2018年07月17日

2018 RESULTS International Conference (July 16)

総会3日目の報告です。今日も盛りだくさんですが、注目するテーマについて紹介します。
   午前中は、全体会合「貧困を選挙の争点に」、次は、分割全体会合(米国)「ベーシック・アシスタンス・プログラムに対する脅威及び機会を作る政策のためのモメンタムづくり」と分割全体会合(世界)「人的的資本への投資と2030年への軌跡:キム世界銀行総裁との対話」です。分割全体会合(世界)では、残念ながらキム総裁は出席できずビデオによる挨拶となりました。総裁に代わって、人間開発担当のディクソン副総裁とジョアンナとの討論が行われました。引き続き、ワークショップ5テーマが別室で行われました。全体会合関連はすべて出席し、ワークショップは、「超貧困の解決が必須:なぜこの課題が全ての戦略にとって重要なのか」に出席しました。
   キム総裁の挨拶は初めてお聞きしましたが、市民社会の代表格であるリザルツ会員に対して大変心のこもったお言葉で語りかけられたことに皆感動していました。次は是非とも直接お話をお聞きしたいと思いました。ジョアンナと副総裁の討論も聞きごたえがあるもので、参加者が真剣に聞き入っていました。
   超貧困(Ultra-poverty)に関するワークショップは立ち見参加です。ロータリー財団の研究者による、格安のソーラーランタン(8ドル程度)が、極貧家庭の子供たちに勇気を与え、勉強できるようになったという話に賛同しました。極貧層用の新たなマイクロクレジットの実践にも皆が聞き入っていました。
   午後は非公式会合です。明日のアドボカシー・デーでは、リザルツの専門家は世銀で、UHC、GFF、アフリカ開発、人的開発と人口・栄養、結核対策等多岐にわたるグローバル課題について意見交換と要請活動を行います。GFFの受益者であるアフリカグループは、資金拠出問題もありかなり気合が入っています。因みに、リザルツ事務局の担当官や海外メンバーとも親しくなったことも筆者にとっては大きな成果です。明日は9時、皆で世銀へ向かいます。
                                              MK
IMG_1357.jpg

IMG_1356.jpg

IMG_1365.jpg

IMG_1368.jpg
posted by resultsjp at 16:47| Comment(1) | 情報

2018 RESULTS International Conference (July 15)

総会2日目の報告です。盛りだくさんのテーマの中から心に残るものに絞って紹介します。
  2日目は、午前中は、「草の根取締役会合」、「草の根運動を達人に学ぶ」、「議員とどう話すか」、「世界における選挙年のアドボカシー」、「貧困を終結させる運動を起こすためのACTIONネットワークづくり」、米国内の貧困問題に焦点を当てた「米国住宅政策と人種間における富の不公平の関係」といったワークショップが行われました。
   午後からは、個別テーマを受けて、同じ時間帯の分割全体会合が2つ行われました。一つは、分割全体会合(米国)「数字に潜む貧困、権力及び人々:貧困の専門家による講和及び政策への勧告」という会合です。
もう一つは、分割全体会合(世界)「結核を終結させるため、もれている数百万人に手を差し伸べる」です。こちらはジョアンナの進行で、世界各地で活躍される3人の専門家によるパネルディスカッションでした。パネリストのお一人がJICAの戸田上級審議役です。
  分割全体会合のあと、ワークショップとして、「UHC:保健へのアクセスを拡大し貧困を根絶する」が行われました。こちらのパネリストにも戸田氏が登壇され、東日本大震災で被災した子どもたちの心のケアを、ゆっくりとした呼吸(breathing slow)をすることで心の傷(stigma)が回復している事例などにも触れられました。戸田氏の心のこもったお話に多くの参加者が頷かれているのが印象的でした。筆者も思わず頷いた一人です。UHCという大きな目標の解決には資金や充実した制度に加えて、医療等の専門家との連携で、優れた知見や経験を現場で活かすことが重要であることを学びました。ご多忙の中、リザルツ総会に駆けつけられ、米国始め海外参加者に貴重なお話をいただいた戸田上級審議役に心より感謝する次第です。
                                               MK
IMG_1316.jpg

IMG_1317.jpg

IMG_1321.jpg

IMG_1319.jpg

IMG_1333.jpg

IMG_1337.jpg

IMG_1342.jpg

IMG_1343.jpg
posted by resultsjp at 15:26| Comment(1) | 情報

オバマ前大統領がケニアを訪問!

日本リザルツはケニアで結核アドボカシープロジェクトを実施しております。
なんと、そのケニアをオバマ前大統領が訪問しているとのことです。
以下がニュースになります。

オバマ氏がケニア訪問、親族と面会 青少年施設の開所式にも出席
【AFP=時事】
c81d1_1351_12745add_e33c453a.jpg

バラク・オバマ(Barack Obama)米前大統領は15日、父の出身国であるケニアを2015年以来3年ぶりに訪問し、翌16日、親族と面会した。オバマ氏は今回の訪問中に、青少年施設の開所式にも出席する予定。

オバマ氏は15日にウフル・ケニヤッタ(Uhuru Kenyatta)大統領と最大野党指導者のライラ・オディンガ(Raila Odinga)氏を表敬訪問した。
AFP記者によれば、オバマ氏は16日、同国西部へ空路移動し、厳重警備下でコゲロ(Kogelo)村に住む義理の祖母のサラ・オバマ(Sarah Obama)さんを訪ねた。
オバマ氏は多くの親族と面会した後、異母姉アウマ・オバマ(Auma Obama)さんが創設した、スワヒリ語で「強い声」を意味する「サウティクー・センター( Sauti Kuu Centre)」の開所式に臨む。
アウマさんが先週報道陣に説明したところによると、地元の若者らは最新鋭の設備を整えた同センターで、書籍やインターネットの利用やスポーツ活動への参加ができる他、労働倫理、道徳教育、環境保護、金融知識の講義も受けられるという。
施設にはさらに、ドイツの開発協力省が出資した国際標準サイズのサッカー場や、バスケットボールで青少年育成を目指す財団「ジャイアンツ・オブ・アフリカ(Giants of Africa)」が資金提供したコート、さらにバレーボールのコートや図書館、IT研究所なども併設される。
【翻訳編集】AFPBB News

思いやりのあるオバマ氏の活動は、まさにSDGsを体現していますね。
ケニアでUHCとSDGsを推進すべく、日本リザルツもまい進したいと思います。
(はるか)
posted by resultsjp at 13:07| Comment(2) | 情報

2018年07月16日

2018 RESULTS International Conference (July 14)

リザルツ総会は、14日から17日まで開催されます。14日は、朝早くから、リザルツ関係者が、受付、オープニング会場、ワークショップなどの会場準備で大忙しです。受付には、総会プログラムや会場前ロビーの特別展示のパンフレットなどが入った赤のリザルツバッグ、鮮やかな赤のリザルツTシャツが山積みとなって、参加者を待ち受けていました。
総会の皮切りとなるオープニングが開催される会場は、この階で一番大きな「Independence Ballroom」です。13時の開始を前に準備が着々と進んでいました(写真)。また、オープニング前の時間帯の8時30分頃から早くも「REAL Change Fellowship」、「World Bank 101 and Beyond」、「Making the Most of the Conference: Orientation for First Timers」といった個別セッションが行われていました。そして、12時過ぎには、13時から始まるオープニングセッションに参加する米国各地や世界各地からリザルツ会員等が次々と集まってきて、1年ぶりの再会の挨拶などがあちこちで見られ、総会開会への気運が高まっていました。
13時からいよいよオープニングで、リザルツ会員による開催宣言、そしてリザルツを代表してジョアン・カーターさんによる基調講演が行われました。世界の結核の動向などの説明、米国議会議員などへのアドボカシー活動、達成された成果などが詳細に説明されました。ボールルームを埋め尽くす500人もの参加者からリザルツのアドボカシー成果などに対して惜しみない拍手を送っていました。米国全州のリザルツ会員、我々海外リザルツや関係者の出席者紹介では、立ち上がって手を振ったりしていて、NGOアドボカシーの本場である米国での総会に出席しているという実感が沸く瞬間でした。  
ジョアンの基調講演に続き、ハイライトであるセッションとして、「Leaders for Equity: Women Making the Public, Private and Civil Society Sectors Work for All of Us」では、カナダ・リザルツのChris Dendysさんによる進行で、1時間半にわたり、マラウイの前大統領Joyce Banda 氏含む4人の女性パネラーにより、自らのジェンダー問題の実体験、課題の解決に向けた対応等について熱のこもったパネルセッションとなりました。パネラーの迫力のある発言に対してその都度頷く参加者も多く、質疑でも真剣な質問が多かったです。公共、民間、市民社会の各セクターで働く女性が、公平性の主導者として進むべきだ、という気持ちに参加者全員がなったことが伝わってくる素晴らしい討論会でした。        MK


IMG_1227.jpg

IMG_1228.jpg


IMG_1247.jpg


IMG_1268.jpg

IMG_1256.jpg

IMG_1278.jpg

IMG_1237.jpg


posted by resultsjp at 14:51| Comment(2) | 情報

2018年07月15日

[ニュース]イスラエル軍が大規模空爆、少年2人死亡 ガザ地区

日本リザルツは国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)のキャンペーン事務局をしています。
今日は、またまた心配なニュースが入ってきました。

◎イスラエル軍が大規模空爆、少年2人死亡 ガザ地区 (朝日新聞より)
 イスラエル軍は14日、パレスチナ自治区ガザ地区で大規模な空爆を行った。ガザ地区の保健省によると、パレスチナ人の15歳と16歳の少年2人が死亡、10人以上が負傷した。
 イスラエル軍などによると、同軍はガザ地区を実効支配するイスラム組織ハマスの関連施設約40カ所を空爆した。一方、ガザ地区からはイスラエルに向けて迫撃砲弾やロケット弾などの砲弾約100発が発射された。一部は対空防衛システムで迎撃されたが、イスラエル南部スデロトで3人が負傷したとの情報がある。
 イスラエルのネタニヤフ首相は14日夜の声明で、2014年夏の大規模戦闘以来、「最大の打撃」を与えたとし、「必要に応じて攻撃をさらに強化する」と述べた。
 ハマスは14日夜、エジプトなどの仲介でイスラエル側と「停戦で合意した」と発表したが、その後もガザ地区からイスラエル側に砲弾が発射されており、軍事的な緊張が続いている。

今年初め、米国政府がUNRWAへの拠出凍結を表明して以降、財政的にも、政治的にも不安定な情勢が続いているパレスチナ難民。中東情勢の安定と平和のために、是非、日本のリーダーシップを期待したいです。
(はるか)
posted by resultsjp at 15:53| Comment(3) | 情報