2018年10月08日

TICAD閣僚会合市民社会フォローアップ

10月6日、7日に開催されたTICAD閣僚会合のフォローアップとして、日本女子会館において会合が開かれ、
来年8月28日から30日に開催されるTICAD 7へ向けた今後の取組みについて話し合われました。
会合には国際連合開発計画(UNDP)から小松原TICADプログラムアドバイザーが出席され、
TICADは大きなイベントで幅広い分野から多数の参加者が集まること、TICADを通じてどのような成果を
求めているかがはっきりすれば、あとはそのために何をすればよいかは自ずと分かるので、サイドイベントの
開催など、積極的に動いて欲しいということ、その際UNDPとしても協力は惜しまないことについて話を
されました。
その後、今回の閣僚会合の結果をどう生かし、TICAD 7につなげて行くかということや、
今回の閣僚会合に際してのアフリカの市民社会組織と日本の市民社会組織との連携について等
話し合われました。
アフリカから来た代表者たちはこれからそれぞれの国に帰って行きますが、これからいよいよTICAD 7への
準備が本格化して行きます。
日本リザルツは、TICAD 7に合わせて、GGG+フォーラムの開催を予定しています。
UME

image1 (2).jpeg

image1.jpeg
posted by resultsjp at 15:29| Comment(3) | TICAD

2018年10月04日

アフリカ開発会議(TICAD)閣僚会合市民戦略会議

本日午前中、アフリカ開発会議(TICAD)閣僚会合が開催される会場の近くにある日本女子会館において開催された標記会議に出席しました。
この会議の目的は、閣僚会合の各セッションには市民組織から10名が同時に参加できるところに市民組織の登録者が30名いるということで、誰がどのセッションに参加するかということを話し合うというものです。アフリカからの参加者もいるなか、まずは10枚の登録証をどのようにアフリカ組と日本組との間で分配するのがふさわしいかを話し合った後、アフリカ組と日本組に分かれてそれぞれ出席するセッションを決めました。
遠くから来ていることや、閣僚会合の参加者がアフリカの代表者による発言を期待しているということもあり、アフリカからの参加者にいくぶん配慮した形になりましたが、私は2つのセッションに参加できることとなりました。それ以外にサイドイベントも予定されていますので、情報収集及び発信に努めたいと思います。
UME

image1.jpeg
posted by resultsjp at 17:54| Comment(3) | TICAD

2018年05月11日

TICADZ支援チャリティーコンサート

次回のアフリカ開発会議(TICAD Z)は2019年に横浜市で開催されることが決定しています。日本リザルツでは開催に合わせて「TICADZ支援チャリティーコンサート」を計画しています。
昨日、コンサートについて説明をするため日本・アフリカ連合(AU)友好議員連盟会長を訪ねました。会長からは、ご協力いただけるという旨のご回答をいただきました。また、大きなイベントを催すのは簡単ではないが、やる以上は日本の人たちにアフリカで今起きていることやTICADについて知ってもらうため、多くの方に来ていただけるコンサートにして欲しいという趣旨のお言葉もいただきました。
このような催しに主となって携わるのは初めてのことですが、大成功に導けるよう頑張りたいと思います。

UME
posted by resultsjp at 15:01| Comment(4) | TICAD