2020年03月19日

春の集い


3月18日(水)午前中、白須代表あてに、
ビル&メリンダ・ゲイツ財団 日本代表の柏倉様、
公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの堀江様、大沼様が来所され、栄養問題について意見を交換されました。

お写真を掲載できないのが残念ですが、お茶を楽しみながらも、1時間程で論理的な会議がなされたのは流石。Nom
                                                
posted by resultsjp at 17:53| Comment(2) | 栄養問題

2020年03月04日

第九回国際母子栄養改善議員連盟

本日、衆議院第二議員会館において第九回国際母子栄養改善議員連盟が開催されました。
新型コロナウイルスの感染拡大が騒がれている昨今、今回の議員連盟は開催自体するか、議員連盟や省庁関係者以外の一般来場者を募集するかということが決定されたのが、開催まで1週間を切ってからでした。
それにもかかわらず、開催の周知を行ったところ非常に早いペースでお申込みをいただき、栄養サミットへ向けた関心の高まりや意気込みを実感しました。
感染防止のために手洗い、アルコール消毒やマスク着用をお願いし、極力短時間の開催に努めた今回の議員連盟でしたが、会場の定員ギリギリという大盛況ぶりで、議員連盟や省庁の方々はもちろんのこと、UNICEF、世界食糧計画(WFP)、食糧農業機関(FAO)といった国際機関や、日本栄養士会、学術界、民間企業や市民社会といった幅広い関係者が集まりました。それらの幅広い出席者からは、皆で協力して栄養改善に関する日本の経験を世界に発信し、より健康で幸せな世界を実現してゆこうという雰囲気が感じられました。
栄養サミットの成功や、その後の世界の栄養改善に向け、もっと盛り上げていきます。
UME

IMG_5323.JPG


IMG_5330.JPG

IMG_5333.JPG

IMG_5341.JPG

IMG_5346.JPG

IMG_5356.JPG

IMG_5359.JPG

IMG_5369.JPG

IMG_5375.JPG

IMG_5387.JPG

IMG_5395.JPG

IMG_5400.JPG

IMG_5402.JPG

IMG_5403.JPG

IMG_5408.JPG

IMG_5411.JPG


IMG_5413.JPG

IMG_5420.JPG

IMG_5338.JPG

IMG_5339.JPG

IMG_5340.JPG

IMG_5396.JPG

IMG_5317.JPG
続きを読む
posted by resultsjp at 19:16| Comment(3) | 栄養問題

2020年01月28日

国際母子栄養改善議員連盟入会促進

国際母子栄養議員連盟への入会をお願いする資料を昨年12月に国会議員の方々に配布しましたが、年が明けて改めてお願いを配布しました。

前回の配布の記事はこちら議員会館での配布作業

今回は入会のお願いとともに栄養サミット開催についての読売新聞の記事、そして「教えて!外務省 知っておきたい国際協力」の東京栄養サミット2020についての記事を配布しました。
日本が世界の栄養改善のために本気を示し、リーダーシップを発揮できるよう、議員連盟もより大勢の議員の方々が参加する強力なものとなって欲しいです。
UME


IMG_5231.JPG

IMG_5230.JPG

posted by resultsjp at 18:25| Comment(2) | 栄養問題

2020年01月07日

いよいよ2020年

年が明け、2020年となりました。
日本が東京オリンピック・パラリンピック競技大会と「成長のための栄養(N4G)サミット」を開催する年です。
日本のように栄養不足と過体重や肥満のどちらも少ない国というのは世界で見ても少なく、栄養士制度、学校給食制度、母子手帳といった様々な推奨事例を持つ国として認識されており、N4Gサミットにおいてどのような成果をもたらすのか世界の栄養関係者から期待を寄せられています。
この機会を最大限に活かすべく、昨日1月6日に栄養関係者が日本リザルツに集まり、栄養改善に関する日本の知見を世界に効果的に発信して各国の栄養政策に貢献するための枠組み作りについて議論を繰り広げました。
栄養サミットは今年の12月に開催が予定されています。官民連携やマルチステークホルダーという言葉が取り沙汰される昨今、日本リザルツとしては様々な関係者やこれまであまり関係が深くなかった人々を巻き込んでまとめていけるか腕が試されてくると感じています。
UME

IMG_5146.JPG

IMG_5152.JPG

IMG_5154.JPG
posted by resultsjp at 20:17| Comment(2) | 栄養問題

2019年12月23日

栄養アドボカシー

2020年が間近に迫り、成長のための栄養(N4G)サミット(2020年12月17日,18日の予定)まで1年をきってきました。
日本リザルツではN4Gサミット、またそれ以降にも日本の経験や実績を世界に対して適切に発信し、国際的な栄養改善に貢献できるような仕組みづくりをするため、会合を行っております。

IMG_5127.JPG

IMG_5129.JPG

IMG_5136.JPG

IMG_5131.JPG

栄養を含め、国際保健に関してはマルチセクターでの取組みといった表現をよく目にします。なるべく多くの人を巻き込んで、それも対等な立場で議論を展開するということにおいては、日本リザルツはそのマルチセクターでの取組みを行う上でいい位置にいるのではないかと感じています。
様々な方々と意見を交換して、より良い案を作っていきたいと思います。
UME



posted by resultsjp at 12:16| Comment(2) | 栄養問題