2016年11月18日

第五回国際母子栄養改善議員連盟

本日、衆議院第一議員会館の国際会議室にて、『第五回国際母子栄養改善議員連盟』が開催されました。、国会議員の先生や省庁、国際機関、企業、NGO等、栄養改善に関心のある方々が100名以上(議員関係者約30名)参加し、今回も盛り上がりました。

全体.JPG
会場は、世界の栄養改善という議題にふさわしい“国際会議室”でした。

山東先生.JPG
国際母子栄養改善議員連盟会長 山東 昭子 参議院議員からのご挨拶。

逢沢先生.JPG
今回は、8月の議連で承認された「国際栄養課題に関する国家戦略(案)」を、議連副会長の逢沢 一郎衆議院議員より、柴山 昌彦内閣総理大臣補佐官へ提出されました!

今井先生.JPG
司会を務められたのは、本議連の事務局次長 今井 絵理子 参議院議員。栄養のチャンピオンとして活躍されています。

日下さん.JPG
外務省より国際協力局国際保健政策室長 日下氏よりTICAD VIとG7伊勢・志摩サミットのフォローアップ会合のご報告がありました。今年、日本はG7サミットの議長国、TICAD VIの主催国と保健・栄養分野におけるイベントが盛りだくさんでした。

榎本さん.JPG
続いて、国際協力機構(JICA)上級審議役 榎本氏よりIFNA(Initiative for Food and Nutrition Security in Africa)の進捗についてご説明がありました。重点対象国候補の10か国(ブルキナファソ、エチオピア、ガーナ、ケニア、マダガスカル、マラウィ、モザンビーク、ナイジェリア、セネガル、スーダン)が決まり、ベースライン調査の実施を予定しているそうです。

丸山さん.JPG
農林水産省より大臣官房審議官兼食料産業局 丸山氏からは、TICAD VIにおける農林水産省主催のサイドイベントと官民連携の「栄養改善事業推進プラットフォーム」について、ご報告がありました。栄養改善事業推進プラットフォームが発足され、職場の栄養食に関する第1弾のプロジェクトが始動しています。

三村さん.JPG
財務省国際局開発政策課長 三村氏より、SUN(Scaling Up Nutrition)信託基金への2千万ドル拠出について進捗のご報告。日本は、SUN信託基金のシングルドナーです。アフリカ、アジア、中南米などの国や地域で技術支援を行っています。2016年は、栄養不良対策に関する政策提言やデータ収集等の活動を実施するフェーズ2です。栄養改善の動きが加速すると良いですね。

吉田さん.JPG
栄養改善に関する企業の事例として、ニプロ株式会社取締役 吉田氏より“栄養状態を把握できる検査薬”についてご紹介がありました。医療設備が充実していない現場でも、すぐに診断できるそうです。

佐保.JPG
大野さん.JPG
今西さん.JPG
NGOからの報告として、日本リザルツとセーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、ワールド・ビジョン・ジャパンが発表しました。栄養問題に実際に取り組むためには、資金が必要です。日本が栄養分野でリーダーシップを発揮し、国際的なプレッジ会合が来年開かれることへの期待を発表しました。

羽生田先生.JPG
羽生田 俊 参議院議員。

松本先生.JPG
議連副会長の松本 剛明 衆議院議員。

木村先生.JPG
UNICEF東京事務所の木村代表。

全体2.JPG

白須さん.JPG



(Saho)
posted by resultsjp at 15:11| Comment(3) | 栄養問題

2016年11月14日

11/18(金)「第五回国際母子栄養改善議員連盟」 開催のご案内

【お知らせ】
下記の日程で『第五回国際母子栄養改善議員連盟』が開催されます。
ご多用とは存じますが、ご関心のある方はご臨席賜りますようご案内申し上げます。

                      記

日 時:平成28年11月18日(金)10時30分〜11時30分
※ 10時00分〜25分の間に、係りの者がご案内しますので衆議院第1議員会館 入口前にお越しください。
場 所:衆議院第一議員会館 国際会議室
議 題:栄養改善に取り組む関係者より最新の報告
司 会:今井 絵理子 栄養議連事務局次長


e0250804_1483856.jpg
国際会議室の画像です!

※ 参加をご希望の方は、11月17日(木)正午までにメールをお願いいたします。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
宛先:results.japan@gmail.com
件名:第五回国際母子栄養改善議員連盟に参加希望
所属:
名前:

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【お問い合わせ】
特定非営利活動法人日本リザルツ(担当:佐保)
http://www.resultsjp.org
Tel: 03-6268-8744 Fax: 03-3597-3448
--------------------------------------------------------
posted by resultsjp at 14:10| Comment(3) | 栄養問題

2016年11月01日

栄養改善についての意見交換会

昨日は、国際母子栄養改善議員連盟の事務局長を務めていらっしゃる衆議院議員あべ俊子先生、ニプロ株式会社、JICA関係者との栄養改善に関する意見交換会に参加してまいりました。あべ先生は、TPP特別委員会でお忙しい中、駆けつけてくださいました。

161031_1213~03.jpg

全世界の5歳未満で亡くなる子どものおよそ4割は、栄養不良が原因だと言われています。
栄養改善のために私たちができること、日本が過去の経験を生かして貢献できること・・・これから実際の行動に移していかなければなりません。

161031_1214~01.jpg

(Saho)
posted by resultsjp at 10:35| Comment(3) | 栄養問題

2016年09月22日

栄養改善事業推進プラットフォーム発足記念セミナー 〜途上国での栄養改善事業展開に向けて〜

昨日は、世界の栄養改善のための官民連携の枠組「栄養改善事業推進プラットフォーム(以下Nutrition Japan)」発足記念セミナーに参加してまいりました。

11.JPG
たくさんの方が参加されていました!

Nutrition Japanは、民間企業、政府関係機関、学術研究団体、NGO等、様々な組織が連携し合い、途上国・新興国の栄養不良問題に取り組むことを目的に立ち上がりました。
発足記念セミナーでは、栄養改善における国際的な動向や日本国内の施策、企業のビジネス展開事例など、栄養に係わる情報が共有されました。

12.JPG
冒頭の開会挨拶の中で、食品産業センター理事長 村上 秀徳氏は、日本企業の製品開発力や技術を活かした栄養改善ビジネスの展開において、Nutrition Japanへの期待について述べられました。

内閣官房 健康・医療戦略室参事官 岡島 洋之氏からは、Nutrition Japanの仕組みについて説明がございました。配布された資料はWEBでも公開されています。各組織の関係性が図で表されており、とてもわかりやすいです。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kenkouiryou/suisin/suisin_dai14/siryou5.pdf

13.JPG
Global Alliance for Improved Nutrition(GAIN)理事会議長Vinita Bali氏SUN(Scaling Up Nutrition)Business NetworkのGeraldine Murphy氏より、今回の発足記念セミナーのために、ビデオメッセージが届けられ、会場で放映されました。

Vinita Bali氏は、「Nutrition Japanは、日本政府のリーダーシップのもと、栄養が重要な国際的課題として、維持されていることを示している。このことは、世界的に問題となっている栄養の過不足問題(肥満と栄養不良の共存)によるリスクの観点から必要であり、価値あることである。」と述べられました。

14.JPG
SUN Business Networkは、栄養改善に取り組む国際的ネットワークで、260以上の企業が参画しています。Geraldine Murphy氏からは、「栄養改善事業推進プラットフォームのメンバー企業がSUN Business Networkにも参画することで、国際レベルでネットワークを構築でき、連携して取り組むことができる」と、Nutrition Japanを歓迎するメッセージが届けられました。

また、栄養問題に取り組む企業として、株式会社ファーストリテイリング CSRソーシングチーム 青沼 愛氏が登壇し、大変興味深い事例を紹介されました。


こちらの動画にすべて説明されていますが、ファーストリテイリングでは、生産拠点のひとつであるバングラデシュにおいて、「Factory Worker Empowerment Project」というプロジェクトを展開しています。取引先縫製工場に勤務する方を対象に、基本的な栄養学や衛生・健康管理、家計管理などのライフスキル習得を支援しているそうです。従業員がより健康的になり、プログラムが終了した工場では、女性の欠勤率が36%下がったというデータも出ているそうです。

Nutrition Japanの活動を通して、今後このような成功事例がどんどん出てくることを期待したいです。

(Saho)
posted by resultsjp at 10:27| Comment(2) | 栄養問題

2016年09月14日

栄養改善をさらに推進すべく!

世界の栄養改善に向けて、今、日本でも様々な動きが起きています。

先月の第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)で、安倍総理の基調演説の中でJICAの新しい取組「食と栄養のアフリカ・イニシアチブ(IFNA)」が言及されたことは、以前ご紹介しました。
http://resultsjp.sblo.jp/article/176667538.html

IFNAとは別に、産官学連携の新しい栄養に関する枠組「栄養改善事業推進プラットフォームも昨日正式に発足されました!日本リザルツは、運営委員の一員として第1回運営委員会に出席いたしました。
栄養改善事業推進プラットフォームでは、日本の技術と知見を生かし、途上国の栄養改善に向けて具体的な事業案件を実施していきます。事業案件は基礎情報や栄養ニーズを調査した上で進められますが、現在構想中の案件については、発足記念セミナーにて紹介されます!

栄養改善事業推進プラットフォーム発足記念セミナー
日 時:2016年9月21日(金)13:30-16:10
場 所:JICA研究所(国際協力機構市ヶ谷ビル)
http://www.shokusan.or.jp/sys/upload/823pdf1.pdf


そして、本日も栄養をテーマに、外務省、農林水産省、JICAの方々とNGOとの会議を日本リザルツ事務所にて開催いたしました。

blog.JPG

会議の冒頭では、農林水産省 大屋様、JICA 榎本様・稲田様、外務省 網島様よりTICAD VIのサイドイベントや展示会、本会合の様子についてご報告をしていただきました。

農林水産省とJICAのサイドイベントでは、代表の白須もスピーチを行いましたが、どちらも予想人数を超える多くの方々が参加し、大変盛り上がっていました。

【農林水産省】TICAD VI サイドイベント@ケニア国立博物館
http://resultsjp.sblo.jp/article/176637271.html

【JICA】TICAD Y サイドイベント@Sarova Panafric Hotel
http://resultsjp.sblo.jp/article/176677698.html

農林水産省 大屋様は、参加された方の食と栄養に関する関心の高さに驚いたとおっしゃっていましたが、私も実際にサイドイベントの場で同じことを思いました。講演会場の外に設置されていた展示の周りで、アフリカの方が熱心に質問されていたことを覚えています。

また、IFNAについては、「アフリカの飢餓や栄養不良の問題に取り組む新しい枠組であり、賛同するパートナーには広くオープンになっている」とJICA 榎本様よりお話しいただきました。具体的な計画やターゲット国はこれからアナウンスされますが、現地のネットワークを持っているNGOがどのように貢献できるか、私たちも考えなければなりません。

外務省 網島様からは、本会合についてご説明いただきました。アフリカ諸国からの要望があり、“質の高い生活のための強靭な保健システム促進”が一つの大きな柱として、ナイロビ宣言にも含まれたとお話されました。
【ナイロビ宣言】
http://www.mofa.go.jp/mofaj/af/af1/page3_001784.html

また、内閣官房 吉岡様には、経協インフラ戦略会議で議論されたアフリカ支援策についてご説明いただきました。支援策の中には、「衛生確保等栄養改善の総合的取組」が含まれています。IFNAや産官学連携のプラットフォーム等とどう関連づけられていくのか、今後の施策に注目したいです。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keikyou/dai25/siryou1.pdf

皆様お忙しい中お時間を調整してくださり、大変有意義な会合となりました。
このような栄養の盛り上がりを、持続的な成果に結びつけられるようこれからさらに頑張りたいと思います。

(Saho)
posted by resultsjp at 19:23| Comment(2) | 栄養問題