2018年03月16日

らぽーるのこと伝えたい ーらぽーるチラシを置かせていただけるところ大募集ー

離婚と親子の相談室らぽーるで相談員をしている嶋貫養子です。
皆様御存知の通り、らぽーるは子どもファースト離婚を推進したい相談室
・相談事業
・親教育プログラム
・協議離婚または別居時において養育計画合意書の作成を援助するADR
を柱として活動しています。

しかし、らぽーる相談室の存在がなかなか人々に周知されていない。それが悲しい現状なのです。
らぽーるのことを知って、利用していただければ、お父さん、お母さんが別居しても幸せになる子どもは増えるはずです。

そこで、らぽーるのチラシを置かせていただける場所を大募集します。
「うちの店先においてもいいよ」「うちの塀に貼ってもいいよ」などなど
そして、こんな宣伝方法が効果あるんじゃない。などのグットアイディアなどありましたら、それも大歓迎です。
皆様からの声をぜひらぽーるにお寄せください。

3月18日に春日部で開催される凧揚げ大会『世界をつなぐ大空へ』でもらぽーる凧が大空を舞います。
らぽーる.jpg
posted by resultsjp at 13:30| Comment(1) | らぽーる

2017年12月19日

クラウドファンディングにご協力してくださった皆様に感謝!

先日の日曜日で、全3回にわたる親の離婚を経験した子どもの「アート&トークイベント」を無事に終了しました。
講座&らぽーるチラシ_10.11.12月(2017年11月).jpg
皆さまのお陰でこのような機会を持つことができ、本当に感謝しております。
クラウドファンディングの開始は、まだ暑かった8月でしたので、あれからあっという間に4か月が経ってしまいました。
詳細は、こちらにアップしておりますので、どうぞご覧ください。
これからも、らぽーるをよろしくお願いいたします。
24140160_1598563880182954_1582696386_o.jpg

(Okawa)
posted by resultsjp at 13:18| Comment(2) | らぽーる

2017年12月13日

今週末のセミナー紹介

今週末に、2つセミナーがありますので、そのご紹介です。

1つは、土曜日に霞が関の弁護士会館で開催される、『家事法制シンポジウム「子の福祉のための面会交流〜面会交流支援団体の実情から考える〜」』です。
昨今は、高葛藤な場合でも、どちらかというと面会交流を実施させる流れになってきていると感じます。
そのような中で、面会交流のノウハウがまだ蓄積・整理されていなく、面会交流支援団体も少ないのが現状です。
とても興味深い内容です。
くわしくは、こちらをご参考ください。

2つ目は、日曜にTKP神田駅前ビジネスセンターで開催される、『親子ネット講演会 共同養育実現のために必要なこと 〜他国事例に学ぶ制度設計〜』です。
離婚後の子どもの養育について、制度がまだ整っていないのが日本です。他国を参考にして、日本の社会は何をするべきかを考えるきっかけになるかと思います。子どもにとっても、離婚による悪影響がより少ない制度になってくれることを願います。
くわしくは、こちらをご参考ください。
(okawa)
posted by resultsjp at 10:11| Comment(2) | らぽーる

2017年12月07日

子どもグループ最終回

リザルツのHPのトップページに12月17日(日)の子どものグループについて、チラシをアップしました。17日の子どものグループは最終回になります。
このグループを開催できるのもクラウドファンディングで、皆さまに支えていただいたおかげです。
早くも最終回となりましたが、これからも何らかの形で、子どもへの直接の支援もして参りたいと思っています。
ご参加をお待ちしておりますので、ぜひお申込みください。
(大川)
離婚の子どもグループ チラシ(12月).pdf
posted by resultsjp at 17:29| Comment(2) | らぽーる

2017年11月28日

親の離婚を経験した子どもグループ

今月も子どもグループを開催することができました。
ありがとうございます。
参加者の中には、コラージュに興味を持ってきてくださって、「ずっとやっていたい」というくらい、夢中になっていました。
普段の生活の中で、こうやって自分の好きな物づくりに集中できる時間は、なかなかないですよね。そして完成すると、思い思いに自分のコラージュを眺めて、どのように作っていったのかを話し合いました。それぞれの作品に、その人なりが出ていたように感じます。

24140160_1598563880182954_1582696386_o.jpg

後半のおしゃべりタイムでは、結婚観について話題に上がりました。親の離婚を経験し、自分は結婚というものに興味がない人がいたり、以前はそう思っていたけど、今は別に結婚してもいいと思うようになった人もいました。
確かに、自分の親の結婚生活、家庭での生活を見て、夫婦とはどのようなものかを見て感じるので、そもそも家族の生活を知らなかったり、破たんしているような場合、自分の結婚生活をイメージしづらいのかと思いました。
そのような場合、親戚や近所の人などで、良いモデルになるような家族があり、そこで色々と見聞きすると、違ってくるのかもしれません。
そもそも、結婚しなければいけない、と考えるとそう思えない自分が苦しくなってしまいます。今の世の中を見渡すと、結婚しない人、籍を入れないで同棲している人、ひとりで子どもを育てる人など、色々な形があります。少子化が叫ばれていますが、子どもを産まないといけない、結婚をしなければいけない、という固定観念は、人を不自由にさせるように思います。
このように、色々と考えさせられるおしゃべりタイムとなりました。
来月も開催しますので、皆さまのご参加、お待ちしております。
(大川)
posted by resultsjp at 11:47| Comment(2) | らぽーる