2018年08月31日

パレスチナ難民の危機的状況

米国トランプ政権が今年1月に拠出額の半分以上を凍結したことで、UNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)及びパレスチナ難民は非常に苦しい状況に直面していますが、それをさらに悪化させるような事態となっています。米国務省が今月24日、パレスチナに直接提供する予定であった、2億ドルを超える援助金を停止すると発表しました。さらに今月30日には、米国がUNRWAへの拠出金支出を完全に停止すること及び難民認定者を第一次中東戦争発生時に限定し、10分の1以下に減らすよう要求すると決定したことを、米紙ワシントン・ポストが報じました。そういった中、日本政府は今月28日にガザ地区にいるパレスチナ難民100万人の食料支援に充てるため、緊急で6億円を拠出することを決定しました。また今月30日には、9月の国連総会に合わせてUNRWA支援のための会合を開くことが明らかにされました。日本政府には、この危機的状況を緩和し、パレスチナ問題を平和的に解決へ導くために国際社会を主導して欲しいと願います。
UME
posted by resultsjp at 19:46| Comment(3) | UNRWA

2018年08月18日

UNRWAの学校の新学期

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)が、同機関が運営する学校を予定通り運営すると発表したというニュースがありました。

米国の拠出削減により200人以上もの職員を削減したというニュースが先月報じられていたこともあり、苦しい中での決断と想像します。
少し安心するニュースではありますが、UNRWA及びパレスチナ難民は依然として非常に厳しい状況下に置かれています。
パレスチナ難民の人々の未来のため、日本政府が資金援助とともに平和的な解決へ向けた働きかけにより一層力を入れなくてはならないと思います。

UME
posted by resultsjp at 20:19| Comment(3) | UNRWA

2017年10月30日

UNRWAの清田保健局長と財務省を訪問しました。

本日は来日しているUNRWAの清田保健局長と一緒に財務省を訪問しました。
私は、財務省を初めて訪問しましたが、財務省は歴史を感じさせる落ち着いた雰囲気の建物でした。

財務省では、清田保健局長が難民問題などを説明しました。
またリザルツ新聞のガザ・パレスチナ特集号なども配布しました。

難民問題は解決の兆しが見えない非常に厳しい問題です。
しかし、リザルツが行なっているガザの子どもたちの凧上げ・子どもたちの安倍総理表敬、釜石との交流など
希望の光もあることをお伝えしました。

ガザ・パレスチナの子どもたちのために活動する清田保健局長のお話に、
私も心を動かされました。
私自身何ができるかわからないですが、子ども達の笑顔のために
できることから頑張ってみたいと考えた一日でした。

浅松
posted by resultsjp at 18:42| Comment(2) | UNRWA

2016年12月14日

女性の活躍推進へ!途上国に30億ドル

本日付(14日)の日本経済新聞朝刊に、女性の活躍推進に関する興味深いニュースがありました。

4.jpg

安倍首相がシンポジウムの中で、開発途上国の女性活躍を推進するために30億ドルを支援すると表明したそうです。

日本リザルツがキャンペーン事務局を務める国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)も、子どもや女性がより良い生活をおくれるよう、取り組みを行っています。

K10010784561_1611252003_1611252022_01_02-thumbnail2.jpg

例えば母子手帳。
パレスチナ難民の母子手帳の電子化が、UNRWAとJICAの支援で進んでいます。

パレスチナ難民の女性がより幸せな暮らしがおくれるよう、日本の更なる理解と協力が進むといいですね。
(長介)
posted by resultsjp at 13:32| Comment(3) | UNRWA

2016年11月28日

パレスチナ難民の母子手帳、電子化へ!

日本リザルツは、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)のキャンペーン事務局をしています。

今日は、UNRWAの清田明宏保健局長から面白いニュースをいただきました!
パレスチナ難民の母子手帳の電子化が、UNRWAとJICAの支援で進んでいるそうです。

K10010784561_1611252003_1611252022_01_02.jpg

来年前半にもアプリが導入され、紙の手帳がなくてもスマートフォンやパソコンで手帳を見ることができるようになるそうです。パレスチナ自治区は、紛争が続く不安定な地域ですが、電子化が進めば、避難先でも翻訳ソフトで他言語への変換も可能になります。

11月23日〜25日まで、東京で開かれた「第10回母子手帳国際会議」で報告されたということです。

ニュースの詳細はこちらを参照。
朝日新聞「避難先でも命守る…パレスチナ難民の母子手帳、電子化へ」
http://www.asahi.com/articles/ASJC63F2VJC6ULBJ003.html
NHK News Up “日本発” 母子手帳は難民の“生命のパスポート”
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161125/k10010784561000.html?utm_int=word_c

日本の知見が、パレスチナ難民のみなさんの健やかな生活づくりに活かされているとは、嬉しい限りですね。
(長介)
posted by resultsjp at 15:21| Comment(3) | UNRWA