2019年03月18日

国際連帯税:金子宏東京大学名誉教授のごあいさつ(2月25日)

              金子先生.jpg
                   いつも私たちを励ましてくださる金子宏先生

2月25日「国際連帯税アドバイザリーチーム」立ち上げ会合に、昨年文化勲章を受章された金子宏東京大学名誉教授も駆けつけてくださり、参加者を激励しました。その時の先生の「ごあいさつ」を紹介します。

【金子宏先生のごあいさつ】

ただ今ご紹介いただきました、金子でございます。予定の時間を過ぎて、遅れて参上いたしまして、大変失礼いたしました。ここに、先輩であり長年の友人である津島雄二さん(注:元自民党税調会長で国際連帯税創設を求める議員連盟の初代会長)がご一緒してくれました。昨年文化勲章を拝受いたしまして、非常に光栄なことと存じております。これは、租税法という法律、これは他の分野と比べると新しい分野でございますけれども、その分野の理論と体系を構築したということで、拝受いたしました。本当に光栄なことと存じております。

それから、今ご紹介がありました、国際連帯税に関しまして、私は国際人道税と呼んでおりますが、どちらも国際航空運賃に課税をするという点では共通でございます。1998年に日本の雑誌に国際人道税という名称で国際航空運賃に課税したらどうかという提案を含んだエッセイを書きました。そして、たまたま日本に来ておられたハーバード大学のロースクールのオールドマン先生に、こういうものを書いたと話しました。すると、国際航空運賃に課税するという提案は、まだ誰もしていないから、是非とも英語で発表するようにということで、早速アメリカのインターナショナル・タクゼーションに関する雑誌に掲載する手はずを整えてくださいました。私の拙い英語で英訳しましたが、オールドマン先生の弟子で、私の長年の知り合いのラムザイヤー教授が私の英語を見て、必要な訂正を施してくれて、ラムザイヤーさんが翻訳したくれたところ、見違えるほど内容が良くなりました。そして、それがアメリカの雑誌に載りました。

2006年でしたか、2000年代に入ってから、フランスの旧植民地の色々な人道問題を援助しているNGOを通じて、シラクさん(注:当時のジャック・シラク仏大統領)に対して強力に国際人道税を導入して、国際航空運賃に課税をすべきだと、そしてフランスの旧植民地においてマラリア根絶などの費用に充てる為に導入したらどうかと働きかけをしたようであります。シラクさんは最初反対しておりましたけれども、説得の結果導入されたようでありますが、フランスで導入されたものが、フランスの旧植民地に使うということで、UNICEFなど国際組織に寄付をするという私の提案とは違い、フランス政府の手で使うということになったようです。その後、いくつかの国と連帯して、共同で色々な事業に使っているようであります(注:UNITAID・国際医薬品購入ファシリティという国際機関を設立し、途上国の感染症対策のための医薬品等の購入を行う)。

私は、国際航空運賃というのはどこの国も消費税をかけることができないという理由で、つまり国外の消費でありますから、消費税の対象にならないためどこの国も課税してこなかったのでありますけれども、色々な宗教対立とか人種間の紛争とか、それによって子ども達が悲惨な目に遭っているという状況に照らして、今までどこの国も課税できないとして課税してこなかった国際航空運賃に課税をして、その税収をUNICEFに寄付して、UNICEFの手で色々な国でひどい目に遭っている子ども達の救済に充てたらどうかと考えた訳であります。

いくつかの国で、シラクさんが採用した国際連帯税という制度を採用している訳ですけれども、先ほど申しましたように、私の提案とは徴収した国が使うのか、それを国際組織に寄付をして国際組織の手で色々な、例えば国境なき医師団とか、国際的な活躍をしている、経験のある組織にお金を出してそしてそれを子ども達の救済に充ててもらうのかという違いがあるわけでありますけれども、私は今の国際連帯税がやがて税収を各国が使うのではなく、国際組織に使ってもらうというようになっていくといいなと考えています。

ですから、国際連帯税と国際人道税は決して違うものではなくて、私が同種の租税が将来的には徐々に国際人道税に発展してゆくことを期待している訳であります。国際連帯税に反対するわけではなく、むしろその発展に少しでもお役に立つことができればというふうに思っている次第でございます。歳を取ってしまいましたけれども、できる限りでご協力をしていきたいと思っております。ちょっと長くなりましたけれども、以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。(大きな拍手)

(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)
posted by resultsjp at 16:02| Comment(3) | 情報

第3期プロジェクト対象学校の現場確認 Part 2

日本リザルツケニア事務所では、今期プロジェクトの一環として、ナイロビ市カンゲミ地区での公衆衛生環境改善に取り組んでいます。

LIXIL社のSATOのトイレを設置する学校では、手洗い啓発・推進プロジェクトも行います。
サラヤ社の石けんを子どもたちに試してもらい、手洗いの重要性について実践的に学んでもらう予定です。
これは、国連が掲げているSDGs(持続可能な開発目標)の6番目「安全な水とトイレを世界中に」ともつながりがあります。

ちょうどお昼ごはんの時間だったため、子どもたちが仲良く手を洗っている姿も見ることができました。
P_20190312_125208_vHDR_On.jpg

この学校では、お昼ごはんの前にきちんと手洗いが実施されていました。
しかし、液体石けんを使っていなかったので、サラヤ社の石けんを導入して、手洗いをするとより効果がでそうです。

また、別の学校では、校庭の脇にキッチンガーデンを設けていました。
植物を育てることで、食品や栄養への関心も高めているそうです。

P_20190312_102726_vHDR_On.jpg

各学校がそれぞれ特色ある取り組みをされているので、非常に勉強になりました。
百聞は一見に如かずといいますが、やはり、実際の現場の様子を教えていただくのが、一番の勉強だと思いました。

P_20190312_113838_vHDR_On.jpg



SoH
posted by resultsjp at 15:48| Comment(3) | 情報

2019年03月17日

どーらのケニア珍道中2

今週も霞が関がやけに静かだ…
そう思っている皆さん、そうです。
霞が関の魔法使いどーらこと白須は、3月3日から15日までケニアに滞在していました。
今回も職員の面談、関係機関や大使館との打ち合わせなど分刻みのスケジュールをこなしていました。

美味しいものが大好きのどーら。ケニア滞在中にはホテルのコックさんにチャーハンの作り方を教示していました。
20190310_153802.jpg20190310_153937.jpg
どーら考案の生姜焼き定食
生姜焼き.jpg
どーら監修のラーメン
ラーメン.JPG
現地スタッフとの懇談会も設けました。
20190314_133502.jpg

20190315_105646.jpg
(はるか)


posted by resultsjp at 01:04| Comment(3) | 情報

2019年03月15日

ユニセフ議員連盟・世界の子どもたちのためにポリオ根絶を目指す議員連盟合同会合の集客作業―「縁」の大切さへの気付き

東京チームは先週月曜日から、3月26日(火)に開催されるユニセフ・ポリオ合同議連の集客業務に注力を注ぎました。先週一杯と今週半ばまでの約10日間で、会場のキャパシティーから120名を集客しました。
今日現在、なんと131名ものご登録をいただいています。
今回は、開催日まで準備期間が短いことから、東京チームは全員参加型の対応をとることとなりました。チーム長は代表代理を努めた坂崎氏、梅木氏は具体的な実施事項の立案、筆者は、500人の参加者を獲得した昨年12月のGGG+フォーラム参加者に対する一斉通知や集客作業を行いました。
特に第一週目は、スタッフだけでなく、諸作業で多忙にも関わらず、ボランティアの門井氏及び藤崎氏が積極的にお手伝いをしてくださいました。個人的なつながりの友人を含めて次々と参加者の確認を頂いたことは我々スタッフの励みになりました。
筆者は、日本リザルツの連絡リストに載っている方への周知をまず行い、GGG+フォーラム、国際連帯税アドバイザリーグループ、栄養議連会議参加者など、直近のイベント参加者に絞って、率先して電話作戦を行いました。大きな声を一日中聞かされて、同室の皆さんは、さぞやうるさかったのではないでしょうか。

今回は、門井氏作成のGGG+フォーラムの受付名簿が大きな武器となりました。個人の知り合いはもちろん、今回の議連の主要目的への関心度合いを鑑みて、目的(Objective)と参加のメリットを丁寧に説明することで皆様の理解を深めつつ、参加獲得を達成すること(Action)に務めたつもりです。電話を継続するうちに、自分の話し方に少しずつ変化があるのに気が付きました。当初は固くて事務的な話法でしたが、感情をうまく入れ込めるようになった(Empathy)と思います。最後の数日は、細かい話ではなく、端的に「今こそポリオ根絶のときです。分野の違いやマーケット性を越えて、ポリオの根絶にご協力ください!一緒にやりませんか!」と叫んでいました。ポリオの会様ご編集の「ポリオの会ニュース」の中に、患者様が後遺症と闘われる中で前向きに日々過ごされているとのお話がありました。それに感動する中で、筆者の心から自然に出てきた心の叫びです。

面識のない団体・人との説明には特に気を遣いました。丁寧に説明しましたものの力足らずで今回は無理という方々が続いた時に、会員様にまで声掛け頂いて、本部事務局総出の勢いで多数参加頂いた国際ロータリー日本事務局の皆様、また、GGG+フォーラムに続き今回もまた創価大学法学部の皆様に大きなご支援を頂きました。更には大学時代のボート部の友人やリザルツに頻繁に来られて互いに緊密な関係にあって縁の深い方々、リザルツの理事様、総会ご出席の方々から応援のメッセージ付きでの参加表明を貰った時は嬉しかったです。獲得スピードが鈍った時の元気の素となりました。日々の業務の中で会った人たちとの縁を深めることの重要性を痛切に感じています。会議当日、改めて挨拶できるのが楽しみです。

今回は、自分にとって「ポリオ」というやや重たいテーマが扱われますが、前を見て進むことが大事だと思いました。本番までまだ10日あります。参加者の更なる獲得と参加予定の皆様へのリマインドコールなど行うべき業務はまだまだあります。いつの間にやら長文ですが、以上です。
                                     MK

IMG_2406 (3).jpg
posted by resultsjp at 20:06| Comment(3) | 情報

運動靴ありがとうございます。

 日本リザルツの事業へのご協力に感謝申し上げます。今朝も運動靴を多数お送りいただきました。事務所のキャパには制限がございますが皆様のご協力を受け入れるリザルツのスタッフの心のキャパは無限です。午後には回収する運動靴の内容について問い合わせのお電話も頂戴いたしました。我々の活動への関心の高さに驚き、また皆様に感謝を申し上げます。回収に当たってのルールを再度ご連絡申し上げます。
IMG_20190315_155418 (1).jpg
■対象シューズ
・布製・人工革素材の運動靴あるいはスニーカー
・靴ひもが切れていないこと
・ソールがはがれていないこと
・まだまだ使えて走り回れるもの (穴が空いてないもの)
■対象外シューズ
・革靴 
・スパイクなどがついたサッカーシューズ
・ローラースケートなどがついたもの 
・破損しているもの
・左右が違っているもの 
・ビーチサンダル
・長ぐつ、上ばき、体育館シューズ(バレーシューズは不可、スニーカーはOK)
■お願い
・シューズは必ず洗っていただき、しっかりと乾燥させてください。
・シューズの内側(左右ともに上からすぐに見えるように))油性マジックインキでサイズを明記してください。
・透明、半透明のビニール袋に1足ずつ包んでください。
・幼児から大人まですべての靴の送付が可能
以上 勝手を申しますが何卒ご協力のほどをお願い申しあげます。(まこちゃん)
IMG_20190315_151729.jpg
posted by resultsjp at 15:43| Comment(3) | 情報

白須代表2週間ケニア滞在中の代理として

 ケニア滞在が2週間となり当初の1週間の代理から2週間となりました。私は代理として何もできませんでしたが、梅木リーダー頑張りのもと、小平部員が体育会系のノリで大活躍。素晴しい交渉術で3月26日の合同議連のご案内は早々と完了いたしました。二人の頑張りに感謝いたします。
 我々、3人トリオは代表のいない間の日本リザルツを守る三銃士として頑張りました。
ご褒美はケニアの中華、白須フライドライスをたらふく食べることにしました。(まこちゃん)
IMG_20190315_145502.jpg
posted by resultsjp at 15:09| Comment(3) | 情報

2019年03月14日

バイオバーシティ森元氏訪問

みなさま、こんにちは。
今日のナイロビは風が涼しくてとても気持ちいいです。

さて、先週の金曜日、栄養専門家の味の素ファンデーションの栗脇氏とタニタヘルスリンクの戸澤氏と
白須代表と共にバイオバーシティの森元氏を訪問しました。

森元氏が研究されている、FFQ(食事摂取頻度調査票)や成分分析表のケニア版についてご説明を頂き
栄養専門家のお2人と課題や可能性について意見交換をされ、たくさんのアイディアが飛び交いました。
キッチンガーデン(ケニアの地方の人は冷蔵庫を使用せず、家庭の庭で食べ物を管理している様子)については
生活の知恵が詰まっており、これから研究を更に進めていくとのことで、私も大変興味深く拝聴いたしました。

3761DEFF-0DAE-40A2-AAB3-F661D8FE0A55.jpeg

森元氏と共同研究されている学生さんから改めて現場の状況をお聞かせ頂く機会を頂戴したので、
また改めてこちらでご報告いたします。

Taki

posted by resultsjp at 18:36| Comment(3) | 情報

GII/IDIに関する外務省/NGO懇談会

本日、外務省において開催された「第143回 GII/IDIに関する外務省/NGO懇談会」に出席してきました。
今回は、タイ王国バンコク都で開催されたマヒドン王子記念国際会議(PMAC)のサイドイベントの報告、グローバルファンド増資準備会合に向けた市民社会及び日本政府の動きについて、G20及びC20の保健作業部会の動き、2018年ワールドマラリアレポートの共有と続き、筆者は最後の内容となる、2月14日に開催された国際母子栄養改善議員連盟について報告しました。実際は、議員連盟の前後に行われた各種会合や省庁等訪問を含めた2月13日、2月14日両日の活動についての報告となりました。説明に使用した資料を示します。

スライド1.JPG

スライド2.JPG

いざ話し始めると当日のことが思い起こされ、改めて色々あった2日間だったと思いました。
UME
posted by resultsjp at 18:30| Comment(3) | 情報

アドボカシー演劇

 先日ご案内いたしました戯曲が完成に近づいてきました。今週の土曜日に仲間とチェックして関係者に配る予定です。題名は仮ですが「一万三千足プラス千足のもったいないがケニアのすなのみ村に行く」です。ボランティア活動を通じて崩壊した家族が一つになるというストーリーになりました。
 この作品を通じてアドボカシー演劇の可能性について演劇仲間たちと議論したいと思います。アドボカシーのテーマを演劇の力で未知の観客に伝える。その後に、専門家のレクチャーやディスカッションを行うことができるのか、可能性を探っていきたいと思います。
 この作品は必ず公演します。乞うご期待!

IMG_20190314_103543.jpg

posted by resultsjp at 16:08| Comment(3) | 情報

2019年03月13日

第3期プロジェクト対象学校の現場確認 Part 1

昨日、ウェストランド保健省のご担当者のお二人と建築専門家の2人、日本リザルツケニア事務所メンバーで、公衆衛生改善に向けたトイレ・手洗いプロジェクトの対象となる学校の現場を確認しました。
学校ごとに今までの取り組みや周辺環境が違うため、それぞれの学校の先生方に改めてお話を伺いました。
特に、ナイロビ市は上下水道が完備されていない中で、水資源の管理に大きな違いがあることがわかりました。
「トイレを衛生的に使うのにも、用を足した後に手を洗うのにも、まずは水がないことには始まらない」ということで、問題の切実さがわかりました。

P_20190312_100052_vHDR_On.jpg
P_20190312_112322_vHDR_On.jpg

私たちのプロジェクトでは、カンゲミ地区の子どもたちが@トイレの導入や利用方法、そしてメンテナンスの仕方を身につけることと、A環境整備により手洗いが習慣になることを中心に取り組んでいきます。
現場では、「水道の蛇口はあるけれど水は出ない」、「トイレと手洗い場が歩いて100mほどの距離にあり、設計時に導線がよく考えられていない」という様子でした。

P_20190312_113628_vHDR_On.jpg
P_20190312_103406_vHDR_On.jpg

「日本や諸外国の支援で設備を導入する。だけど、自分たちが継続して管理やメンテナンスをするというのは別の話」というような気持ちを持ってしまうと、いい循環は生まれません。
一緒に仕事をしていく中で、一番難しい問題かもしれません。

P_20190312_112750_vHDR_On.jpg

SoH
posted by resultsjp at 14:21| Comment(3) | 情報