2018年07月14日

2018 RESULTS International Conference (July 13)

  13日には、ACTIONパートナー会議が開催です。出席者は、ACTION事務局(ハナ事務局長以下総勢29名)、各国リザルツ(オーストラリア、カナダ、日本、英国及び米国)、GHA(Global Health Asssociation:フランス、インド)、CITAM+、KANKO、HDT、プリンセス・オブ・アフリカ財団、WACI Healthなど、日頃からACTION活動に従事する諸機関の専門家による会議です。今回は、アフリカ4カ国(マラウイ、セネガル、ザンビア、コートジボアール)の国際保健専門家の参加もあり、総勢66名の専門家が参加しました。加えて、午後の短時間、世界各国から選ばれた若手栄養ボランティア9名が特別参加し、専門家集団の議論の状況を視察しました。
  ACTIONパートナーの会議の方式は、6〜7のチームに分かれ、特定テーマや参加者によるレクチャーを踏まえた一定時間内での各チームの議論とチームの結論取りまとめ、そして発表といった形態をとります。非常に実践的で緊張するものでした。 冒頭は出席者挨拶後です。各自、所属先とACTIONパートナーとして活動する意識を一言で述べる、というもので、皆さんユニークな自己紹介となりました。因みに筆者は、日頃「栄養3銃士」を意識しているので、つい「Musketeer(銃士)として世界の栄養不良と闘います」と口走り、皆さんの笑いを取りました。
  第一セッションでは、4テーマ、1)GRANTSとTRAVEL EXPENSEなどの関係、2)イベントの緊急時での迅速な対応、3)大規模な国際イベント、4)CSOsとのパートナーシップ、でした。筆者の場合、2)〜4)は、日頃、多少の経験があるので、リザルツでの経験や苦労話を披露しました。中でも、4)のテーマでは、グループに集まったメンバーが、Nutrition callでも積極的な発言のあるカナダ・リザルツのクリスさんが議長となり、他にも栄養を担当する人もいて、さながらミニNutrition会議のような雰囲気で盛り上がり、時間が経つのも忘れるほど力が入りました。問題意識の共有化が重要といったようなアドボカシー活動の基本原則なども強調され、大いに勉強になりました。なお、副産物的なOutcomeとして、会議終了後の急造のNutritionグループの名目で、クリスさん、マラウイのMazikoさん、フランスのブルーノさんが加わり、白須代表を囲んで写真撮影をしました。代表の通訳を務めて頂いているDC在住の平間さんが撮って下さいました。
  第2セッション以降は、グローバル保健関連の特別テーマで、9月に迫る国連総会でのTBハイレベル会合でのCSO意向の反映など喫緊の課題についての議論、アフリカの参加者の大きな関心事項でもある世銀のGFF(Global Financing Facility)の課題、ポリオの現状とFu資金確保、最後にジェンダー問題、などいずれもドナー国、アフリカでの重要な地球規模の保健課題が話し合われました。皆さん最後の最後まで熱のこもった議論を続け、充実した一日でした。成果発表では、アフリカ組が拍手の代わりに太鼓をたたくように机をたたいていたのが楽しかったです。言葉が拙くても積極的な参加で話は聞いてくれますが、英語力の強化が必須だと痛感しました。
  明日からいよいよ総会です。どんな展開、話が待ち受けるのか大いに楽しみです。最後になりますが、我々担当が笑いに包まれている中、代表は場外で他の団体の幹部との議論で会場に出たり入ったりです。ですが、最後の栄養グループフォトではいつもの笑顔でホッとしました。本当にお疲れ様です。
取り急ぎ以上です。            MK

IMG_1212.jpg

IMG_1214.jpg

IMG_1220.jpg

IMG_1223.jpg
posted by resultsjp at 15:32| Comment(3) | 情報

2018年07月13日

2018 RESULTS International Conference(July 12)

  ワシントンDCからの一報です。
  リザルツ総会は14日からワシントンDCのグランド・ハイアットホテルで開催されますが、白須代表は昨日、スタッフの小平は本日12日夕方DC入りです。午後4時のDCの気温は28度とユナイテッド航空の案内がありましたが、30度をはるかに超え、真夏の感じです。世界各国の旅行客等でごった返す空港に、ACTIONスタッフが迎えに来てくれました。車にはフランスのGLOBAL HEALTH ADVOCATESのブルーノさん、ソフィーさんの二人と同席しました。ブルーノさんは昨年のUHCで訪日しており、代表のことはよくご存じとのことでした。DC市内までの40分間、互いの業務や明日のACTIONの話のほか、フランスのワールドカップ決勝進出の話など楽しいひと時を過ごせました。ブルーノさんはCHILD HEALTH関係のCALLのフランスのメンバーとのことで、次回のCALLは楽しくなりそうです。フランスを応援です。
  ハイアットについたのは夕刻で、日ごろから大変お世話になっているNUTRITIONのNandiniさんをブルーノが紹介してくれ、明日のACTIONの空き時間での栄養に関する意見交換の日程調整もしていただきました。そこへハナさんが表れ握手の挨拶。「Norikoはまだ会議中」とのこと。
  一息ついたところで会議の終わった代表との打ち合わせ。代表は関係者との夕食会はskipして、Capital City Restaurant で日本側だけの夕食。小生のメニューは、店のお勧めというハンバーガー・ポテトチップス。ボリュームが違います。ポテトチップスは持ち帰りとなりました。日本食とアメリカの食のスタイルの差を痛感しました。
取り急ぎ以上です。             MK

IMG_1190.jpg
posted by resultsjp at 11:51| Comment(3) | 情報

2018年07月12日

スナノミ靴 寄付 (秋野公造参議院議員)

本日 秋野公造参議院議員のお力添えにより
長崎じげもんフェスティバル委員会様よりスナノミの靴代として
¥44,199のご寄付を戴きました。


DSC_0323.jpg

秋野議員には4月にも同様にご寄付の為ご尽力賜っております。

http://resultsjp.sblo.jp/article/183094532.html


心より感謝申し上げます。

HS



posted by resultsjp at 14:06| Comment(2) | 情報

2018年07月09日

霞が関の魔法使いどーらのオススメ本

今日は霞が関の魔法使いこと、どーら(白須)オススメの一冊を紹介します。

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

71SdsGAGHpL.jpg

偏差値35から東大に合格した現役東大生の西岡壱誠さんが書かれた本です。
読む力と書かれていますが、考える力をどうやって身に付けるかがわかる1冊です。

最近話題になっており、Webでも特集されています。
http://news.livedoor.com/article/detail/14980616/

どーらから「インプットする時間を作りなさい」とアドバイスを受け、週末に書籍の読み込みをしていたときに出会った本です。書いてあることが、「正にどーらがいつも言っていることそのものだ」と感銘を受け、どーらにこの本を紹介しようとしたところ…
どーらもこの本を「面白い!」と週末で読み込んでいたことが今日判明しました。
なんという奇遇でしょう!

高校生の時点で地頭力に気づいた著者の西岡さんを羨ましいと思いました…
日本リザルツで修行をはじめて、もうすぐ2年。ロダンのように考えられる人になれるよう、地頭力を鍛えて日々精進します。
(はるか)
posted by resultsjp at 22:11| Comment(3) | 情報

スナノミ靴寄与式 佐々木さやか議員

本日公明党の佐々木さやか参議院議員を始め、
西村恭仁子神奈川県議、福島直子横浜市議、中島光徳横浜市議、西岡幸子鎌倉市議、後田博美相模原市議、
古谷秘書、公明党神奈川県本部職員の方々がお出でになり、ケニアへ送るための靴の寄託式が行われました。

始めに佐々木議員からのご挨拶があり、浅野理事長がお礼の言葉を述べられ、次に白須代表からの謝辞が述べられました。

DSC_0302.jpg

DSC_0309.jpg

DSC_0306.jpg

DSC_0321.jpg

DSC_0322.jpg

尚本日は1,660足の運動靴を寄託して戴きました。
いつもご支援戴き本当に有難うございます。

尚、本日は日本二輪自動車推進協会の五十嵐さんにも同席して戴きました。尚、五十嵐さんは
靴を発送する際にリザルツのオフィスから成田空港までの陸送をして頂けるそうです。


HS
posted by resultsjp at 13:52| Comment(3) | 情報