGG+フォーラム東京2018の議事録日本語版の完成になんとか漕ぎ着けました。
デザインに携わってくださった木村様、島田様、印刷業者の北島様、そしてチェック作業をしてくださった門井さん、畑野さん、坂崎さん、本当にありがとうございました。

なお、日本リザルツの総会を次の通り開催します。
参加自由ですので、どうぞご参加ください。

日時: 2月8日(金)16:00〜17:00
場所: 日本リザルツ事務所 千代田区霞が関3−6−14 三久ビル503 

UME

IMG_1490.JPG

IMG_1491.JPG


posted by resultsjp at 21:17| Comment(3) | 日記

2019年01月22日

マーガレット・サッチャー:政治を変えた「鉄の女」

代表の白須が推薦する標記の本を、現在スタッフが順番に読んでいます。
この本はG20担当大使の冨田浩司氏による著書で、私はまだ読んでいませんが近年の英国を知る上で参考になるとともに、とても面白く読みごたえがあるということです。

昨年12月に冨田大使を表敬訪問した際、話が終わったあとにサインをもらっていましたので、それを見ると当時が思い起こされます。
UME

P_20190122_100739.jpg

P_20190122_100728.jpg

大使訪問の記事はこちら
http://resultsjp.sblo.jp/article/185235442.html

posted by resultsjp at 09:51| Comment(3) | 日記

2019年01月11日

靴輸送の強い味方

昨日、スナノミ症対策の靴を輸送する際に大変お世話になっている株式会社ウエルアクセスの服部社長にお越しいただき、靴の梱包やパッキングリスト作成等について相談に乗っていただきました。空輸する場合と異なり、海上輸送ではカビの問題などを考慮する必要があること、コンテナの種類や程度、積載される場所等不確定な要素が多いため様々な状況を想定しておくと良いこと、パッキングリストを詳細かつ確実に作成する手間をかけることが結果的に早い通関につながることなどを教えていただきました。
また、中古段ボール箱手配の検討や、靴梱包のための作業スペース提供をご提案していただき、非常にありがたいと共に心強く感じました。
これからも頼りにさせていただきたいと思います。
UME

今回は写真を撮っていませんが、過去のブログ記事には写真も掲載されています。
http://resultsjp.sblo.jp/article/184702658.html
http://resultsjp.sblo.jp/article/184524577.html
posted by resultsjp at 18:08| Comment(3) | 日記