2017年12月13日

【被災した子どもの養育相談支援事業『こどもの気持ち学習会』開催のお知らせ】

釜石市保健福祉部子ども課委託事業
被災した子どもの養育相談支援事業
『こどもの気持ち学習会』を開催予定をお知らせいたします。

≪日時≫
2017年12月16日(土)10時〜12時
2018年 2月10日(土)10時〜12時
≪場所≫
釜石市釜石地区生活応援センター・釜石公民館(青葉ビル)
釜石市大町3丁目8-3
≪講 師≫
 国立大学法人 岩手大学
 三陸復興・地域創生推進機構
 特任准教授
 佐々木 誠 氏 
≪テーマ≫
 『喪失』

喪失は『大切な人や、生きる支えになるような物事を失うこと』です。
喪失を経験した子どもの心を知ることで
喪失を経験した子どもに寄り添うことができます。

≪第1回≫
喪失を学び、喪失を経験した子どもの心への理解を深めていきます。
≪第2回≫
喪失を経験した子どもの心を理解した上で、子どもへの添い方を学んでいきます。
※第1回、第2回のみの受講も可能です。

子どもの視点で、喪失にフォーカスした学習会となっております。
皆様のご参加、お待ちしております。

スライド1.JPG

青葉通りこどもの相談室 和賀
釜石市大町3-8-3 青葉ビル1階
070-2023-2988
posted by resultsjp at 10:31| Comment(1) | 東北復興支援

【被災した子どもの養育相談支援事業『こころの相談会』『弁護士相談会』開催のお知らせ】

釜石市保健福祉部子ども課委託事業
被災した子どもの養育相談支援事業
『こころの相談会』『弁護士相談会』開催予定をお知らせいたします。

『こころの相談会』
≪日時≫
2017年12月20日(水)18時〜20時
2018年 2月21日(水)18時〜20時
≪場所≫
釜石市釜石地区生活応援センター・釜石公民館(青葉ビル)
釜石市大町3丁目8-3
≪対応者≫
 国立大学法人 岩手大学
 三陸復興・地域創生推進機構
 特任准教授
 佐々木 誠 氏

『弁護士相談会』
≪日時≫
2018年 1月13日(土)14時〜16時
≪場所≫
釜石市釜石地区生活応援センター・釜石公民館(青葉ビル)
釜石市大町3丁目8-3
≪対応者≫
 釜石ひまわり基金法律事務所
 弁護士
 多田 創一 氏

上記相談会を開催いたします。
子育ての不安、いじめ、家庭環境などでお悩みの方
子どもに関する法律的な問題でお悩みの方
何を話したらよいか不安な方など
お気軽にお問い合わせください。 

スライド1.JPG

青葉通りこどもの相談室 和賀
釜石市大町3-8-3 青葉ビル1階
070-2023-2988
posted by resultsjp at 09:56| Comment(1) | 東北復興支援

2017年12月06日

【アンガーマネジメントについてお伝えしてきました】

社会福祉法人愛泉会 かまいしこども園様にて、5歳児を対象にアンガーマネジメントについての講座を開催させていただきました。
※個人情報保護および講座内容保護のため、講座中の写真や詳細については掲載いたしませんので、ご容赦ください。

IMG_8875.JPG

@ 怒ることは決して悪いことではないこと
A 心には色々な感情があること
B 気持ちの変化のこと
C 気持ちの落ち着け方
D 気持ちの伝え方
以上について、1ユニット5〜6名としてグループを分けをし、実施させていただきました。

視覚、聴覚、触覚を通じて、非言語的、体感的にアンガーマネジメントを伝えることで、児童のみなさんにも
分かり易く、すんなりと受け容れてもらうことができました。
風船を気持ちに例えて説明し『気持ちがいっぱい⇒パンクしてしまう』や『気持ちを落ち着かせる⇒ガスが抜けていく』などは、みなさんにもイメージしやすかったようです。普段、故意に風船を萎ませる行為を見たことが少ないのか、風船が萎んでいく様に、みなさんは目を真ん丸にして驚きの表情を見せていました。

今後も釜石市内幼保施設等での講座開催を図り、釜石の皆様へ、アンガーマネジメントに限らず、こころや気持ちについてお伝えしていければと思っております。


青葉通りこどもの相談室  和賀

posted by resultsjp at 09:59| Comment(2) | 東北復興支援

2017年12月05日

【いつもありがとうございます】

夕刻
息せき切って、相談室に来室した女の子から素敵なプレゼント。

image1 (11).jpeg

『いつもありがとうございます』
『いつもぬりえ、あめをくれたりしてありがとうございます』


笑顔がいっぱい詰まってる可愛いイラスト。

だけど・・・外は真っ暗なのに・・・?

家に帰ってから
こわかったけど
頑張って走って、持ってきてくれたそうです。

お礼を伝え、相談室に張ると
女の子は照れくさそうな表情で、走って帰っていきました。

思わず、涙がこぼれた、うれしいうれしいエピソード。
こころが暖かくなりました。


青葉通りこどもの相談室  和賀
posted by resultsjp at 16:54| Comment(2) | 東北復興支援

2017年11月29日

【青葉通りこどもの相談室ポスター】

釜石の皆様から『こどもの相談室って、何やってるの?』とよくご質問を受けます。
その都度、A4サイズのフライヤーをお渡ししていますが、A4サイズだと字が小さく、見えづらい時があります。
どなたにも相談室の機能を見つけやすく、伝わりやすいように
『2A0サイズ(1189mm×1682mm、A4サイズの32倍)』ポスターにしてみました。

image1 (8).jpeg

手作り感が満載です。

image2 (4).jpeg

相談室の窓ガラスの半分近くを占めています。

よほど目立つのか、これを見て話しかけてくれる地域の方が、少しずつ増えてきました。
これからも相談室の『見える化』、『可視化』を進め、地域の話せる場所作りを目指していきたいと思っております。
宜しくお願いいたします。


青葉通りこどもの相談室 和賀
posted by resultsjp at 11:06| Comment(3) | 東北復興支援