2015年10月22日

くにたち夢ファーム/理事会をWAM助成を受けた居宅で開催

前回ご紹介しましたくにたち夢ファームの第一棟目(通称:JIKKA)で、この19日に理事会が開催されました。理事を含めた関係者全員にも進捗状況を確認しながら話すという趣旨でここにしました。

シャワー室もこのようにできました。
IMG_3206.JPG
今回はまず一棟目の工事の進捗状況について話し合われました。
照明やエアコンなど多くの設備を整えたことから予想以上に費用が嵩んでしまいました。
金額や費目などを検討するとすべて助成金で対応できない状況です。
しかし取り敢えず一部の理事から拠出してくれた分で、なんとか支払いは支障なくいけそうです。
やはり小さな団体なので正直、資金繰りは厳しいです。
というわけで新たな助成金にも応募することになる予定です。

また第二棟目についても話し合いました。
過去から色々候補を探してきましたが、このような活動を行うにはオーナーのご協力が不可欠であり、ここに来て案件も絞られるようになってきました。近日中に決まるかもしれません。

とにかく第一棟目が動き始めたので、くにたち夢ファームの一棟目JIKKAの運営委員会が盛り上がってきました。11月下旬にプレ企画を行い、12月初旬にお披露目パーティも行うようです。
また正式にご案内できるようになりましたらお知らせいたします。
IMG_3201.JPG
(和邇)

posted by resultsjp at 18:26| Comment(2) | マイクロファイナンス

2015年10月18日

くにたち夢ファーム/実家づくりのための居宅第一棟目

前回記事でもご紹介しましたが、独立行政法人福祉医療機構の助成金により、くにたち夢ファームの実家づくり事業の居宅第一棟目を正式に借りることになりました。

こちらが契約した居宅です。一階に店舗があり、二階にアパートがあります。IMG_3050.JPG

店舗のシャッターは今後、開けたままにします。
IMG_3132.JPG

二階のお部屋の一部。照明やエアコンも取り付けて部屋らしくなってきました。
IMG_3139.JPG

一階にあるお部屋です。店舗と直結しています。
IMG_3144.JPG

くにたち夢ファーム内に実行委員会を作り、この第一棟目を利用しながら女性の自立に向けた活動をどのように行うか検討していきます。また併せて第二棟目も借りる予定にしています。今度は一棟目と違う趣のところを借りることとなるでしょう。早速、住まわれる方も現れ、活動が始まります。
今後の活動についてもご報告して参ります。
(和邇)



posted by resultsjp at 13:24| Comment(2) | マイクロファイナンス

2015年10月02日

NPO法人くにたち夢ファーム理事会開催

去る9月29日、新しく設立されたNPO法人くにたち夢ファームの理事会を開催しました。
場所は黒崎卓先生にお願いして、一橋大学経済研究所会議室で開催しました。
IMG_3087.JPG

先生がわざわざご案内を作成してくれました。ありがとうございます。
IMG_3086.JPG

議題はこの度、内定いただいた独立行政法人福祉医療機構の助成金を利用して早速、実家づくりの第一棟目の契約を行うことについて話し合いました。

第一棟目の候補地です。
IMG_3050.JPG

また併せてNPO法人の活動予算についてなど協議しました。特に助成金が終わった後、どうやって自立運営していくかなどまだまだ課題は多くあります。

会議の風景。
IMG_3089.JPG

いよいよNPO法人も本格的な運営が始まります。
今後も継続して役員会を行っていきます。
(和邇)
posted by resultsjp at 10:26| Comment(2) | マイクロファイナンス

2015年08月28日

くにたち夢ファームプロジェクトがWAM助成を獲得しました!

この度、くにたち夢ファームのプロジェクトが独立行政法人福祉医療機構の地域連携活動支援事業の一つに選ばれ、先日、内定通知書をいただきました。

こんな書類が到着しました。
DSC02747.JPG

その後、内定事業者の説明会を経て、くにたち夢ファームのメンバーにも報告しました。
現在、事業計画書を最終提出する段階です。
WAM助成金を使って、シェアハウス2棟を借りて、まず住居の支援や相談所の開設などを行う予定です。
マイクロファイナンスは助成事業に直接関係しませんが、まず色々な人達が集まり憩える場所づくりから始めていき、マイクロファイナンス事業も形づくっていきたいという考えで応募してみました。

申請当初に作ったイメージ図です。
WAM助成図.jpg

当然のことながら国民の税金である助成金を使わせていただくので確り管理していかなければなりません。
身が引き締まります。説明会でも手続きや心構えについて何度も言及がありました。
この貴重な資金を使ってぜひ活動を具体化させていく大きなきっかけにしたいと思います。

また助成金をいただいたことで広報活動の一環でWAMのマークを使わせていただくことになりました。
txt_J_HP.gif
今後、様々な場面でこのロゴマークが登場することになります。
どうぞ宜しくお願いいたします。
(和邇)
posted by resultsjp at 21:47| Comment(2) | マイクロファイナンス

2015年08月21日

国立市とくにたち夢ファームプロジェクトの共同研究会報告とマイクロファイナンスに関する意見交換会

8月18日に国立市役所とくにたち夢ファームプロジェクトによる共同研究会の報告書を提出するとともに、佐藤一夫市長を始めとする市役所幹部の方々に報告会を行いました。

報告会は市長公室で開催されました。
IMG_2984.JPG

まず座長である黒崎卓一橋大学経済研究所教授から概要について説明。
IMG_2991.JPG

聞き入る佐藤一夫市長、永見理夫副市長。
IMG_2988.JPG

市役所の関係部署の皆様。
IMG_2987.JPG

市役所から研究会に参加されたメンバーから次々に報告、生活困窮問題とは。
IMG_2992.JPG

官民の協働とは。
IMG_3002.JPG

マイクロファイナンスについてもご報告させていただきました。
IMG_2999.JPG

質疑応答でも活発なご意見や質問などをいただきました。
IMG_3007.JPG

ひとり親、特にシングルマザーの貧困問題は看過できない問題という意見も出ました。
IMG_3008.JPG

研究会の結びとしては、現行の生活困窮者支援の対象となりにくい人達への自立支援において、行政と市民団体が連携し、コミュニティの力と市場メカニズムの両方を活用して取り組むことは有効であること、マイクロファイナンス、生活困窮者の居場所づくりを他の支援方法と組み合わせた具体的な連携方法を検証して、新しいモデルを国立市から発信し、日本全国や世界に広げることが有効と結論付けました。
国立市にとってもこのような官民が共同して研究活動を行うことは初めてとのことで今後の展開が楽しみです。

その夜、今度は市役所に隣接するくにたち市総合体育館の会議室でマイクロファイナンスの意見交換会を実施しました。このところ、くにたち夢ファームの事業を各所で説明する中で、そもそもマイクロファイナンスとは何かと、実際にどれ程有効なのかという点に関心を示される方も増えたことより実施することに至りました。
DSC02564.JPG

意見交換会の冒頭、黒崎先生から簡単なお話があり、その後、大和証券株式会社でマイクロファイナンスの普及活動を熱心に進めている岩井亨さんにもお話しいただきました。
また財務省の池田洋一郎さんもお仕事が終わった後に会場に駆け付けていただき、マイクロファイナンスに関わる経験談やご見解を披露していただきました
DSC02579.JPG

こちらの会場配置はロの字形式に。参加者が自由にご発言できます。
DSC02581.JPG

市議会議員を始めとして多くの市民の方々が参加されました。
中川喜美代市議会副議長の姿も。
DSC02573.JPG

NPO団体関係者も参加。
IMG_3014.JPG

熱心に耳を傾ける若手議員。
DSC02582.JPG

ベテラン議員も。
DSC02587.JPG

市役所で生活困窮問題の現場で仕事されている方々も参加されました。
DSC02572.JPG

活発な質疑応答やご意見などをいただいた後、終了時間が到来し閉会。
DSC02593.JPG

様々なご意見もありましたが、マイクロファイナンスに対する認識を深めていただいたことは良いことと感じました。今回を新たなステージのファーストステップとして更に進めていきたいと思います。
ご参加いただいた皆様、また都内からわざわざ駆け付けていただいた池田様、岩井様、本当にありがとうございました。引き続きなにとぞ宜しくお願いいたします。
(和邇)











posted by resultsjp at 23:07| Comment(2) | マイクロファイナンス