2016年11月14日

誰でもわかる!華麗なるGaviまとめA

皆様、こんにちは。

今回は、これまで日本リザルツが作成したアドボカシーペーパーの中から、選りすぐりのペーパーをご紹介しながら、Gaviを知っていただこうと思います!!

リザルツ特製Gaviペーパー、お楽しみください!ではジャンジャン行きます!

【Gaviは投資効果が高い!】
20161114_15.png
詳しくご覧になりたい方は、コチラからPDFをダウンロードください。


【マーガレット・チャン氏の「予防接種とUHCの関連性」】
chan01.png

chan02.png

詳しくご覧になりたい方は、コチラからPDFをダウンロードください。


【なのに!日本政府の拠出の少なさよ…(涙)】
20161114_02.png

詳しくご覧になりたい方は、コチラからPDFをダウンロードください。



明日は感動的な魔女の話をお届けします。(どういうことですかソレ!)

(いけのり)
posted by resultsjp at 14:01| Comment(3) | GAVIキャンペーン

誰でもわかる!華麗なるGaviまとめ@

皆様、こんにちは。

unnamed.jpg


Gaviについて、「もっとよく知りたい!」という方が最近多いため、今日から何回かに分けて、「Gaviまとめ」をお届けしたいと思います。

もくじ
1.Gaviという名称について
2.Gaviの愉快な仲間たち
3.Gaviの目標
4.何故、Gaviが必要なのか
5.よくある質問「Gaviとユニセフとの違いは?」

では早速始めます。

1.Gaviという名称について

G…Global
A…Alliance
V…Vaccines
I…Immunization

の頭文字を取ったものです。

英語の正式名は、「The Global Alliance for Vaccines and Immunization」です。

日本語訳は、「ワクチンと予防接種のための世界同盟」です。

日本語の正式名は、「Gaviワクチンアライアンス」です。

Gaviの読み方は、「ガビ」です。ちょっと発音良く言うと「ギャビ」です。

2.Gaviの愉快な仲間たち

GaviのCEOは、Seth Berkley(セス・バークレー)氏です。とってもイケメンです。
rGqMpfud.jpeg
セス・バークレー: ワクチンの開発を執拗に阻むある事実


そして、資金調達担当上級マネージャーは、北島千佳氏。ジュネーブで頑張っています!たまに日本にやって来ます。
無題.png
(国際ジャーナル11月号より)
DSC00976-d679e-thumbnail2.JPG

日本リザルツはこの二人と世界のワクチン情勢について情報交換を頻繁に行っています。


3.Gaviの目標

最終的な目標は、世界中の全ての子ども、一人ももらさず、公平に基礎的なワクチン接種が継続的にできる状態にすることです。

そのために、適切かつ品質の高いワクチンを手頃で持続可能な価格で供給することを目指しています。



4.何故、Gaviが必要なのか

世界中で途上国の1900万人近い子供たちが、基礎的なワクチン接種ができていない状況にあります。
(これによって病気が蔓延したり、障害が残ったり、死亡する子どもも…)

なのに、

・途上国用のワクチン開発は儲からない
・ワクチン開発は博打のようなもの

ワクチン開発よりも治療薬のR&Dの方に力が注がれやすい

他にも様々な理由はありますが、主に以上の理由から、ワクチン開発に対して製薬会社が"引き"気味になってしまう…

そのため、ワクチン開発に対する「何らかのインセンティブ」を提供するメカニズムが必要!

そこで、

GAVI_ALLIANCE_Logo.gif

の登場なのです。

この何らかのインセンティブについては、シリーズの後半で詳しく書こうと思います。

そして、今日は最後によくある質問を…


5.よくある質問

「Gaviとユニセフとの違いは?」

ユニセフがあるのに、何故Gaviが必要なの?という声がたまにあります。ユニセフとGaviとでは、そもそも取り組んでいる内容が違います。

Gaviは、ワクチン開発を促進するための資金調達(なるべく長期)のメカニズムです。

それに対して、現地でのワクチン普及の活動をするのが、ユニセフやWHOです。



では、本日は時間が来てしまったのでここまで。次回に続きます。

(いけのり)
posted by resultsjp at 09:35| Comment(3) | GAVIキャンペーン

2016年11月13日

[長期連載]Gaviに関するアドボカシーペーパー

日本リザルツはGaviワクチンアライアンスのキャンペーン事務局をしています。
本日から、Gaviワクチンアライアンスに関するアドボカシーペーパーを紹介をする新連載が始まります!芸術の秋に相応しい至極の作品の数々です。

記念すべき、1枚目はこちら。

無題.png
2016年7月11日作成「黄熱病パンデミック」

黄熱病は開発途上国で依然として深刻な問題です。
感染症の恐ろしさを伝えるとともに、ワクチン接種の必要性を訴える1枚となっています。

これから、日本リザルツが作成した芸術的なアドボカシーペーパーの数々を、ご紹介していきます。
是非、ムソルグスキーの展覧会の絵を聴きながら、お楽しみくださいませ。
(長介)
posted by resultsjp at 14:57| Comment(3) | GAVIキャンペーン

2016年06月29日

【Gavi】Gaviの理事会はマラリアワクチンの試験的導入プロジェクトへの支援に合意

先日発表された、Gaviのプレスリリースの紹介です。


GAVI_ALLIANCE_Logo.gif



Gaviの理事会はマラリアワクチンの試験的導入プロジェクトへの支援に合意

ンゴジ・オコンジョ-イウェアラ理事長のもとでの初の理事会で、Gavi はマラリアワクチンのパイロット・プロジェクトに対する資金調達について決議しました。

2016 年 6 月 23 日、ジュネーブ:Gavi ワクチンアライアンスは、WHO のマラリアワクチンに関するパイロットプロジェクトを支援する用意があります。本日の Gavi 理事会会合で、アライアンスは最大 27.5 百万米ドルを同プロジェクトの第一フェーズに支援すると決定しました。支援は他の組織も同様の財政支援を行う場合にのみ実施されます。

このパイロットプロジェクトは、GSK が開発した RTS, S マラリアワクチンをどのようにアフリカに導入するか、現実的な視点から検討するために行われます。このワクチンを導入した場合接種は 4 回必要ですが、うち 3 回は子どもを対象とする通常の予防接種スケジュール外で行われることになるからです。マラリアで死亡する人々は年間 44 万人に上るといわれていますが、このパイロットにより、ワクチンによる死亡率の削減について更なるエビデンスが集まることにもなります。

世界保健機関(WHO)は現在パイロットプロジェクトの最終化をしている最中で、WHO の SAGE(予防接種に関する専門家グループ)及び MPAC(マラリアに関するアドバイザリー委員会)の助言を受けて、アフリカにおける三箇所のパイロットサイトを選びプロジェクトの実施を開始する予定です。

ンゴジ・オコンジョ-イウェアラ Gavi 理事長は述べています。

「マラリアワクチンの実用化はさまざまな機会をもたらすと共に、試練も予想されます。それらに対する理解を深めるため、Gavi はこの世界初の試みを支援する準備があります。マラリアはアフリカにとって大きな重荷となっています。ですから、本日理事会に出席しているアフリカ諸国の保健大臣のおっしゃるように、マラリアワクチンがコミュニティにもたらす影響を理解することは不可欠なのです。我々はこのパイロットを実施するための資金を募るため、他の機関にも働きかけます」


また、Gavi の CEO バクーレー博士は述べています。

「データによると、マラリアワクチンはアフリカにおけるマラリアの死亡率削減に大きく貢献します。RTS,S ワクチンは臨床第三相において 39%の有効性を示しました。今回のパイロットでは、ワクチンが現実社会で接種された場合のインパクトを調査します。最終的には、現行の他の手段と組み合わせることでこのワクチンがマラリアとの戦いにどのような価値を持つのか、保健関係者が判断する手助けとなります」


そして、WHO のマラリアプログラム長のペドロ・アロンソ博士も述べています。

「マラリアワクチンは何十年もの間、近代医学における‘聖杯’だと言われてきました。Gavi による財政支援は、アフリカで何万人もの命を救う可能性を持つ第一世代のマラリアワクチンの実用化のパイロットを助けます」



欧州医薬品庁は2015年、科学的な観点から RTS,S マラリアワクチンを支持しました。

WHOもこのワクチンに対し上記パイロットの開始前に事前承認を与える予定です。アフリカでの臨床実験では、RTS,S ワクチンを子どもたちに 4 回接種した場合、39%の確率でマラリアを予防するという結果が出ています。

これは現在入手可能なその他の予防・治療ツールと組み合わせて使用した場合です。このワクチンの効果は非常に高く、200 人ごとに 1 人の子どもの命を確実に救うことができると予測されています。

今回の理事会では、パイロットプロジェクトの実施にあたって関係者の協力が必要なこと、また、現段階で不足している資金を調達する必要があることが確認されました。

また、本日の決定は、将来 Gavi がマラリアワクチンやその他のワクチンのパイロットプロジェクトに財政支援を行うことを確約するものではないこと、プロジェクトの進捗に応じた定期的な報告が不可欠であることも同意されました。

本日の決定は 2017 年から 2020 年にかけて実施されるパイロットの第一フェーズにのみ関わるもので、第二フェーズへの財政支援は改めて Gavi 理事会の承認を必要とします。

もし第二フェーズが成功し WHO が同ワクチンの本格的な導入を推奨すれば、Gavi 理事会はアフリカにおける導入を財政支援するかどうか再度検討することになります。

以上です。

(いけのり)
posted by resultsjp at 15:10| Comment(2) | GAVIキャンペーン

2016年01月26日