2019年07月20日

手洗い・トイレセミナー

日本リザルツケニア事務所では、ウエストランズサブカウンティにある8つの小学校にトイレと手洗い場を建設しています。7月16日〜18日にかけて、小学生に手洗い・トイレセミナーを実施しました。
トイレ紙芝居.jpg
セミナーの中では、今回小学校に設置する、LIXILのトイレ、SATOの紹介と使用方法の説明をしました。SATOは少量の水で排泄物を流すことが出来、カウンター式の弁が自動で閉まるため虫や悪臭を防ぐことが出来ます。
サラヤVictor.jpg
今期のプロジェクトにご協力いただいている、サラヤの北條様、ヴィクター様にもお越しいただき、正しい手洗いの方法を指導していただきました。
青空教室.jpg
指先や親指、手の平の真ん中は手洗いの際、見逃しやすいポイントです。
手洗いデモ.jpg
デモンストレーションを通して、見逃しやすいポイントを再チェックしています。
手洗いデモ1.jpg
指先から手首まで、きれいに洗うのは意外と難しいです。筆者も日頃いい加減に手を洗っていることに気付き、反省しました。
手洗いチェッカー.jpg
最後に専用のライトを使用して、手にどれだけ細菌が付いているか、どのように広がるのかを目視で確認しました。
集合写真.jpg
子どもたちは、セミナーを通して学んだことを、周りの友達や家族、先生たちにも教えると意気込んでいました。
Taki
posted by resultsjp at 22:12| Comment(4) | ケニア

2019年07月01日

令和第1回ナイロビ安全対策連絡会

6月29日(土)に在ケニア日本大使館にて行われた「令和第1回ナイロビ安全対策連絡会」に参加してきました。

治安情勢やテロ情勢、医療事情について、大使館の方から情報を共有していただきました。

特に印象的だったのは、治安情勢についてです。
ケニアでは、1年間に約5,000件の一般犯罪が発生しています。
その多さに驚きましたが、そのうち約3割はナイロビ市内で発生しているということにさらに衝撃を受けました。
運良く筆者はまだ何の被害にもあったことはありませんが、周囲をよく見て、細心の注意をはらって生活することが大切だと改めて感じました。

日本とは治安情勢が大きく異なるので、安全を第一に、気を引き締めて引き続き業務にあたって参ります。
Taki

posted by resultsjp at 02:58| Comment(3) | ケニア

2019年06月21日

カンゲミヘルスセンター清掃、視察

現在ケニア滞在中の白須代表と共に、6/19(水)にカンゲミヘルスセンターの清掃、視察を行ってきました。
20190619_081945 (1).jpg
清掃は、いつも手伝ってくれるドライバーのジェーモーや警察官のロティッチ、また、センター長のシェムやその他スタッフがゴミ拾いやモップ掛けを手伝ってくれました。
2.jpg
お陰で表はだいぶきれいになりました。
IMG_1.jpgIMG_2.jpg
人目につきにくいところほどゴミが溜まりやすく、植え込みや建物と壁の間などはまだまだゴミが散乱していたので、翌日その部分だけ集中的に清掃してきました。 
IMG_3.jpg
小さい子どもも、診察中のお母さんを待っている間、手伝ってくれています。
IMG_4.jpg
また、多目的ホールの建設も、7月末の完成に向けて順調に進んでいる様子でした。
5.jpg
きれいに、新しく、変わっていくヘルスセンターの今後がとても楽しみです。
Taki
posted by resultsjp at 16:12| Comment(3) | ケニア

2019年06月18日

本日の清掃@カンゲミヘルスセンター

日本リザルツケニア事務所では、カンゲミ地区で公衆衛生の改善のために、清掃活動を行っています。
本日もカンゲミヘルスセンターで清掃を行ってきました。
IMG_20190618_093412.jpg
ボランティア、CHV、警察官と一緒に、駐車場を重点的にごみ拾いをしました。
IMG_20190618_114645.jpg
ごみの内容はお菓子の袋や飴などの包みが最も多く、続いて、スナックとしてよく食べられているトウモロコシの芯、ペットボトルの容器などが目につきます。
ごみ拾いをしているそばから、ごみを捨てていく人もいますが、たまに1つ2つごみを拾うのを手伝ってくれる人がいると温かい気持ちになります。
コミュニティと毎月一緒に行っている清掃活動と合わせて、住民が参加してくれるように、私たちも活動を続けていきます。
Taki
posted by resultsjp at 22:47| Comment(3) | ケニア

2019年05月28日

栄養セミナー(詳細編)

日本リザルツケニア事務所では、先週栄養セミナーを実施しました。
タニタヘルスリンクの塚原様にお越しいただき、3日間にわたって、ナイロビ市・ウエストランズサブカウンティ内にある8つの小学校を回った際の様子をお伝えいたします。

5月21日(火)
訪問校:Karura Forest Primary School、North Highridge Primary School
初日は不安もありましたが、学校の先生が計測の記録を手伝ってくださり、スムーズに行うことが出来ました。
また、ウエストランズ保健省の栄養担当、キャロラインさんも参加してくださいました。
1-1.JPG

5月22日(水)
訪問校:Old Kihumbuini Primary School、New Kihumbuini Primary School、Kangemi Primary School、
    Kabete Vet Lab Primary School
朝からWFP職員のジョイスさんも参加してくださり、塚原様や栄養士のぺリスさんと子どもたちへの栄養指導について意見交換もされていました。
2-1.jpg
Old Kihumbuini Primary Schoolではおやつのパンとウジを、Kangemi Primary Schoolでは昼食をちょうど配っており、塚原様はケニアの学校給食を興味深くご覧になられていました。
2-2.PNG

5月23日(木)
訪問校:Lower Kabete Primary School、Farasi Lane Primary School
ケニアでは体操服の着用日が学校ごとに指定されているようですが、この日はどちらの小学校も体操服着用日となっており、日本と同じ条件で計測することが出来ました。
3-1.jpg
1週間で、計171名の子どもたちの身体測定と食事調査を実施しました。その結果、低身長や低体重ばかりではなく、肥満も見受けられ、彼らの健康問題が多岐に渡ることが分かりました。
今回の栄養セミナーを通して、子どもたちに体の成長に気付くことと、バランスよく栄養を摂取することの大切さが伝わっていると嬉しいです。
来月以降も継続して身体測定を実施し、彼らの成長を見届けていきたいと思います。
Taki
posted by resultsjp at 21:14| Comment(4) | ケニア