2017年05月15日

「区別」と「差別」 あれこれ補遺@

「区別」と「差別」という文章を少し長く書かせて貰った。
その際、「人種」という言葉を、判っていながら不正確に使ったことを明記しておきたい。
ホモサピエンスとしての人類は、たとえ外観が多少は違っても、遺伝的にほぼ相同であって複数の種に分化しておらず、所詮は一つの「種」でしかなく、「人種」という言葉そのものが学問的には不適切であると言う点。古くから使われている、コーカソイド、モンゴロイド、アングロ・サクソンなどの表現も、「人種」を特定する意味は持ちえない。つまり、人類学的に見て、人間に「人種」という「区別」は無いと言う点である。
それなのに、人間は敢えて「区別」を探し、「差別」を生み出す厄介な動物の様だ。
そうした特性を表現する意味で、人間がわずかな「差」を問題にする性向を表現するために、学問的な正確さを無視して「人種」という言葉を使わせてもらった。「人種差別」は歴然として存在するが、実は「人種」は存在しないという点は、明確にしておきたい。

先日、大学の物理学の教授が「原子核の周りの軌道を電子が高速で回転している」と新聞に記していた。一般向けの解説だから単純化して説明したのだろうが、量子力学的には、電子が原子核の周囲を回っているとは言えないので、学問的な正確さは欠いている。ただ、イメージを伝えるのには便利な表現だ。
例えば、炭素は、外郭電子が3p軌道を回っており、その電子が他の原子の外郭電子とペアを作ることで結合する。3p軌道は、酸素や窒素、水素等と電子軌道のペアを作りやすく、かつ、常温・常圧で適度に安定しやすい。だから、炭素を骨格として、アミノ酸が形成され、複雑な立体構造のタンパク質を産み、生命を構成するようになった。こうした特性の元素は炭素とケイ素しかなく、生命体が存在するとしたら、ケイ素生物か炭素生物しか考えられないと言われる所以である。
地球上の生物の存在は、炭素(Carbon)の3p軌道(Orbit)を抜きにしては語れない。だから、ジョージ・ルーカスは、スターウオーズに登場するヒューマノイドにC3POという名前を付けた、というのは良くできた冗談である。
(中)

posted by resultsjp at 21:54| Comment(1) | 情報

【速報】参議院決算委員会で石橋議員、国際連帯税につき質問

              石橋議員A.JPG

本日(15日)の参議院決算委員会で石橋通宏議員(国際連帯税創設を求める議員連盟事務局長)が国際連帯税について質問をされました(他にODA全般)。

・石橋議員:SDGsの資金ギャップは2.5兆ドルと言われている。資金を増やすには(ODAのほかに)国際連帯税や革新的資金調達メカニズムという構想もある。世界のリーダーとしての日本というなら、国際連帯税実現含め資金増を行うべき。

・岸田外務大臣:国際開発資金を確保するためには財政もさることながら、民間資金も含めた幅広い調達が必要。その中で国際連帯税も有力な手段であると外務省は認識している。平成22年度より外務省は税制改正で国際連帯税を要望し続けている。具体的にどうするかだが、昨年度外部のシンクタンクに具体的な制度設計につき委託調査してもらった。この調査結果を踏まえ、国民と関係者の理解を得るための努力をしていく。外務省としても私個人としてもぜひ国際連帯税導入に向け前向きにしっかりと取り組みを続けていきたい。

・石橋議員:委託調査の結論は3月に出ているが、次なるステップをどうするのか。大臣としての責任で次に進むことを確約すべき。

・岸田外務大臣:調査に制度設計をお願いしたのだから、その答えを踏まえながら具体的取り組みを進めていきたい。

詳細は、参議院インターネット中継の「5月15日参議院決算委員会」をご覧ください(2:12:16より石橋議員の質問)

(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)
posted by resultsjp at 21:36| Comment(2) | 国際連帯税の推進

5.7研究会「SDGsとグローバル連帯税を考える」報告

                研究会「SDGsとグローバル連帯税を考える」.JPG

5月7日東京医科歯科大学のセミナー室で第1回研究会「持続可能な開発目標(SDGs)とグローバル連帯税を考える」を開催し、ちょうどセミナー室が満杯になる35人が参加し、熱い議論をたたかわせました。

冒頭、田中徹二・グローバル連帯税フォーラム代表理事が、「今回の第1回研究会はクラウドファンディングによる企画である。SDGsとグローバル連帯税のそれぞれの第一人者をお招きした。じっくりお話を聞き議論していただくことを期待する」とあいさつ。

さっそく稲場雅紀・SDGs市民社会ネットワーク代表理事と金子文夫・横浜市立大学名誉教授からSDGsとグローバル連帯税についてそれぞれ講演していただきました。当日使用したパワーポイント資料を送ります。

「SDGsこの一年 そして今、すべきことは?」…稲場雅紀・SDGs市民社会ネットワーク代表理事

「グローバル連帯税の可能性」…金子文夫・横浜市立大学名誉教授

お二人のもっとも肝となる点を一つずつ紹介します。まず、「SDGsは17のゴール169のターゲットがあるが、これを二言で表わすと、@世界から貧困をなくすこと、A“つづかない世界”を“つづく世界”に変えること、と言える」(稲場氏)。

また「今日のグローバル化した社会において、地域社会には地方税があり、国家には国税があるように、グローバル社会にはグローバル税が必要だが、地球的規模の課題が山積しているにも係わらずそのような税はない。今こそ国民から地球市民へと意識転換させ、グローバル連帯税を目指さなければならない」(金子先生)。

講演の後パネル討論を行いました。この討論で質問意見が相次ぎ熱い議論をたたかわせ、予定時間を30分オーバーしてしまいました。

その中で、ひとつだけ議論の内容をお知らせします。

【質問】「一般の人の理解では、アフリカでは戦争や飢餓が続き、また政治的思惑もありいくらお金を出して支援しても(改善が目立たなく)虚しいと思われている。しかし、“(ODAやグローバル連帯税による)お金で解決する部分があるのだよ”という周知が必要だと思うがどうか」。

【稲場氏の答】ミレニアム開発目標(MDGs)はアフリカならびに途上国に教育、保健、ジェンダー等社会開発にお金を投入することによって(貧困根絶等をめざしたがそれが)どうなったか。実はアフリカでは圧倒的に紛争が減少してきている。現在熱い戦争が行われているのは、ソマリア、南スーダンそしてソマリアとナイジェリア北東部のイスラム聖戦が行われているところだけ。

かつては貧しさをバックに戦争が起きていて、例えば最貧国のアンゴラでは90年代から2003年まで延々と戦争を行っていた。シエラレオネでもリベリアでもその他でも。ところが、今日多くの国が戦争から脱却することができてきている。その結果、(資源価格高騰や先進国からの投資もあり)経済発展が全体のトレンドとなっている。つまり、(MDGs以降お金が投入されたことにより)実際に成果が上がっている。

これはHIV/エイズのことでも言えることであり、今や1600万人が治療を受けることができるようになっている。

一方、戦争が拡大しているのは中東地域であり、これは2003年の米国のイラク侵攻以降、中東の社会開発の取組みが全部ぶち壊された。MDGsの悲劇である。

いずれにせよ、(中東のような先進国の間違った政策がない限り)「支援金を投入することによって解決する部分が確かにある」のであり、このことを(日本社会に)きちんと伝えていかなければならない。

(報告:田中徹二グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)
posted by resultsjp at 00:16| Comment(2) | 国際連帯税の推進

2017年05月12日

ナイロビ生活vol.12 "マルチステークホルダー会合編"

皆さま、こんにちは。白石です。

前回のブログナイロビ生活vol11はこちらから
ナイロビ生活Vol11"カルヴィンと大親友になろう編"

5月10日にマルチステークホルダー会合を開催いたしました。

===

C_czizEWsAEF7jb.jpg
ナイロビ市郡保健省から医師のDr. ASMA

C_czjeLXoAA_JVI.jpg
ウェストランド準郡保健省から我らのスタッフのZafarani

まずは彼女たちからコメントを頂きました。
Dr. Asmaからはナイロビ市郡として結核の問題をどのように捉えているのか。それだけではなくスラム街における「公衆衛生状態」と「結核を含む感染症」との関係性を専門的な目線で発言されていました。

C_jhnHxXoAEKKrM.jpg

次はカンゲミの地区長からコメントを頂きました。
カンゲミ地域におけるCHVの活動には、地域にとって非常に大きなインパンクトがあると発言され、今後もCHVの活動を地域として歓迎し応援すると発言されました。

C_jhoKKXYAAQiGM.jpg

最後はCHVsから、各ユニットの代表、計4名が登壇しました。
各ユニットでのチャレンジと抱える問題に対する改善点を分析し、今後3ヶ月のプランも発表していました。

C_jhnouXsAE2vSh.jpg

最後はお決まりのダンスです。

===

ダンスが終わった後で私も3分だけ時間を貰いました。
お金と時間の価値について、簡単に話してみました。

どちらもものすごく価値があり、重要なものです。
しかし決定的に違うことがある。平等であるか、不平等であるかです。

数ヶ月前にOxfamが公表した報告書を例にあげました。
-Just 8 men own same wealth as half the world
https://www.oxfam.org/en/pressroom/pressreleases/2017-01-16/just-8-men-own-same-wealth-half-world

私はお金の価値ほど気付きやすく、扱いやすいものはないと思っています。だから人はお金のために必死に動きます。

しかし、私は時間の価値もとても重要だと思っています。

今日が5月10日、あと3ヶ月で今年度の事業は終了します。残り3ヶ月、たった3ヶ月です。90日間、2160時間です。
この時間を我々にとって価値のあるものにできるかは、それは我々が時間の価値を認識できるかにかかっています。

===

次回はナイロビ生活vol.13 "結核患者と会いました編"を更新いたします。

しらいし
posted by resultsjp at 00:41| Comment(3) | 情報

2017年05月11日

HPLFに関するNGO・外務省意見交換会プログラム

11日、HPLFに関するNGO・外務省意見交換会プログラムが開かれました。
多くのNGOが参加し、闊達な意見交換が行われました。

私も出席し、以下のコメントをさせていただきました。


困っている人の声なき声を拾うこと。これが誰一人取り残さない社会(SDGs)の真髄です。
絶対的貧困層のケニア・エスンバ村には、薬はもちろん水も食べ物もありません。
スナノミ症もまん延しています。
人々は絶望の淵に立ち、子どもたちには笑顔がありません。
5月16日に日本リザルツの代表白須と私は日本を出国し、このエスンバ村に行ってきます。

こうした人たちに目を向け、手を差し伸べることが必要なのではないでしょうか?
思いやりのある世界の実現に向け、皆様には、現地を見て、生の声を拾っていただきたいと願っています。


外務省での会議後は、経済産業省の前で行っているつなみ募金に合流。参加されたNGOの皆様も、丁度、つなみ募金の実施場所を通られたので、チラシをお渡しし、活動を見ていただきました。
今度は皆様と一緒にチラシ配りアドボカシーしたいですね!
(はるか)
posted by resultsjp at 16:34| Comment(3) | 情報

弁護士会館前にてチラシ配り

気温が上がり、日差しが強くなってきましたね。

さて、本日は、霞が関の、日本郵政や弁護士会館前にて、らぽーるのコミュニケーションセミナーのチラシ配りをしてきました。

IMG_9471.JPG

セミナーに参加されずとも、離婚の際に子どもの幸せを第一に考えることや、ADR(裁判外紛争解決手続き)などの方法があったりすることを、一人でも多くの方に知っていただけたら嬉しいです。

IMG_9470.JPG

弁護士会館前にてチラシ配りをしていると、日本橋さくら法律事務所の上野晃先生が通りかかり、応援してくださいました。
ありがとうございます!
(大川)
posted by resultsjp at 14:43| Comment(3) | らぽーる

2017年05月10日

「差別」と「区別」 その4

日本での新たな「差別」の発生を考える上で、気になるのは日本語の特性に起因する現象だ。
英語の「I」と「YOU」のように、ギリシャ・ローマ系言語は、単純な一人称と二人称を使う。ところが、日本語の場合は、一人称をとっても、「私」「わたし」「わたくし」「ぼく」「俺」「吾輩」「小生」「自分」など多種多様。自分の産まれ育ち、状況における自分の立ち位置と、話す相手との関係によって使い分けがされる。つまり、周囲との「関係性」で言葉を使い分けている。
二人称も同様。
日本人は、無意識のうちに常に相互の「関係性」を考えざるを得ず、また一人称、二人称の使い分けによって話し手の立場を推察する。
かくして、周囲との「関係性」に鋭敏になる結果、周囲との微妙な「差」を嗅ぎ分けることに敏感になり、矮小な「差」が「区別」を産み、「差別」に繋がり易くなっているのではないか。加えて、他国に比して均質な社会の中で、「関係性」を意識せざるを得ないから、余計に微妙な「差」を探し出すことになる。
日本の社会の分断は、こうした日本語の特性も一因となっているのではと思うと、「差別」の解消の道はまことに険しいと言わざるを得ない。
余談になるが、欧米の小説には、語り手の年齢や性別が最後まで判らない小説もある。日本語では非常に短い小説しか通用しない手法だろうが、アングロサクソン言語では長編が成立することを考えても、日本語の「関係性」意識の強烈さが頷けよう。
とはいえ、日本語の呪縛から逃れるすべは無く、「関係性」意識が「差別」に繋がらぬ様に、自らを意識的に律するしか方法は無いのかもしれない。
(中)
posted by resultsjp at 22:43| Comment(2) | 情報

「差別」と「区別」  その3

前項で、社会が均質化していくと、僅かな「差」が今まで以上に意識され、それが、「区別」に、そして「差別」にまで進行し易くなると書いた。
日本の外を眺めてみると、本来は文化的にも経済的にも近いばかりか、西欧化の洗礼を受けてますます似てくるはずの日・中・韓の三国の関係は、改善する兆しが見えない。むしろ、三国間の心理的距離は、次第に離れてきている様に思う。韓国の新大統領の選出も、関係改善に訳に立つかどうか。
日本の内を見ても、従来から問題になっている各種の「差別」に加えて、「東北大地震から避難した子どもに対するいじめ」や、「公園デビューをする母親の仲間外れ」など、僅かな「差」を原因とする新種の「差別」が発生している。おそらくは、微細な「差」を理由とする「社会のクラスター化」が進行しているのではないか。そうした「区別」に経済的な「格差の拡大」が加わって、社会の分裂が進行しているようだ。
社会が均質化して、国家や個人間の「差」が現実には減っているというのに、「区別」が意識され、社会的「差別」が減らない。グローバル化と情報社会の到来は、必ずしも社会の分断の溝を埋められず、むしろ、社会を小さな単位に小分割し、社会から疎外される(と感じる)人を大量に産み出していく。それでいて、文化や個性はますます均質化し、多様性の維持を訴える声は次第に大きくなってきている。
「差別」の問題は本当に難しい。それも、均質社会の中での僅かな「差」を問題とする「似た者同士の区別」が「似た者同士の差別」にまで発展しまうことで、「差別の解消」はますます難しくなってきている。その結果、本来なら「人種差別」など発生するはずのない比較的均質な社会においても、「人種差別」に該当しそうな「差別」が発生し、人間関係の大きな壁として立ちふさがっている。
かつては「人種」という明白な差による壁は、壁の内側では一定の同質性を保障していたと言うのに、今では矮小な「差」に起因する「ミクロな人種差別」の壁が、社会を縦横無尽に切り裂いているのを感じる。民族的多様性には乏しい日本でも、新たな種類の「人種差別」が多方面で多様に発生しているようだ。外観からも「差」が明らかな「年齢」や「性別」の壁が時代と共に低くなっているのを感じるのに、こうした判別しにくい「人種」の壁は、乗り越えるのが非常に難しく感じてしまう。少なくとも、特効薬は無さそうだ。(続く)
(中)

posted by resultsjp at 22:10| Comment(1) | 情報

ケニア議員団来日

本日夕方、ケニア国家議会の中にある「院内規制委員会」のメンバー8名が、第一衆議院議員会館を
訪れ、日本アフリカ連合友好議員連盟会長の逢沢先生はじめ、同連盟の議員の方々と会談された。
今回訪日の目的の一つは、日本の国会の仕組み、運営方法や予算作成などについて、調査し自国の
制度に反映させることと思われる。ケニアでは2010年に立法・行政機関の制度が大きく変更になり、
国会も二院制(国民会議と上院)が取り入れられた。そのため会談中、ケニア側議員から多くの質問が
投げかけられた。予算作成時の国民の意向をどのように対処するか、女性の地位向上、社会進出への
支援対策などについての質問が出た一方で、自民党の強さや長く議員を務められる理由も、聞かれて
いた。ここで何故会談の内容を報告できたか、即ち会談に同席していたか説明する。話は会談から
離れるが、リザルツが現在ケニアの過疎地で、住民に甚大な被害をもたらせている“スナノミ症”対策の
一環として、使った靴を回収しケニアに送る運動を展開しているが、通関手続きや関税が大きな課題と
なっている。大使館や政府機関にいろいろ掛け合っている中、今回の議員団訪日の機を捉え、スナノミ
症への関心と通関手続きへの配慮を直接訴える機会を、逢沢先生の有難いご厚意により、与えていただ
いた。また、会談中に三原先生から、同席していた私たちをケニアの議員の方々に紹介していただいた。
これによって持参したスナノミ症の実態や結核予防・啓発活動の写真を見ていただくことができた。
全く予期していなかった、また非常に良いタイミングで直接ケニアの議員に話を聞いていただいたこと
に感謝したい。また、ケニアでは今年8月に総選挙が実施される。今回のメンバーの方たちが再選され
我々の活動のより良き理解者となることを期待する。

IMG_1706.JPG

IMG_1713.JPG

IMG_1716.JPG

局チョー
posted by resultsjp at 21:06| Comment(1) | 情報

逢沢先生がリザルツを訪問されました!

昨日9日、逢沢一郎先生がリザルツ事務所を訪問されました。

リザルツでは、運動靴回収事業、Q&AAA(トリプルエー)+プロジェクトを行っており、今までにもケニアへの出張の際には、スーツケースに入るだけの靴を届けてきました。会議室の一部を占領している皆様から送られた靴を一度まとめて、今月ケニアに輸送する予定ですが、その前に逢沢先生が見学にみえました。

IMG_0254.JPG
靴整理のボランティアの方々も一緒に。
(か)
posted by resultsjp at 10:45| Comment(2) | 情報