2016年10月13日

釜石生活E 〜風邪〜

釜石では、明け方の冷え込みが激しいです。
寝ていて、床の方から冷えてくるのは初めての経験です。
だからというのではなく、自己管理が甘かったことが原因ですが、久しぶりに高い熱の風邪をひいてしまいました。でも驚異の回復力で、一晩で熱も下がり、今日は普通に動けています。
風邪をひくと、耳や副鼻腔がうまく働かず、風邪をひいて飛行機に乗ると、高度を下げ始めた時に耳抜きができず痛い思いをすることがあります。
今日、市街地に出てくる時、似たような気圧の変化を耳で感じました。
やはり、山間部に住んでいることを自覚し、明日からは起きる前に暖房のタイマーをセットすることにしました。
車(セダン)
posted by resultsjp at 16:22| Comment(3) | 岩手の今

2016年10月10日

釜石生活D 〜ネット環境〜

私の場合、釜石の生活で一番困ることは、インターネットの環境です。
東京近郊では全く問題なくつながりますが、釜石ではつながりません・・・
それが、サポートセンターで教えていただいたモードの切り替えで、つながる範囲が拡大し、快適に使用できるようになりました。
でもそれも束の間、金曜日から、接続が切れるわけではないのですが、猛烈にスピードが遅くなって、パソコンの画面で輪っかがぐるぐる回って、そのうちに画面が真っ白になる繰り返しでした。
ワイドエリアモードには1か月の容量制限があって、それを超えたため、スピードが遅くなっているとのことでした。
10月が始まって1週間で容量を超えてしまうなんて困ります。
この際、もっとつながりやすくて、もっと容量の大きいルーター、もしくはポケットwi-fi に乗り換えることにしました。機器が届くまでに1週間〜10日を要するようで、待ち遠しくて仕方ありません。
それさえあれば、仙人もインターネット環境が整うことになりますね。車(セダン)

posted by resultsjp at 18:59| Comment(3) | 岩手の今

2016年10月09日

釜石生活B 〜秋の深まり〜

E382B3E382B9E383A2E382B9-04e35.jpg

秋を感じるものって人それぞれだったりするのでしょうか。
私の場合、ごく一般的に、お花ならコスモス、菊、食べ物なら、栗、さんま、松茸、柿、などを見ると秋だなぁと感じます。
釜石では、秋の訪れより少し先で、秋の深まりを感じます。
コスモスも、釜石の特産品の甲子柿(渋柿を、柿室(かきむろ)と呼ばれる密閉され た場所で、広葉樹を燃やして出る「くん煙」により脱渋したもの)も、最盛期を過ぎたようです。

でも、釜石の秋の風物詩となったイベントはこれからです。
・釜石まつり:10月14日(金)〜16日(日)
 http://www.nihon-kankou.or.jp/iwate/032115/detail/03211ba2210027023
・かまいし仙人峠マラソン大会:10月30日(日)
 http://runnet.jp/runtes/raceDetail/top/n137696.html

深まる秋を楽しみにいらっしゃいませんか?車(セダン)
posted by resultsjp at 23:57| Comment(3) | 岩手の今

2016年03月11日

5年

今年は、東日本大震災が起きた2011年と同じ曜日廻り。

5年前の今日も、金曜日でした。

金曜日の午後2時46分。
授業を終えて、仕事を終えて、週末が近づく1週間の中でも特にワクワクする時間。
そんな気持ちを、一瞬にして変えてしまった強い揺れとそれに続く大きな津波。

本日、釜石市では、地震が発生した時刻にサイレンが鳴り響き、黙祷を捧げました。

2016-03-11 17.08.53.jpg

失ったものを元通りにすることはできないけれど、忘れずにいることで未来に活かしていけると信じて。
posted by resultsjp at 22:14| Comment(2) | 岩手の今

2016年01月04日

釜石事務所より新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。
日本リザルツ釜石事務所より、新年のご挨拶を申し上げます。

今年は、震災から5年の節目を迎えます。
復興へ力強く立ち向かう被さい地の皆さまと共に、
日本リザルツスタッフは、今年も微力ながらお手伝いさせて頂きたいと思います。

昨年の3月、釜石とパレスチナ自治区ガザの子どもたちが、合同応援凧揚げを行いました。
同時に、釜石とガザをスカイプでつなぎ、子どもたちが顔を見て対話することで、お互いを近くに感じ絆を深めました。
11月には、ガザから3人の子どもたちを釜石に招待し、釜石でガザと被さい地の子どもたちが一緒になって凧を揚げました。
紛争が続くガザから参加したガイダさん(13歳)は、「生まれて初めて、恐怖を感じることなく、子どもらしく思い切り遊ぶことが出来た」と言っていたことが印象的でした。

今年の3月には、釜石とガザはもちろん、より多くの国と地域が参加して、子どもたちの平和な未来を願う凧揚げを行います。
世界中から、一人でも多くの方々のご参加をお待ちしております。

また、新年度より新たな事業が動き出しますので、引き続き、よろしくお願い申し上げます。

釜石新年.jpg

年末年始は全国的に暖かく過ごしやすかったですが、明日よりまた冬が戻ってくるようです。
皆さま、お身体にはお気をつけて、今年一年、元気にお過ごしください。

(釜石事務所、吉田)
posted by resultsjp at 20:02| Comment(2) | 岩手の今