2019年12月04日

ANA(全日空による)ザンビア国向け「ドローンを用いた物流サービス事業化計画」

昨夕(12/03・火)、JICAにて、ザンビア共和国向け「ドローンを用いた物流サービス事業化」の説明会(プレゼン)に出席してきました。(リザルツ側出席者/白須代表・河合)
以下、その要旨をメモします。

<1>今回のテーマ:主として、@ドローン活用の基本と意義、A来年2月に予定される現地調査の準備、Bそれに伴う全般的な質疑応答等々です。配布された資料は、河合が保管中ですが、回覧等でご紹介致します。

<2>現時点でのANAの主目的(出発点)は;
「交通インフラ不備による血液検体の不足・未到達等を如何に解決してHIV/AIDSを救済できるか?」ですが、
「それだけでは持続性に欠ける」との素朴な疑問(複数の出席者から疑問)を如何に解決出来るか?です。

<3>出席者(約20名)
JICA側出席者:民間連携事業部(齋藤副室長/笠原課長補佐/高木氏)、調達部(水田氏)、アフリカ局(金田氏)、
人間開発部(平岡課長/山口ジュニア専門員)、社会基盤・平和構築部(相原ジュニア専門員
ザンビア事務所:3氏(テレビ会議)

ANA(全日空):津田準備室長/保理江氏/信田氏ほか2氏
エアロセンス社:嶋田取締役/鈴木開発部長
国立国際医療研究センター:清水上級研究員

<4>今後の問題点:
@ザンビア国保健省や国際ドナーとの情報共有、(ビジネスとしての)市場性確認、及び信頼関係構築。
A良質かつ信頼に足る現地パートナーの確保、オペレーター雇用も重要課題。
B持続性確保の為に、当所目的の血液検体輸送以外にも医薬品/衣料の運搬、農薬散布等へのタスク水平展開の可能性
日本人無しで本当にオペレーション出来るのか?
C白須代表の質問でしたが、中国企業の進出もかなりの脅威か?
  (ザンビア国内には、詳細調査要ですが、既に中国企業が類似分野に進出済の模様)

以上、長いブログになってしまって恐縮ですが、ご報告まで。            (SK)








続きを読む
posted by resultsjp at 11:36| Comment(2) | 日記

2019年12月03日

「第8回国際母子栄養改善議員連盟」の件(一部改訂)

本日(12/03・火)「第8回国際母子栄養改善議員連盟」の総会に参加(拝聴)してきました。
議員先生のご出席は約30名(代理含む)、その他外務省/農水省ほか、WFP、FAO、各種財団、各企業等、
多数のご参加を頂き、まさに大盛況でした。

私自身は出席者名簿の作成等、準備作業をほんの少々お手伝いしただけでしたが、
各発表者による、各位の立場(切り口)での熱のこもったスピーチに、途上国支援の原点を感じ取れて、
これからのリザルツの方向性も垣間る事も出来、我々スタッフの励みにもなりました。(SK)



続きを読む
posted by resultsjp at 13:18| Comment(2) | 日記

2019年11月29日

ADRセミナー

リザルツ事務所の一画で活動されている「一般社団法人 家族のためのADR推進協会」(離婚テラス調停センター)が、「ADRセミナー」を開催されました。
セミナーの開催は初めてだそうで、代表の小泉さんは準備段階から心配そうにされていましたが、いざ始まってみると盛況だったようです。それはセミナー終了後の懇親会の楽しそうな話し声からも伝わってきました。
このような試みで、ADRについての理解が広がり、ADRに携わる人が増えて行くといいと思います。
UME

IMG_4868.JPG
posted by resultsjp at 17:40| Comment(2) | 日記

河合の業務報告

連日、皆様にお世話になっております。新たに入職した「河合」と申します。

現在は、新聞記事の切り抜きを通じて、リザルツに関係のある分野を勉強しています。

我がリザルツの国際的な事業との関連(可能性も含めて)を鑑みて、チェックしていますが、見落としや勘違い/理解不足も多々ありそうで、その辺を私自身、いささか危惧しています。


ブログの更新も、民間会社勤務で体中に染みついた出張報告スタイル からどうしても抜けきれないのが悩みになりそうです。 (SK)


jpeg.jpg
















posted by resultsjp at 11:53| Comment(2) | 日記

2019年11月27日

アジア開発銀行戦略セミナー

11月25日(月)にアジア開発銀行(ADB)東京事務所で開催された「アジア開発銀行戦略セミナー:ADBの戦略とパートナーシップの推進について」を聴講してきました。100人以上の方が参加され、大盛況でした。
IMG_4863.JPGIMG_4866.JPG
セミナーの内容は、
(1)アジアの貧困対策と不平等の是正
(2)ジェンダー平等の推進に向けて
(3)気候変動への対応
(4)暮らしやすい都市づくり
(5)農村開発と食料安全保障の更なる促進
(6)ガバナンスと組織・制度面におけるADBの役割
(7)地域協定・統合の推進
というものでした。

後半の質疑応答では、代表の白須が「国際保健、特に栄養改善について、ADBのリーダーシップが必要である」という提言をしました。

私見ですが、ADB東京事務所と、定期的(不定期も?)懇談会/懇親会等を行い、アジアのUHC実現に向けADBがリーダーシップを取っていく気運を高める必要があると感じました。
(SK)

posted by resultsjp at 14:36| Comment(2) | 日記