2019年04月05日

日本の知見でTICAD7を成功に

ケニアスタッフHildaの投稿を和訳した文をご紹介します。(3月26日付)

GGG+フォーラムは、その成果やその完全性において素晴らしく、主催者は保健の核となる要素に焦点を当てることで人間の尊厳を保持するという最上の動機を持っています。
特に、マラウイのバンダ大使もおっしゃったように、アフリカの開発途上国への支援に重点を置くことで、これまでに大きな成果がもたらされています。
アズマ博士によると、結核との闘いに勝つためにはコミュニティーに根差した手法を取る必要があるそうです。コミュニティーの人たちは誰が結核菌を保持しているかということに詳しく、効果的に対策を進める上で助けとなります。
日本の知見をアフリカへという議題においては、日本の知見をアフリカへ持ち込む際に直面する課題について質問がされました。回答の中には、課題は確かにあるが、日本という特殊な環境で行われたということを考慮して、普遍性がどこにあるのか調べることが道であるというものがありました。
それに加え、実際に現地で把握した各国の事情に合わせることが必要ということも述べられました。
議論がなされた疾病のうち、顧みられない熱帯病(NTDs)について語られることが最も少なく、軽視されているようでした。しかし、少なくともGHITファンドは多くの人に忘れられているものの、開発途上国において何百万という人に影響を及ぼしている病気に取り組んでいます。

Hilda

GGG+フォーラムは皆で作り上げてゆくものだと思います。その自由度と、根っこにある思いという点がGGG+フォーラムの良さではないかと思っています。
UME
posted by resultsjp at 15:45| Comment(2) | GGG+フォーラム

2019年02月05日

GGG+フォーラム東京2018の議事録が完成しました

2018年12月3日に開催されたGGG+フォーラム東京2018の議事録が完成しました。素晴らしい冊子が出来上がりました。政官民一体となったこの素晴らしい事業がわかり易く掲載され、かつ興味深い内容です。また、TICAD7に向けて頑張って行きたいという皆様の熱意がひしひしと伝わってきます。レセプションの和気藹々とした空気、小学3年生の山元翔太くんのかわいい質問など盛りだくさん。現在、発送準備中です。お読みになりたい方は是非、事務局までお知らせください。(まこちゃん)
image.jpgIMG_0104.jpg
posted by resultsjp at 17:43| Comment(3) | GGG+フォーラム

2018年12月06日

GGG+フォーラム東京2018宣言文

12月3日に開催したGGG+フォーラム東京2018において採択された宣言文をご紹介します。
UME


GGG+フォーラム東京2018宣言文

2018年12月3日

日本リザルツは、感染症の抑止とユニバーサルヘルスカバレッジ(UHC)の達成を目指し、2016年からGGG+フォーラムを開催している。一連のフォーラムは、日本国内外のUHCへの関心を高め、G7伊勢志摩サミット、UHCフォーラム2017など日本政府が主催する会議の成功につながるなどの成果をあげてきた。
2019年8月28日から30日にかけて、TICAD7が開催される。TICAD7で重要なアジェンダの1つとなるのが、保健分野である。今年7月にケニア政府と共催で初めて開催したGGG+フォーラムケニア版は、シシリーケニア保健省長官はじめ、Global Fund、Gavi、GHIT Fund、WHO、UNICEFなど、グローバルヘルスに寄与する関係各機関の要人をはじめ、240人がフォーラムに参加し、現地の課題を直接、把握することで、アフリカのUHC実現に向けた課題を明らかにした。
2019年にはG20、TICAD7、2020年には東京オリンピック・パラリンピックに合わせてN4G(成長のための栄養)サミットが開催される。一連のサミットで、日本が国際保健におけるリーダーシップを発揮していくには、日本政府、国際機関、学術界、企業、そして市民社会などが一丸となって取り組みを進めていく必要がある。
以上の点から、GGG+フォーラム東京2018:日本の知見でTICAD7を成功に!参加者一同は、2019年のG20、TICAD7、そして、2020年のN4G(成長のための栄養)サミットを成功させるために、以下を宣言する。


1.日本政府が、結核、HIV/AIDs、マラリア、ポリオ、顧みられない熱帯病(NTDs)などの感染症抑止に向けてリーダーシップを更に発揮できるよう、Global Fund、Gavi、GHIT FundのGGGをはじめとした国際機関、学術界、企業、そして市民社会が、より一層、連携を強める。
2.2020年の東京オリンピック・パラリンピックに合わせて開催されるN4G(成長のための栄養)サミットが成功できるよう、すべてのステークホルダーが協力し合い、栄養・食事に関する取り組みを我が国全体で前進させる。
3.UHCとSDGsの実現にあたっては、日本政府がTICAD7に向けて策定中の「アフリカ健康構想」などを活用しながら、日本政府主導で、官民連携を推進していく。
以上

日本リザルツ
梅木俊秀
長坂優子


20181203_PBOU- gggforumTicad17_0075.JPG

20181203_PBOU- gggforumTicad17_0085.JPG
posted by resultsjp at 17:27| Comment(3) | GGG+フォーラム

2017年10月11日

GGG +フォーラム 皆様 ご参加ご協力ありがとうございました

本日、GGG +フォーラム が無事に終了しました。
IMG_9160.JPG

当日は官公庁、企業、国際協力団体、学校など様々な分野から多くの方が参加し、
意見を交換する非常に素晴らしい機会となりました。
IMG_9204.JPG
IMG_9203.JPG



GGG+フォーラム当日の朝を振り返ってみますと。

日本リザルツのスタッフ・ボランティア・インターンは総動員で
当日の看板準備、資料準備、名札並べ・受付準備と…GGG+フォーラムが始まる前から大忙し!!!!!

IMG_9202.JPGブログ写真.JPG

ブログ4.JPG

IMG_9206.JPG
IMG_9205.JPG





当日、多くの団体の皆様がお手伝いに駆けつけてくださりました。
朝早くからお集まりくださり誠にありがとうございました。
IMG_9201.JPG


今回は官公庁、企業、国際協力団体、学生などの垣根を越えた
多くの方のご支援・ご参加があり、今回のGGG+フォーラムの成功が実現しました。


心より御礼申しあげます。


浅松
posted by resultsjp at 18:39| Comment(3) | GGG+フォーラム

GGG+フォーラム:会場準備

昨日、10月10日はGGG+フォーラムが開催されました。
当日は、一同総出で会場準備。
IMG_5147.JPG
当日のボランティアさんや他の団体さんからもお手伝いいただきました。
A20DE6C0-21EE-48AC-AB4C-F3A6E5DE876B.jpeg

当日の朝に座席の変更など、バタバタしておりまして、ご迷惑をお掛けしたところもあったかと思いますが、400人規模の会議を当日まで数人のスタッフで準備し、ボランティアさんや皆さんのサポートのおかげで無事に終えられて、ホッとしております。
IMG_5160.JPG
また、来場してくださった方が、満足していただけるように準備ができたことと願っております。
みなさま、ありがとうございました。
(大川)
posted by resultsjp at 18:38| Comment(2) | GGG+フォーラム