2020年06月29日

【GGG+フォーラム準備】ボランティアの皆様ありがとうございました!

日本リザルツは2020年7月13日(月)にGGG+フォーラムを開催いたします。
日曜日にボランティアの皆様にも手伝っていただき、事前準備を進めました。この日、作成したのは立て看板、横断幕等、そして凧です!
この日は、デザイナーの田島様がボランティアとして参加してくださいました。マックを使って立て看板や横断幕をきれいにデザイン下さいました。本当にありがとうございました。
IMG_6564.JPG
続いて、立て看板の制作です。
IMG_6603.JPG
この日は、GGG+フォーラムに参加経験がある元インターンの春日さんもボランティアとしてお手伝いくださいました。とても丁寧な仕事をしていただき、ありがとうございました。
IMG_6574.JPG
素晴らしい立て看板が出来上がりました。代表の白須も嬉しそうです。
IMG_6609.JPG
そして、重要なのが凧作りです。今回のGGG+フォーラムはコロナ禍でソーシャルディスタンスを確保するために参加人数を制限します。会場が寂しい...では凧を作ろう!という話になりました。出席者等の顔写真を凧にして会場に飾ります。
IMG_6576.JPG
これは、リザルツ教育基金代表のジョアン・カーターさんの凧です。お休みにも関わらずお手伝いくださった柴田様、ありがとうございました。
IMG_6578.JPG
IMG_6583.JPG
出来上がった凧は一つ一つ袋に入れて会場まで大切に運ばれます。
IMG_6586.JPG
IMG_6621.JPG
皆様、ありがとうございました。
IMG_6611.JPG
M
posted by resultsjp at 14:50| Comment(1) | GGG+フォーラム

2020年06月22日

記事の紹介:グローバルファンドの國井先生(6月22日付、東京新聞朝刊)

622日東京新聞朝刊にグローバルファンドの國井先生の記事が載っていました。


コロナ禍で三大感染症(エイズ、結核、マラリア)の治療薬や診断キット、マラリア予防用蚊帳などの供給が一時、途絶えたなどの問題が生じたことを指摘されていらっしゃいます。


國井先生は「このままだと三大感染症の死者は倍増する恐れもある。新型コロナ対策で人の移動を制限するのは仕方ないとしても、必要な物資の移動は止めず、持たざる国に回していくメカニズムは必要だ」と訴えていらっしゃいます。


日本リザルツは、来月713日月曜日に、東京でGGG+フォーラムを開催します。グローバルファンドからはピーター・サンズ事務局長がオンラインで参加して下さいます。


例年は500人規模の大きな会合となるのですが、今年は、新型コロナウイルスの影響もあり、参加者を100名程度に絞って実施します。ソーシャルディスタンスを確保するためです。今回の100名の参加者のうち、半数近くは学生さんとなる予定です。学生さんと国会議員・政府高官・企業等の対話の場を提供できればと考えています。



M


20200622.jpg
posted by resultsjp at 11:04| Comment(1) | GGG+フォーラム

2020年06月21日

【2020年 7月13日(月):GGG+フォーラム】世界連邦ユースフォーラムの渡邉様が助っ人に

日本リザルツは、7月13日月曜日に、東京でGGG+フォーラムを開催します。
例年は500人規模の大きな会合となるのですが、今年は、新型コロナウイルスの影響もあり、参加者を100名程度に絞って実施します。ソーシャルディスタンスを確保するためです。

さて今回の100名の参加者のうち、半数近くは学生さんとなる予定です。学生さんと国会議員・政府高官・企業等の対話の場を提供できればと考えています。

さて、先週土曜日は世界連邦ユースフォーラム副代表の渡邉様が、弊所にお越し下さいました。
GGG+に関する学生さんへの声掛けについて相談をさせていただくためです。

打ち合わせの際に、即座にツイッター用の文章を作成してくださった渡邉様。てきぱきとした仕事ぶりに感銘を受けました。私もハッシュタグの使い方をおぼえないといけませんね。

世界連邦ユースフォーラムの皆様、引き続きよろしくお願いいたします。

M

posted by resultsjp at 21:40| Comment(2) | GGG+フォーラム

2020年06月19日

2020年7月13日(月)開催「GGG+フォーラム東京:思いやりサミット2020」のご案内

いつもお世話になっております皆様へ

平素より日本リザルツの活動にご理解、ご協力を賜わり誠にありがとうございます。

日本リザルツは2016年からGGG+(グローバルファンド、Gaviワクチンアライアンス、GHITファンド等)フォーラムを、ユニバーサルヘルスカバレッジと持続可能な開発目標(SDGs)の実現に向け、開催してきました。

今年は新型コロナ感染の影響下ではありますが、自粛宣言も段階的に解除になったため、7月13日に「思いやりサミット2020」として、小規模で開催いたします。会の詳細については、添付の開催概要案をご参照願えますと幸いでございます。本来は皆様に参加していただきたいのですが、こうした事情ですので、一般参加者は10名程度に絞らせていただくことをご理解願います。

ご希望の方はGoogleフォーム(https://forms.gle/ySWe76cswobDzWF27)にて、または村井(results.japan@gmail.com)に7月1日(水)午後5時までに次の内容をご連絡ください。ご参加可能な方にご連絡をさせていただければと考えております。
・電子メールアドレス
・お名前、ふりがな
・勤務先、役職名(あれば)
・電話番号(任意)

今年12月17日に従来の規模のGGG+を開催いたしますので、またご連絡をさせていただけますと幸いです。

どうぞ宜しくお願いいたします。

白須紀子(M代筆)

posted by resultsjp at 14:19| Comment(1) | GGG+フォーラム

2019年09月18日

GGG+フォーラム議事録作成

8月29日に開催しました、GGG+フォーラムの議事録を現在作成しています。
日本語のテープ起こしが完了に近づいてきました。

さて、今回のGGG+フォーラムはTICAD7の公式サイドイベントとして行ったのですが、
そのサイドイベント会場の設定は、大きな展示ホールに壁を立てて8つの区画を作り、
それぞれをセミナー会場とする形式でした。
そのため、音は壁を越えて他会場へ筒抜けの状態ですので、他会場の妨げとならないよう、
マイクで拾った音声はスピーカーからは流さず、来場者分用意したイヤホンでしか
聞けないという運用がされました。
それにより、当日はほとんど話を聞くことができませんでした。いつもの会合以上に
議事録作成が勉強になっています。

UME
posted by resultsjp at 20:55| Comment(3) | GGG+フォーラム