2015年07月22日

第3回サンキューセミナー

7月16日、日本リザルツ事務所で第3回サンキューセミナーが開催されました。講師は東京大学医学系研究科国際保健政策学教授で、JIGH理事長でもある渋谷健治先生です。

リザルツは、2014年1月から5回にわたって予算勉強会を開催しており、今回のサンキューセミナーは通算で8回目となります。普段余りお会いする機会の無い政界や財界のリーダー、また、国際援助の舞台で活躍されている方をお招きして、接点や交流を増やしていくことを目的としたセミナーです。

台風が近づく中での開催となりましたが、NGOや企業、国際機関やマスコミの方など95人の参加申し込みがあり、当日は約85名もの方々が参加されました。

DSC02285.JPG

講演は「保健医療のパラダイムシフトと日本の貢献」と題され、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジや保健医療2035などについて、お話し頂きました。

「保健医療2035」とは、急激な少子高齢化や医療技術の進歩など保健医療を取り巻く環境が変化する中で、20年先を見据えた保健医療システムを作る、厚生労働省による取り組みです。渋谷先生はこの「保健医療2035」策定懇談会の座長も務めています。日本が世界最高の健康水準を維持することは、我が国の経済成長や発展に寄与するだけでなく、世界の保健医療を牽引することにも繋がるといったお話がありました。

DSCN8080.JPG

また、現場での安易な過剰診断・過剰医療の問題も指摘され、85歳の患者への過剰投薬をやめたら元気になったというエピソードが印象的でした。

DSC02296.JPG
農林水産省副大臣のあべ俊子先生も駆けつけてくださいました


DSCN8088.JPG

参加された方々も渋谷先生の話に熱心に聞き入っており、クーラーもついていたのですが、すごい熱気でした。Q&Aセッションでは多くの方々から質問をいただき、医療保健2035の財源や情報格差の問題、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジと栄養の関連性など、さらに踏み込んだお話を聞くことが出来ました。

DSCN8132.JPG
日本リザルツ理事でグローバル連帯税フォーラム代表理事の田中徹二さんによる閉会のご挨拶

DSCN8076.JPG
今回初めて司会を務めさせていただきました

日本にいるとなかなか気づきにくいですが、海外で生活したり、旅行先で病気になったりすると、日本の保健システムがどれほど優れているかを実感します。保健医療という日本が世界に誇れる強みを生かし、国際社会をリードする存在になってほしいと思います。(大崎)
posted by resultsjp at 09:21| Comment(1) | サンキューセミナー

2014年11月30日

第2回サンキューセミナー

11月28日(金)、大阪から亀田史郎さまにお越しいただき、第2回サンキューセミナーを開催いたしました。
亀田プロのマネージャーの本田暁彦さまより、事前打ち合わせの際に「何十分で親子の絆について話してくださいと言われても難しいので、質問してもらって答える形で開催したい」とご希望を伺っていました。
そこで、「離婚後の親子交流」の活動を行っている私が進行役と言いますか、質問させていただく形での開催となりました。
人前で話すことや発表するのには少しは慣れてきましたが、今回のような対談形式で進めるのは大変難しく、お話に聞き入ると相槌を忘れたり、お話しされた内容ごとにまとめて、こういうことですね?と確認して次の質問に移るとか、そういった気の利いたことが全然できず、ただ、一参加者になって感心しながらお話しを伺ってしまっていました。
そんな不慣れでつたない進行役でしたが、亀田史郎さまは一つひとつの質問に一生懸命ご回答くださいました。
L1000722.jpg(撮影 森下泰樹)
子どもたち一人ひとりと向き合い、よく理解し密に接しながら、強い絆で結ばれていかれたのがよく分かりました。ともすれば、今の日本が失いかけている家族の形、絆を再認識させていただけました。
参加者も口々に「いい話を聞けた」「今まで持っていたイメージと全然違って、しっかりしたお考えの方で尊敬の念を抱いた」などと話されていました。
L1000713.jpg(撮影 森下泰樹)
「離婚後、離れて暮らすお母さまと子どもたちの交流状況はどうでしたか?」という質問に対しては、「離婚は夫婦の問題で子どもには何の罪もない。子どもの気持ちを尊重してやらな。その子どもにとって本当の父親、母親は世界に1人しかおらへんのやし、親に会うのは子どもの自由や。親がどうこういうことちゃうと思う。」という心強いお言葉をいただけました。

担当者として不行き届きな点も多々ありますが、亀田史郎さま、亀田プロのチーフマネージャー 嶋 聡さま、マネージャーの本田暁彦さまと、ご参加の皆さま、リザルツのスタッフの皆に支え助けていただきました。
本当にありがとうございました。
反省を次にいかしていくことがせめてものご恩返しになると信じて進んでいきたいと思います。
後半の「Supervised Visitation Network」研修、およびアリゾナ州ツーソン視察報告については、別ブログでご報告させていただきます。(鈴木)
posted by resultsjp at 23:58| Comment(2) | サンキューセミナー

2014年11月20日

第2回NGOサンキュ​ー・セミナーのご案内

皆様

11月もいよいよ終わりにさしかかりますが、如何お過ごしでしょうか。
先日、行われた第1回NGOサンキュー・セミナーに続き、この度、第2回サンキュー・セミナーを開催することになりました。既にメールで告知していますが、このブログをご覧になってご興味を持たれた方もどうぞご参加下さい。
尚、日程は以下の通りです。
◎ 日時:11月28日(金)18時00分〜20時00分
◎ 場所:(特活)日本リザルツ 事務所
・一部 亀田史郎氏講演         18時00分〜19時30分
・二部 鈴木裕子 SVNトレーニング報告  19時30分〜20時00分 

今回のセミナーでは、亀田史郎氏をお迎えしてお話を伺っていきたいと思います。
亀田史郎氏の長男・興毅さんは、WHOストップ結核パートナーシップのストップ結核チャンピオンとして活躍されている他、東日本大震災復興支援活動にも震災直後からご協力くださり、岩手県釜石市の被さい地にも何度も訪れています。また、昨年は「スタンドアップ・テイクアクション」に参加し、フィリピンで貧困を目の当たりにした経験から、スラムの子供たちが早く貧困から抜け出し、防げる病気で亡くならなくても済むようになることを願うなど熱く語られました。
kameda.png
当日は、3人の世界チャンピオンを育てられた子育て術や、離婚後離れて暮らす親と子の関係について、りこちゃんキャンペーンの事務局を務める日本リザルツ鈴木裕子から亀田史郎氏に色々と伺いたいと思います。
unnamed.png
また、11月中旬に米国で開催された離婚後の子育てに関する講習会に参加した鈴木からも報告を簡単にさせていただく予定です。

平日の午後にはなりますが、皆様のご参加をお待ちしております。
=★-=☆-=★-=☆-=★-=☆-=★-=☆-=★-=☆
第2回 NGOサンキュー・セミナー
 亀田三兄弟の“親父”が語る
「親子の絆、4人の子育て」
■ ゲストスピーカー:亀田史郎氏
■ 進行役:鈴木裕子
・一部 亀田史郎氏講演
・二部 鈴木裕子 SVNトレーニング報告
★=-☆=-★=-☆=-★=-☆=-★=-☆=-★=-☆=-
◎ 日時:11月28日(金)18時00分〜20時00分
◎ 場所:(特活)日本リザルツ 事務所
・ 東京都千代田区霞ヶ関3-6-14三久ビル503
・ アクセス情報:http://www.resultsjp.org/about/01.html
・ 丸の内線国会議事堂前駅より徒歩5分
・電話番号:03-6268-8744
◎ 参加申し込み:本メール末尾の申し込み票にご記入の上、
件名を【第2回NGOサンキュー・セミナー】として以下のメールアドレスにお送りください。
(メールアドレス:results.japan@gmail.com) (担当:三倉)
◎定員について:60名程度
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
第2回NGOサンキュー・セミナー 申し込み票
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◎ ご所属 ( )
◎ お名前 ( )
◎ ご役職 ( )
◎ ご連絡先(メール) ( )
◎ 講師の方に聞きたいこと:
◎ その他コメント:




posted by resultsjp at 00:27| Comment(2) | サンキューセミナー

2014年09月10日

第一回NGOサンキューセミナー/初めて司会を務めた感想

去る9月8日月曜日に、松野頼久衆議院議員を招いて第一回NGOサンキューセミナーを開催しました。

司会を務めさせていただいたのですが、出席者85名が想像以上に大人数であったことに加え、ゲストスピーカー・聴衆の方々双方との距離が非常に近かったこともあり、とても緊張した状態でセミナーを開始することになりました。

松野先生のお話には、司会という立場を忘れ聞きいっていましたが、政界の本音やリアルな事情など、普段あまり耳に入ることのないような側面を垣間みることができ、面白く、非常に有意義でした。
司会をやる中で、Q&Aセッションにて、本当にたくさんの方が意見や質問を述べられたことが嬉しかったです。やはりNGOや、政治や国際協力に関心を持つ方が多いからか、聴衆のみなさんの声にも力がこもり、松野先生も熱く本音で回答してくださったのが印象的でした。

今回の司会という役目に関しては、自分の計画通りに行かないことも多く、もっと柔軟な対応力が不可欠であると認識するとともに、もしまたこういった機会があれば、次回こそはよりスムーズにみなさんに満足していただけるような会の運営に携われたら、と思っております。

開始前、緊張しました。
DSCN9700.JPG
(三倉)
posted by resultsjp at 12:54| Comment(2) | サンキューセミナー

2014年09月09日

学生が聞いた、サンキューセミナー

日本リザルツのオフィスで、昨日サンキューセミナーが行われました。
私にとっては、こちらのボランティアとして初めてのイベントでしたが、
たくさんの人がお越しくださって、松野先生のお話が聞けて、
とても有意義な時間でした!
ありがとうございました。

個人的な話をすると、私は有権者になってまだ一年と経っておらず、
政治家の方から直接話を聞いたのは、このセミナーが初めてでした。
政治家の「声」を聞くとしたら、街頭で演説する誰かのフレーズが耳に入ってくるくらいでした。

松野先生のお話のなかで、特に、野党の再編を行い、与党野党間のパワーバランスを良くしたいとおっしゃっていたことが印象に残っています。
「(野党がうまく機能していないという意味で)今の日本はほんとうの民主主義とは言えない」
とおっしゃっていて、確かにそうだと思う反面、
なぜ身の回りの人々はそういった点について何も言わないのだろうと疑問にも思いました。
かくいう私も、政治に無知ではないのでそういった問題は視界には入っていたはずですが、
意識していないものは景色と同じようなもので、視界に入ってはいても、
流れていってしまっていたのでしょう。

頭をかすめたのは、トルコ人の友達が、
日本の若者の投票率の低さに驚愕して自国のことを話し始めたときの記憶でした。

「トルコでは、友達や家族と長話をするとなったら、政治か宗教についてだ。世代なんて関係ない。
特に、政治の話のときは、批判が多いし決して楽しい話とは言えないかもしれないけど、
どうしたら変わるのだろうと考えて2時間だって話し合うよ。」
「日本ではそういう話は誰とするの?」
「こないだ投票率が85%を切ってテレビで問題だと報道されてたよ。」 

そのときは、あまりの状況の違いに私もその友達も双方の国の状況の比較しかできなかったけれど、
今後日本でこういった政治に関するセミナーが増えることで、
「政治の話をする機会」そのものがもっともっと増えていけばいいのになと感じました。

(猿田)











posted by resultsjp at 21:35| Comment(2) | サンキューセミナー