2016年03月11日

5年

今年は、東日本大震災が起きた2011年と同じ曜日廻り。

5年前の今日も、金曜日でした。

金曜日の午後2時46分。
授業を終えて、仕事を終えて、週末が近づく1週間の中でも特にワクワクする時間。
そんな気持ちを、一瞬にして変えてしまった強い揺れとそれに続く大きな津波。

本日、釜石市では、地震が発生した時刻にサイレンが鳴り響き、黙祷を捧げました。

2016-03-11 17.08.53.jpg

失ったものを元通りにすることはできないけれど、忘れずにいることで未来に活かしていけると信じて。
posted by resultsjp at 22:14| Comment(2) | 岩手の今

2016年01月04日

釜石事務所より新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。
日本リザルツ釜石事務所より、新年のご挨拶を申し上げます。

今年は、震災から5年の節目を迎えます。
復興へ力強く立ち向かう被さい地の皆さまと共に、
日本リザルツスタッフは、今年も微力ながらお手伝いさせて頂きたいと思います。

昨年の3月、釜石とパレスチナ自治区ガザの子どもたちが、合同応援凧揚げを行いました。
同時に、釜石とガザをスカイプでつなぎ、子どもたちが顔を見て対話することで、お互いを近くに感じ絆を深めました。
11月には、ガザから3人の子どもたちを釜石に招待し、釜石でガザと被さい地の子どもたちが一緒になって凧を揚げました。
紛争が続くガザから参加したガイダさん(13歳)は、「生まれて初めて、恐怖を感じることなく、子どもらしく思い切り遊ぶことが出来た」と言っていたことが印象的でした。

今年の3月には、釜石とガザはもちろん、より多くの国と地域が参加して、子どもたちの平和な未来を願う凧揚げを行います。
世界中から、一人でも多くの方々のご参加をお待ちしております。

また、新年度より新たな事業が動き出しますので、引き続き、よろしくお願い申し上げます。

釜石新年.jpg

年末年始は全国的に暖かく過ごしやすかったですが、明日よりまた冬が戻ってくるようです。
皆さま、お身体にはお気をつけて、今年一年、元気にお過ごしください。

(釜石事務所、吉田)
posted by resultsjp at 20:02| Comment(2) | 岩手の今

2015年09月17日

釜石の本屋さんにて

イオンタウン釜石にある「さわや書店」は、“三陸沿岸周辺地域の中でも最大の売り場面積と品揃え(イオンタウン釜石ホームページより)”を誇る本屋さんです。

以前、清田明宏UNRWA保健局長の著書「ガザ 戦争しか知らない子どもたち」を探しにお店に伺ったところ、すでに仕入れてくださっており、さらに図々しくもガザの凧揚げ写真パネルを飾っていただける様お願いしていました。

詳しくは、こちらのブログをご覧ください(http://resultsjp.sblo.jp/article/152956980.html)。

それ以来、児童図書コーナーに置かれたガザの本は、「戦争特集」の棚に並んでいます。
ガザの凧揚げ写真パネルと共に。

2015-09-17 16.27.25.jpg

もう夏も終わりだし、そろそろ戦争コーナーも入れ替えの時期かと思い、児童書担当の方に
「パネルどうしましょうか」
と尋ねたところ、
「クリスマス前まで、このままでもいいですか?」
と、うれしいご提案をいただきました。

ガザの子どもたちの明るい笑顔が、とても好評なのだそうです。

2015-09-17 16.27.25.jpg

ただ、子どもたち、そしてその親世代も、戦争への関心が薄いのか、戦争がテーマとなった児童書籍の売り上げはあまり著しくないようです。

今、小学生やそれ以下の子どもを持つ親は、直接話を聞ける祖父母すら戦争を経験していない世代も多いので、「戦争を教える」「伝える」ことのむずかしさを感じました。

2015-09-17 16.29.27.jpg

しかし、ガザでは今も「戦争」は現実です。

是非一度、「ガザ 戦争しか知らない子どもたち」を手に取っていただけるとうれしいです。

(釜石事務所、吉田)
posted by resultsjp at 21:44| Comment(2) | 岩手の今

2015年07月15日

ガザの本に釜石の凧揚げが紹介されました!

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の清田明宏(せいた あきひろ)保健局長による「ガザ 戦争しか知らない子どもたち」。
2015-07-15 20.25.57.jpg

昨年のガザでの戦闘の後、清田先生自ら戦闘直後の現場を訪れてレポートにまとめたものが、ポプラ社から出版されました。
多くの写真と共に、子どもにもわかりやすく説明されています。

そして、その本の中には、今年3月にガザと釜石で行われた凧揚げの様子が紹介されています。
しかしながら、これまで釜石各所で皆さんにご紹介しているのですが、「売っているのを見たことない」という声がありました。

そこで、イオンタウン釜石店内にある、さわや書店さんに行ってみました。
店内を見回しても「ガザ」の文字は見当たらず、持参した本を店長に紹介しました。

「ほら、ここ!釜石が載っているんです!」
すぐに注文して取り寄せてくださるとのお返事を頂きました!

すると、児童書コーナー担当の方が「その本、ありますよ」と、棚の中に仕舞っていた1冊を見せてくださいました。
夏休みに向けて、戦争に関する児童書コーナーを設置するため、用意していたそうです。

そこで、その戦争図書コーナーに、本の紹介と共にガザの子どもたちが凧揚げをする写真パネルを展示して頂けないかと聞いたところ、快く引き受けてくださいました。
パネルは、2月末から3月にかけて市内で行った「ガザ写真展」で使用したものです。
本当にありがとうございます。

次回、お店に行くのが楽しみです。

2015-07-14 13.00.30.jpg
posted by resultsjp at 20:38| Comment(2) | 岩手の今

2015年07月07日

世界遺産の街:釜石へ

5月初めにイコモスが「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録勧告から2ヶ月。
ついに、世界遺産正式登録が発表されました!
釜石市では、正式決定から一夜明けた6日、市役所前で世界遺産登録セレモニーが開催されました。
http://en-trance.jp/news/local/3242.html

釜石は今、世界遺産のある街として、新たに観光都市としての取り組みを始めています。
(7月7日付日本経済新聞「岩手・釜石、「観光都市」へ弾み 橋野鉄鉱山が世界遺産に」http://www.nikkei.com/article/DGXLZO88964720W5A700C1L01000/

参考:(5月6日付ブログ「釜石「橋野高炉跡」世界遺産へ!」http://resultsjp.sblo.jp/article/127133957.html

世界遺産を訪れ、三陸のおいしい海の幸に舌鼓を打ち、人々の暖かい心に触れられる街、釜石へ是非お越しください。

(釜石事務所、吉田)
posted by resultsjp at 15:51| Comment(1) | 岩手の今