2019年01月20日

報連相の重要性

16日(火)、ケニアの首都ナイロビでホテルなどが入る複合施設が襲撃される事件が起こりました。
場所は日本リザルツの活動するカンゲミ地区があるウエストランズ・サブカウンティです。

ケニアのホテル襲撃テロ、死者21人に:BBCニュース
https://www.bbc.com/japanese/46901175

事件が発生して一番最初に「スタッフは無事か」心配になり、すぐ安否確認を行いました。
すぐに全員から「自分も家族も無事」という連絡が入りました。

日本リザルツケニア事務所では、現地スタッフに「報連相」を徹底するよう呼び掛けています。
それぞれの仕事の問題を日本人スタッフがきちんと把握し、円滑に仕事を進められるようにすることと、現地スタッフに何かあった場合に日本人スタッフと東京事務所が事態を正確につかめるようにし、職員が安全に仕事ができるようにすることが目的です。
ケニアを含めたアフリカにはこうした習慣はなく、最初は「なんでいちいち報告しなきゃいけないの?」と束縛されてる感じが嫌そうでしたが、背景をきちんと説明したら、報連相の重要性をわかってもらえました。今では東京スタッフ以上にきちんとレスポンスが返ってくるので、非常に心強いです。

今回も1時間足らずで全てのケニア事務所のスタッフから連絡が来て、大使館と東京オフィスに報告ができました。有事がないことが一番ですが、有事があった場合にきちんと対処ができ、安全を確保できる体制を整えたいと思います。
そして、今回の事故の犠牲者とご家族に、ご冥福をお祈り申し上げます。
(はるか)
posted by resultsjp at 02:12| Comment(1) | 情報

2019年01月18日

第142回GII/IDIに関する外務省/NGO懇談会

1月18日に中央合同庁舎4号館にて、本年最初の標記懇談会が開催され、日本がホスト国として行われるG20サミット・TICAD7を中心に次の内容が話し合われました。

国際的な保健政策関連事項については、昨年のG20サミット(ブエノスアイレス)での成果と2019年G20サミット(大阪)の展望、TICAD 7、IFNA(食と健康のアフリカ・イニシアチブ)の重要項目が情報共有されました。特に、UHCをアフリカでも推進していくために、現在先行しているアジア健康構想を参考にした「アフリカ健康構想」についても言及がなされました。その他の議題としては、UHC2030/CSEM会合報告、2020年栄養サミットに関する情報共有、GGG+フォーラム東京2018の報告、本年以降のグローバルヘルス関連イベントの日程情報が続きました。

2019年は、主要な国際会議で日本がホスト国としての重要な役割を担う1年となります。行政主導で開発・援助が中心に行われていた国際協力から、NGO・NPOなどの市民団体や民間企業が主導する取組みへとシフトが進んでいます。市民と政府間の対話としてC20(Civil 20)が、大阪で開催されるG20の前に予定されています。
さらに、2019年8月28日-30日、第7回アフリカ開発会議(TICAD7)が横浜で開催されます。8月の主要会議を控え、皆様により関心を持っていただくために、2018年からアフリカのダンス、音楽、ファッションなどのサイドイベントが実施されています。お時間があれば、ぜひご参加ください。

ここで、「アフリカにすでに行ったことがあるんだ!」という方に朗報です。
(残念ながら、私はまだ行ったことないのですが…)
TICAD7では、「アフリカとのふれあいを表現する、とっておきの一枚」をテーマにした写真を1月31日まで募集しています。応募要項や留意事項の詳しいご案内はこちらです。
https://ticad7.city.yokohama.lg.jp/2018/11/30/promotion_20181130/
会議のPR動画にあなたの1枚が加わったら、記念になりますね。

SoH
posted by resultsjp at 14:39| Comment(1) | 情報

2019年01月13日

現地スタッフのキャリア形成に向けて

日本リザルツケニア事務所で、先週少し変わった試みをしました。
次年度のプロジェクトまでボランティアとして頑張って働いてくれている彼らに何か還元できないか…ということで、筆者の拙いノウハウを活かし、キャリア構築講座を行ったのです。

日本ではキャリアディベロップメントに関した啓発講座はよくありますが、ケニアには皆無だそうで、「日本はこんな講座があるの?」と職員は目から鱗だったそうです。

日本では就活で当たり前の「自己分析」は、ケニアにはありません。
そもそも、就活がないからです。
聞けば、ケニアは日本でいう東京大学のナイロビ大学、早稲田・慶応のケニヤッタ大学、ジョモ・ケニヤッタ大学を卒業しても、ほぼ9割以上が正規職員になれないそうです。
原因は2つあり、1つは日本のように産業が発達していないため、国内雇用が生まれないこと。もう1つは年功序列の慣習が強く、どんなに優秀でも、年が上の人から順に採用されていきます。

こうした背景から、その場にある求人にとりあえず応募する傾向にあり、「自分が本当にやりたいこと」を考える機会がないのです。

筆者は母校では勉強をした記憶は全くありませんが、筆者の研究室は就職に強く、大学3年の秋になると、研究室の先輩方が履歴書の書き方、面接対策はもちろん、自己分析の仕方や、何が向いているのかを教えてくださったのを覚えています。1人1人にカウンセリングもしてくださいました。その時期に「何がしたいか?」すごく考えたことが、一番やってみたい職種につけた要因かと思います。

筆者も色んな場所で仕事をしてきましたが、彼らには、後悔のないステップアップをしてほしいと思ってます。企業、組織の名前にとらわれず、彼らが輝いて仕事をしていける場所を見つけられるよう、バックアップをしていきたいと思います。
(はるか)




posted by resultsjp at 00:46| Comment(3) | 情報

2019年01月06日

日本とケニアの違い

ケニア事務所では、現地スタッフに日本語を教えています。
筆者が講師を務めていますが、日本語をただ教えるだけでなく、文化、そして習慣などについても知ってもらえるようなカリキュラムを作成しています。
最終年度のケニア事業では、日本企業の皆さんと連携をします。彼らが企業の皆さんと良好な関係を築き、さらに活躍してもらいたいと考えているからです。

例えば、あいさつ。ケニアはあいさつの際に必ず握手をするのが一般的です。時にはハグをします。
コミュニケーションの距離も非常に近く、かなりフレンドリーです。
しかし、日本ではそのような近い距離での交流はもちません。
「おはようございます」とあいさつをし、握手の代わりにおじぎをします。

おじぎという作法を全く知らなかった彼らは驚いていましたが、皆で何度か練習し、あっという間に、初対面や時間帯別のあいさつを習得していました。

また時間感覚も違います。ケニアには「ポレポレ(Pore pore:ゆっくりゆっくり)」という言葉があり、基本的にのんびりしています。平気で1時間や2時間遅刻してくるのが当たり前だそうです。しかし、日本企業は違います。提出物、集合時間は時間厳守が求められます。ケニア事務所でも、職員の出退勤をアブタに必ず報告するよう依頼しています。今では、全ての現地スタッフが、日本企業同様、5分前集合を徹底できています。

日本とケニアは文化が違います。現地スタッフに、ただ「時間を守ってください」と言っても、守りません。背景をきちんとわかるまで説明することが大事だと分かりました。

さて、新年最初の授業。
日本はどうやって年末年始を過ごすの?という質問が出ました。
彼らが一番びっくりしていたのがおせち料理でした。
中でも栄養担当のシコさんは、それぞれの料理に意味が込められているのを知り感銘を受けていました。

ケニアと日本。お互いの良いところを知り、相乗効果が出るような事業を行いたいと思います。
(はるか)




posted by resultsjp at 01:28| Comment(3) | 情報

2019年01月03日

ケニア事務所の仕事初め

皆様、あけましておめでとうございます。

日本はお正月三箇日かと思いますが、ケニアは今日から仕事初めです。
さすがに役所は12月21日辺りにはクリスマス休暇に入り閉まってしまいますが、民間企業は祝日(12月25日、26日、1月1日)とお正月前後の数日しか休みではなく、ショッピングセンターなどは年中無休で営業しています。もしかしたら、日本よりも便利かもしれません。

年始早々、ケニア事務所のスタッフたちはそれぞれの得意分野を活かして、精いっぱい仕事に邁進してくれています。
シコとヒルダは、今日から小学校の新学期が始まったので、3年目のプロジェクトに向けて保健省や対象の小学校と連携が取れるように、フィールドワークを始めました。アイデアマンの2人。それぞれの分野で、どんな面白い企画が出てくるか今から楽しみです。
IMG-20190102-WA0006.jpgIMG-20190102-WA0007.jpg
早速ヒルダが掃除風景を送ってくれました。
IMG-20190102-WA0012.jpgIMG-20190102-WA0013.jpg
こちらはシコのお掃除風景。2人とも手慣れた様子です。

カルヴィンとディッケンは、帰省していて写真が取れなかった自転車所有者のフォローアップを行っています。2人の頑張りのお陰で、今週中には自転車ミッションが終わりそうです。
IMG-20190102-WA0010.jpg
IMG-20190102-WA0011.jpg

職員間の業務調整、管理業務は、アブタが責任を持ってできるようにしています。彼のような有能な若者が自己の利益に走らず、他のスタッフを引っ張って私たちの目標を達成できれば、真のリーダーとして、ケニアや世界を引っ張っていけるからです。

年始早々、責任感を持って仕事に励むフィールドスタッフに元気をもらいました。私の力は微々たるものですが、私たちのミッションと皆が次のステップに羽ばたけるよう、責任感を持って仕事に励みたいと思います。
今年も日本リザルツとケニア事務所をよろしくお願いいたします。
(ジェリー)








posted by resultsjp at 01:56| Comment(3) | 情報