2020年04月11日

薬剤耐性(AMR)への対応

 日本リザルツは、2020年3月27日(金)にNGOサンキューセミナー「薬剤耐性(AMR)対策アクションプランのその先に」を実施しました。講師は、新型コロナウイルス対策でも大忙しの国立国際医療研究センター国際感染症センター長・大曲貴夫(おおまがりのりお)先生でした。
 さて、AMRへの対応として「抗菌剤の適正使用」と「国際的な取組」がキーワードになっているように、私は感じました。もちろん、「抗菌剤の適正使用」については簡単な話ではなく、まずは現状を知るところから始め、医療従事者のみではなく国民の行動変容を促すことも重要であるとのことでした。
 セミナー参加者からは、家畜用の餌の中にも抗菌薬が入っている時代であり、それが土に混ざって日本へ入ってきている可能性もあるのではないか、特に低中所得国について抗微生物剤の適正使用を徹底したところでその効果はどうなのかといった質問がありました。大曲先生によると、薬の使用と耐性菌の出現が明確にリンクしている薬というのは確かにあるようです。また、人間に対して使用する抗菌剤の中でも、注射用抗菌薬に分野を絞った「抗菌剤の適正使用」の具体的な取組が始まっているようです。また、人々の行動変容について、若者は既存のメディアに対する不信感を持っている、若者は自分の周りの人(両親も含めて)実際にその効果を経験した人の話によって動かされるといったコメントが参加者から寄せられました。

M

IMG_5511.JPG
posted by resultsjp at 16:50| Comment(1) | サンキューセミナー

2020年04月01日

新型コロナと薬剤耐性菌は無関係なのか

日本リザルツでは2020327日(金)にサンキューセミナー「薬剤耐性(AMR)対策 アクションプランのその先に」を実施しました。講師は、今、新型コロナ対策でテレビ出演等に大忙しの大曲貴夫先生(国際感染症センター長)でした。参加者は大曲先生の分かりやすい説明と気さくな人柄に魅了されました。


さて、セミナー前から当方が気になっていたのは、新型コロナと薬剤耐性菌は無関係なのかということです。やはり、つながりはあるようです。COVID-19ではとにかく肺が痛めつけられるようです。そこで、重症化した患者さんをエクモ(ECMO=体外式膜型人工肺)に23週間つないだり、人工呼吸器に4週間つなぐという事になります。そうなると、もともとそういった機器の衛生管理は簡単ではありませんので、気をつけていても何かが起こるようです。コロナウイルスと薬剤耐性菌の複合感染の可能性が出てきます。国によってはコロナでもかなりの割合の方は薬剤耐性菌によって亡くなっているのではと、大曲先生は仰っていました。


M

IMG_5511.JPG
IMG_5519.JPG
IMG_5527.JPG
IMG_5542.JPG
posted by resultsjp at 13:33| Comment(1) | サンキューセミナー

2020年03月11日

NGOサンキューセミナー

日本リザルツの活動に関係のあるテーマを毎回選んで開催しているサンキューセミナーですが、今回は薬剤耐性(AMR)をテーマに次の通り開催します(詳細は開催案内をご参照ください)。

スライド1.JPG





 日時:2020年3月27日(金) 18:00-20:00 ※参加無料
 場所:日本リザルツ会議室 
    千代田区霞が関3-6-14 三久ビルディング503
 題名:「薬剤耐性(AMR)対策アクションプランのその先に」
 講師:国立国際医療研究センター病院 大曲貴夫博士








大曲博士は世界的に流行している新型コロナウイルスに関しても講演やTV出演などで専門家としてコメント等されており、今回のセミナーは博士から直接お話を聞くことができる貴重な機会と言えます。

お申込みはGoogleフォーム(https://forms.gle/K4gEFGunTG87LpoZA)にて、または
梅木(toshihide.umeki.results@gmail.com)まで次の内容をご連絡ください。
・電子メールアドレス
・お名前、ふりがな
・勤務先、役職名(あれば)
・電話番号(任意)

申込み期限:3月24日(火)午後5時 ※定員(50名)に達し次第締め切らせていただきます。

なお、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、ご参加いただく方には次のことをお願いいたします。
・手洗いの励行にご配意ください
・受付にて、アルコール消毒液で手指消毒を行ってください
・なるべくマスクをご用意ください
・基礎疾患のある方、発熱等風邪様の症状がみられる場合はご参加を控えてください

UME
posted by resultsjp at 10:05| Comment(3) | サンキューセミナー

2019年07月08日

NGOサンキューセミナー

7月5日(金)に、日本リザルツの会議室でNGOサンキューセミナー「国際保健・理論と実務 〜抗生物質と人間、世界の保健政策〜」を開催しました。
今回は長崎大学の山本太郎教授及び国立国際医療研究センターの井上局長を講師にお招きして行いました。
また、参議院議員選挙で非常にお忙しい中、逢沢一郎事務所から政策秘書の竹山様がお越しくださり、逢沢先生のメッセージをお伝えしてくださいました。
山本教授からは、家畜を太らせるような抗生物質の濫用は薬剤耐性を引き起こす危険をはらんでおり、へたをすると抗生物質発見以前の状態に逆戻りしてしまう恐れもあるということ、人間は1,000種類以上、100兆個以上もの微生物(マイクロバイオーム)をまとい、それらと相互に作用しあって生きており、その関係をないがしろにした場合、どのような影響があるか予測が難しいことなどをお話しいただきました。
井上局長は、日本が世界に誇る国民皆保険制度は、今後団塊ジュニア世代を見送るまでの40年間が制度維持の正念場であり、現在の形で維持するということは考えづらいというほど難しい局面を迎えていること、日本の知見を世界にといった際に、成功事例だけでなく、先に高齢化を経験した国として、うまくいったことも困ったことも含め示すことがきっと他の国の役に立つというお話をしてくださいました。
また、今回は厚生労働省から鈴木康裕医務技監、結核予防会から加藤誠也結核研究所長にお越しいただいており、それぞれの近況や抱えている問題などについてご紹介いただきました。
講師からのお話が終わった後の質疑応答でも、講師から参加者へ逆指名の質問が投げかけられるなど、非常に熱のこもった議論が繰り広げられました。
セミナー終了後の懇親会もいつも通り大盛り上がりで、皆様のおかげでこのサンキューセミナーを続けられるということに、改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。
UME
IMG_3004 (3).jpg

IMG_3005.jpg


IMG_3051.JPG

IMG_3072.JPG


IMG_3074.JPG


IMG-1927.JPG


IMG-1937.JPG



IMG-1957.JPG

IMG_3025.JPG

IMG_3034.JPG

IMG_3044.JPG

IMG_3042.jpg

IMG_3036.JPG

IMG-1938.JPG

IMG-1948.JPG

IMG-1946.JPG

IMG-1954.JPG

posted by resultsjp at 08:37| Comment(3) | サンキューセミナー

2019年06月20日

サンキューセミナー

7月5日に「国際保健・理論と実務 〜抗生物質と人間、世界の保健政策〜」と題して、次の通りサンキューセミナーを開催します。

サンキューセミナー「国際保健・理論と実務 〜抗生物質と人間、世界の保健政策〜」
日時:2019年7月5日(金) 18:00〜21:00 
    ※セミナー終了後に簡単な懇親会を予定しています。
場所:日本リザルツ事務所 東京都千代田区霞が関3-6-14 三久ビル503
講話:長崎大学熱帯医学研究所 山本太郎教授
    【抗生物質と感染症、そして人類】
   国際医療研究センター 井上肇国際医療協力局長
    【世界の保健政策と日本】 

サンキューセミナー案内.jpg


毎回ご好評をいただいておりますこのセミナー、
どのようなお話を聞けるか、主催者側ではありますが楽しみです。
UME
posted by resultsjp at 10:06| Comment(3) | サンキューセミナー