2019年04月28日

4.26河野外相会見>「様々な国際的な場で国際連帯税を訴えていく」

金曜日の記者会見で、河野外務大臣は「様々な国際的な場でも日本として,これを(国際連帯税)訴えてまいりたいと思っております」と発言しましたが、その部分を紹介します。

【外務省】河野外務大臣会見記録(平成31年4月26日(金曜日)13時43分 於:本省会見室)

(前略)
【東京新聞 大杉記者】国際連帯税について伺いたいんですけれども,国際連帯税をG20大阪サミットで取り上げるという,ご発言が以前あったかと思うんですが,それについて,いま現在どう考えていらっしゃるかということと,改めて国際連帯税の必要性についてと,憲法記念日が近いんですけれども,憲法の前文との関係でどのように,何か御所見があれば教えていただきたいんですが。国際連帯税との関係で。

【河野外務大臣】SDGsを達成するために,毎年2兆5,000億ドルの投資が必要だ,ちょっと数字が正確ではありませんが,2兆5,000億ドルの資金ギャップを克服しなければいけないのかな。ODAを倍増,3倍増してもこのギャップは埋められないわけですから,これは日本だけではなくて,今の世界各国のODAを倍増,3倍増しても埋められない,この2兆5,000億ドルというギャップをどう埋めるかというのは,非常に大きな課題だと思っております。

 また,冷戦は終わりましたけれども,昨年,約7,000万人という難民・避難民,これは第二次世界大戦後,最大の数になるわけですが,気候変動の影響でさらにこの自然災害が増え,避難民が増えるということも容易に予想できる中で,こうした方々への人道支援というのも行っていかなければなりませんが,他方,日本は財政的な制約からこれ以上ODAを飛躍的に増やすということができる状況にはございません。多くの国が財政的な制約があって,様々な支援を増やすことができない中で,じゃあどうするかという,少し創造的な資金調達の方法を考えなければならないということで,今,我が国は「開発のための革新的資金調達リーディンググループ」という集まりの議長を今年やります。

 この中で,国際社会の中の先頭に立って,資金調達の新しいメカニズムの議論を主導していきたいと思っております。G20の中では外相会合の中で,こういうものをしっかりと取り上げていきたいと思っておりますし,G7外相会談の中等でも少し,こういう話をさせていただきました。G20サミットの中で今,どういう議題でいくか,これは定かではありません,決まっておりませんが,様々な国際的な場でも日本として,これを訴えてまいりたいと思っております。

 憲法との関係で言えば,世界の平和という観点からも,あるいは,全ての人が人間らしい尊厳を持った生き方をするためにも,必要なことだと思いますので,どの文章,どの条文がということではありませんが,そういう精神にも合うものだと考えております。
(後略)

(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)

posted by resultsjp at 18:05| Comment(5) | 国際連帯税の推進

2019年04月22日

C20 2日目

日曜日に続き、C20の2日目に参加してきました。
2日目と3日目は場所が変わり、虎ノ門ヒルズフォーラムで行われています。

本日は、「SDGs資金と使途:国際連帯税とUNITAID
(英題:SDGs Funding and Use of it: International Solidarity Levy and UNITAID)」
と題し、グローバル連帯税フォーラム主催で分科会が開催されました。

IMG_3156.JPG

会場は満員状態で、急遽椅子を追加する事態となりました。

IMG_3150.JPG

グローバル連帯税フォーラムの金子文夫共同代表理事による開会挨拶

IMG_3161.JPG

国際連帯税創設を求める議員連盟の石橋通宏事務局長による挨拶

IMG_3229.JPG

パネル討論は、グローバル連帯税フォーラムの谷本真邦理事が
ファシリテーターを務め、横浜市立大学の上村雄彦教授、UNITAIDの
Fifa Rahman氏及び外務省国際協力局の甲木浩太郎地球規模課題総括課長が
パネリストとしてディスカッションが行われました。

IMG_3184.JPG

上村教授

IMG_3193.JPG

Rahman氏

IMG_3217.JPG

甲木課長

パネル討論の後、参加者の皆さんに書いていただいた質問カードを集めて、
その場でパネリストから回答してもらうという形で質疑応答を行いました。
質問が多数寄せられて全てには回答ができないほどで、関心の高さを感じました。

IMG_3241.JPG

ラップアップとして、日本リザルツから今後の活動について
紹介を行いました。

IMG_3242.JPG

グローバル連帯税フォーラム田中徹二代表理事による挨拶

UME
続きを読む
posted by resultsjp at 20:15| Comment(4) | 国際連帯税の推進

2019年04月18日

NHKと外務省が開発資金フォーラムでのサイドイベントを報道>国際連帯税など紹介

           LGサイドイベント.JPG

先に41518日開発資金に関する国連経済社会理事会年次フォーラムが開催され、その合間の416日に“開発のための革新的資金調達に関するリーディング・グループ(LG)”がサイドイベントを開催するとお知らせしました。そのイベントにつき、NHKテレビと外務省が報道していますので紹介します。

NHK】「SDGs」実現へ 国連で会合 国際連帯税の事例など紹介

世界の貧困や格差の撲滅などを目指す国連の「SDGs」=「持続可能な開発目標」の実現に向けて話し合う会合が開かれ、国際的な経済活動への課税や、SDGsに貢献する企業に投資する債券の発行など、資金調達に向けた具体的な事例が紹介されました。この会合は、日本やフランスの国連代表部が主催して16日、ニューヨークの国連本部で開きました。

この中で、フランスの出席者は、国際的な取り引きに課税する「国際連帯税」の1つとして2015年に導入した航空券への課税で、年間250億円の税収を得て途上国支援などに充てていると紹介し、企業の収益悪化も見られないことから普及を検討すべきだと主張しました。

また、日本の星野俊也国連次席大使も「国際連帯税に光を当てて、革新的な資金調達の議論を活性化する必要がある」と指摘したうえで、SDGsに貢献する企業に投資する債券の発行や、JICA=国際協力機構が実施している公的資金と民間資金を組み合わせた途上国支援の仕組みを取り上げました。

国連は2030年までに貧困や格差の撲滅、それに教育や医療の普及を目指すSDGsの達成には巨額の資金が必要で、政府だけでなく民間の投資が不可欠だとしています。

日本はSDGsの資金調達を話し合う国連加盟国グループのリーダー国の1つで、日本の国連代表部は秋の国連総会に向けて、資金調達の提言の取りまとめに取り組むとしています。

(田中注:「2015年に導入した航空券への課税」とありますが、航空券税が導入されたのは2006年ですので、「2015年中に…250億円の税収を得て」というのが正しいと思います)


【外務省報道】国連経済社会理事会開発資金フォーラムにおけるサイドイベント

「持続可能な開発のための革新的資金調達:規模とインパクト」の開催(結果)

1416日,国連本部において,国連経済社会理事会開発資金フォーラムにおけるサイドイベント「持続可能な開発のための革新的資金調達:規模とインパクト」が開催されました。

2 このサイドイベントは,本年,「開発のための革新的資金調達リーディング・グループ」の議長国を務める日本が,同グループ常設事務局を担うフランス,メンバー国のドイツ及びインド,国連開発計画(UNDP)と共催したものです。

3 基調講演では,コンセイソンUNDP人間開発報告書室長から,革新的資金調達に関するこれまでの議論を振り返りつつ,今後さらに革新的資金調達を前進させるためには,SDGsの相互連関性や共通便益に着目し,連帯税も含め目的意識の共有を進めつつ,技術面のみならず制度面の革新を模索することの重要性が指摘されました。

4 パネルディスカッションでは,国際連帯税,ブレンディッド・ファイナンス,インパクト投資等の開発のための革新的資金調達に関し,これまでの進展,SDGs達成に向けたさらなる規模の拡大やインパクトの確保のための課題等について,各国や各機関の取組事例を交えつつ,発言がありました。

5 閉会挨拶では,星野俊也国連大使から,パネルディスカッションを踏まえ,革新的資金調達の規模の拡大とインパクトの確保のためには,G7G20,国連ハイレベル会合等でのパートナーシップを通じた政治的意志の醸成と国際的なフォーラムや国際機関における技術的な検討が必要である旨述べました。その観点から,G20及び「開発のための革新的資金調達リーディング・グループ」の議長国として,河野外務大臣が様々な国際会議で国際連帯税を含む革新的資金調達の議論を喚起してきたことを紹介するとともに,開発資金に関する機関間タスクフォースやOECDによる技術的な検討を歓迎する旨発言しました。

[参考]

1)日時 :416日(火曜日)1315分から1430

2)場所 :ニューヨーク・国連本部

3)共催者:フランス,ドイツ,インド及び国連開発計画(UNDP

4)プログラム概要

開会挨拶:星野国連大使

基調講演:コンセイソンUNDP人間開発報告書室長

パネルディスカッション:シュピーゲル国連経済社会局持続可能な開発資金事務局政策分析・開発部チーフ(モデレーター),イティエ・フランス社会連帯経済社会イノベーション担当高等弁務官,ペーター・ドイツ経済協力開発省開発資金ドナー関係課長ブシシャ国際開発研究基金プログラムマネジャー(フランス),カカヌール・インド国連次席大使ビドヴィック・センブラル基金会長(ボリビア),シュッテOECD持続可能な開発資金課長

質疑応答

閉会挨拶:星野国連大使

★写真は、NHKテレビより

(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)


posted by resultsjp at 13:52| Comment(4) | 国際連帯税の推進

2019年04月16日

4/16国連経社理開発資金フォーラムのLGサイドイベントで国際連帯税を議論

               INPS news.JPG

2015年の第3回開発資金国際会議でアディスアベバ行動目標(Addis Ababa Action Agenda)が採択され、毎年フォローアップのための開発資金に関する経済社会理事会年次フォーラムが開催されることになりました。今年は4月15−18日の4日間第4回会合が開催されます。

そして4月16日には“開発のための革新的資金調達に関するリーディング・グループ(LG)”が「持続可能な開発のための革新的資金調達:規模とインパクト」と題してサイドイベントを開催します。下記外務省報道にもありますように、今回のイベントでは「国際連帯税」が重要なテーマになっていますが、これは本年のLG議長国に日本政府が就任したことに大いに関連がある、と言えるでしょう。

というのは、アディスアベバ行動目標が採択される過程で、フランスやLGが国際連帯税などグローバル・タックス方式を提案しており、議長提案の第一ドラフト案でもそのような内容が盛り込まれていました。しかし、結果はグローバル・タックス方式は見事に(!)削除されてしまいました。その後の国際会議においてLGはグローバル・タックス方式を唱えることに躊躇し、暗号通貨とブロックチェーンその他の検討を行ってきました。

しかし、安定性・予測可能・一定のボリュームのある革新的な資金調達方法と言えば、グローバル・タックス方式が一番です。しかもそれを公的資金として使うことができます。LGがブロックチェーンやインパクト投資という新しい分野を開拓していくことは確かに必要ですが、その軸に国際連帯税などのグローバル・タックスをあくまでも追求していくという姿勢が求められています。

そういう意味で、議長国である日本政府が要求したと思われる国際連帯税について、どのような議論を行うのか、を注目していきましょう。

     【外務省報道】国連経済社会理事会開発資金フォーラムにおけるサイドイベント
        「持続可能な開発のための革新的資金調達:規模とインパクト」の開催


1 4月16日,国連本部において,国連経済社会理事会開発資金フォーラムにおけるサイドイベント「持続可能な開発のための革新的資金調達:規模とインパクト」が開催されます。

2 このサイドイベントは,本年,「開発のための革新的資金調達リーディング・グループ」の議長国を務める日本が,同グループ常設事務局を担うフランスとメンバー国のドイツ,国連開発計画(UNDP)と共催するものです。

3 このサイドイベントでは,国際連帯税,ブレンディッド・ファイナンス,インパクト投資等の開発のための革新的資金調達の規模の拡大とインパクトの確保を実現するための諸課題等についてのパネルディスカッションが行われる予定です。

[参考]
(1)日時 :4月16日(火曜日)13時15分から14時30分
(2)場所 :ニューヨーク・国連本部
(3)共催者:フランス,ドイツ及び国連開発計画(UNDP)
(4)プログラム概要

・開会挨拶:星野国連大使
・基調講演:コンセイソンUNDP人間開発報告書室長
・パネルディスカッション:シュピーゲル国連経済社会局持続可能な開発資金事務局政策分析・開発部チーフ(モデレーター),ブシシャ国際開発研究基金プログラムマネジャー(フランス),イティエ・フランス社会連帯経済社会イノベーション担当高等弁務官,ビドヴィック・センブラル基金会長(ボリビア),シュッテOECD持続可能な開発資金課長,ボルホフ・ドイツ経済協力開発省グローバルプロセス/開発資金担当審議官
・質疑応答
・閉会挨拶:星野国連大使

★写真は、INPS newsのHPより

(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)
posted by resultsjp at 11:37| Comment(4) | 国際連帯税の推進

2019年04月05日

【外務省報道】多剤耐性結核の解決やUHC達成に向けてUnitaidを資金援助

Unitaid(ユニットエイド:国際医薬品購入ファシリティ)への拠出資金を航空券連帯税で充当することができずまことに残念ですが、「多剤耐性結核といった国際的な課題解決やユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)達成に向けて」日本政府が国の予算でUnitaidを支援することはたいへん意義あることと言えましょう。途上国での深刻化する結核問題は、下記をご覧ください。

【外務省】マルモラUnitaid (ユニットエイド)事務局長による山田外務大臣政務官表敬

 4月2日,山田賢司外務大臣政務官は,レリオ・マルモラUnitaid (ユニットエイド)事務局長(Mr. Lelio Marmora, Executive Director, Unitaid)による表敬を受けたところ, 概要以下のとおりです。

 1、山田政務官から,日本企業が誇る治療薬の技術を活用して多剤耐性結核に対する新たな結核治療法を確立するための事業として,平成30年度補正予算により,Unitaidに対する拠出を決定した旨伝達しました。

 2、マルモラ事務局長は,拠出への謝意を述べるとともに,Unitaidがイノベーションの推進を通じて疾病の治療を大きく改善していること, また, 民間を含めた日本との関係構築を目指している旨述べました。

 3、山田政務官とマルモラ事務局長は,多剤耐性結核といった国際的な課題解決やユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)達成に向けて,双方の協力の下,貢献していくことを確認しました。

【参考】Unitaidとは
 2006年,フランス政府の提案により,開発のための革新的資金調達を目指し,主に途上国における医薬品のアクセスの向上を目的として設立された国際機関。歳入の半分以上は,各国の航空連帯税等から拠出されている。


深刻化する途上国での結核問題(日本リザルツのHPより)
 結核(TB)は世界三大感染症の一つで、貧困の病気として現在でも毎年190万人が命を落としています。HIV/AIDSとの二重感染も深刻で、HIV感染者の死因第一位が結核です。多剤耐性結核患者、超多剤耐性結核患者の発生も後を絶ちません。アジアでは特に深刻な問題であり、日本もいまだ結核中蔓延国。結核は過去の病気ではありません。…以下、省略。

【インフォメーション】
●C20サミット:シンポジウム「SDGs資金と使途:国際連帯税とUNITAID」
 SDGs funding and use of it: International Solidarity Levy and UNITAID
 ・日 時:4月22日(月)13:30〜15:00
 ・会 場:虎ノ門ヒルズフォーラム 虎ノ門ヒルズ森タワー5階 Room B
        アクセス:http://forum.academyhills.com/toranomon/access/
 ・報 告:上村雄彦・横浜市立大学教授ほか 詳細は、http://isl-forum.jp/archives/2754
 ※申し込みはこちらから(日本語登録サイト)⇒締め切りが4月7日(日)ですので急いでください
  http://www.civil-20.jp/blog/190320-c20-registration-is-open
  ⇒国際連帯税関連のシンポジウムに参加するには「 C20サミット2日目(4月22日・月曜日)に参加しますか」のところをチェック

posted by resultsjp at 12:15| Comment(2) | 国際連帯税の推進