2018年11月05日

BABY BREAST MILK BANK OPENED IN KENYA

milkkkk.jpg

Kenya has tapped into the practice a baby milk bank with a mission to save a particular group of babies.

This is in line with World Health Organisation (WHO) recommendations that “when a mother’s own breast milk is not available, the alternatives are either expressed breast milk from a donor mother or formula milk.”

This is a reality as the first human milk bank in the region being set up in Kenya is almost complete, at the Pumwani Maternity Hospital.

The concept follows closely the blood bank model and targets newborns who for one reason or another cannot access the mothers’ milk.

The decision to give human milk from the bank will be done through prescription by a doctor.

Some of the newborns targeted include pre-term babies and babies whose mothers for one reason or another cannot produce milk after birth. The project is a partnership between the government and PATH, an international organisation working in health innovations.

Angela Kithua, the programme officer human milk banking at PATH, says that newborns are recommended for breastfeeding within the first hour after birth. “But research shows that 44 per cent of mothers are separated from their babies immediately after birth, thus denying them the critical first hour of breastfeeding,” says Kithua.

Apart from this, pre-term babies will benefit from this initiative bearing in mind that pre-term births are the leading contributors to neonatal mortality in Kenya. It is estimated that 188,000 babies are born prematurely in Kenya.

Last year, the Ministry of Health launched guidelines on screening of human milk in the Kenya Human Milk Banking Guidelines 2017. The guidelines state: “All prospective donors are screened to ensure the safety and optimal quality of donor human milk.

Privacy and confidentiality should be maintained throughout the entire process to protect the prospective donor.” The potential donors will be screened for chronic illnesses and conditions even as their medical history is assessed.

Dr Jackson Kioko, Director of Medical Services at the Ministry of Health, asserts that this is one of the best interventions to solve nutritional challenges among newborns who cannot access breast milk.

“Of all child health interventions, human milk has the greatest potential impact on child survival but sometimes the most vulnerable infants, particularly pre-term, low birth weight and critically ill infants, have no access or have insufficient access to their mother’s own milk due to a multitude of associated factors such as maternal illness, death, disability or delayed lactation,” says Dr Kioko.

WHO notes that 20 million infants are born with a weight of less than 2.5kg, with nine out of 10 of these in developing countries. This predisposes them to growth retardation, infectious diseases and an increased probability of death during infancy and childhood.

The milk bank set up at Pumwani is almost complete with the lactation, pasteurisation and counselling rooms, and other essentials like clothes already in place.

Abuta
posted by resultsjp at 17:03| Comment(3) | 情報

[締切間近]GGG+フォーラムのご案内

GGG+フォーラムの登録の締切が11月8日(木)に迫ってきました。再度、皆さまにご周知をさせていただきます。

日本リザルツでは、12月3日(月)ルポール麹町にて「GGG+フォーラム東京:日本の知見でTICAD Zを成功に!」を開催する運びとなりました。

このフォーラムは、UHCとSDGsの実現に向けた日本政府のリーダーシップを加速させるために2016年から実施されているものです。今年7月、ケニアで開催したGGG+フォーラムは、ケニア政府とに共催で計240人もの方に参加いただきました。
今回のフォーラムは、2019年8月に開催されるTICAD Zに向けて、日本政府とアフリカ各国政府、そして、学術界や企業、市民社会などが国際保健に関し、より具体的な議論を行うことで、UHCとSDGs、そして国際保健分野の実現に向けた気運を促進するために行われます。

GGG+フォーラム東京:日本の知見でTICAD Zを成功に!
日時:2018年12月3日 (月) 10:00 - 17:00
第一部:10:00 -12:00/GGG・結核・GDF・ポリオ・ワクチン 昼食:12:00-12:30 第二部:12:30-14:00/栄養 第三部:14:00 -15:50 アフリカ健康構想って何? 宣言文採択:15:50-16:00 レセプション:16:05-17:00

場所:ルポール麹町 2階 ロイヤルクリスタル ※日・英同時通訳
主催: 日本リザルツ、(一社)平和と健康の会
協力: ACTION、ビル&メリンダ・ゲイツ財団 等

ご参加をされる方は下記の登録フォームから追加をいただけますと幸いです(先着順)。
※締め切り:11月8日(木)午後5時
https://goo.gl/forms/jgF7xIcs91QMJAaD2

毎年500人近くの登録をいただいているこのフォーラム。登録の締切が迫ってきましたので、是非、お早目のご登録をお願いいたします。
ご質問は、日本リザルツ担当:長坂・小平(03-6268-8744)までお願いいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

日本リザルツスタッフ一同
(はるか)
posted by resultsjp at 07:21| Comment(2) | 情報

2018年11月03日

ケニアでの日本の存在感について

私は、日本リザルツケニア事務所で働き始めて数か月経ちます。その間、ケニア人が日本に対し抱いているイメージや日本人に対する印象について教えてもらいました。それは、私にとって日本とケニアの関係を知るための貴重な材料となりました。
一方で、一つ気になったことは、ケニア人がすれ違いざまに、私を中国人と呼んだり中国語で話しかけたりしてきたことでした。
日々の業務の中で、ケニアの街並みを車から見ていると中国の会社が建設している建物や道路が、私の目に入ってきます。当事務所が事業を行っているカンゲミ地区でも、住民から中国語で呼びかけられる時が多いです。
私は、自身の出身国や故郷を大切にするので、このような場面では、つい感情的に相手の間違いを正してしまうことがありました。

先日、カンゲミヘルスセンターの検査所で働く検査技師から「日本の支援のおかげで、よりよい医療サービスが提供出来ている」と言われました。それ以来、私はケニアでどのように日本が存在感を示していけば良いかを考える時間が多くなっています。私たちの活動が日本の存在感を増す一翼を担えるよう、努力を重ねたいと心が熱くなっております。

(智貴)
posted by resultsjp at 22:19| Comment(2) | 情報

ケニアとは、いったいどんな国なのでしょう?

日本に、アフリカの情報は、ほとんど入ってくることがありません。
我々が活動しているケニアとは、いったいどんな国なのでしょうか?
ケニアという国のイメージ涌かない方々のために、今回は、ナイロビ市内の街の様子をお伝えいたします。

ナイロビは、ケニア共和国の首都で、東アフリカ最大の都市であり、多くの国際機関や企業が本部や支社をおいています。人口は336万人です。地理的には、赤道に近いですが、標高約1600mに位置しているため、気候は比較的冷涼です。

ナイロビのダウンタウンです。

20181030_093323[1].jpg

20181030_090656[1].jpg

この街は、東京の都市で例えるとするならば、新宿といったところでしょうか。
若年層が多く集まり、比較的安く買い物ができる場所です。

カンゲミマーケットです。

20181101_153735[1].jpg

ここを東京の都市で例えるとするならば、アメ横といったところでしょうか。

混沌としたカオスの中、非常に強いエネルギーを感じる場所です。
果物、野菜、衣類等が非常に安く手に入る場所で、いつも混雑しています。

日本人がイメージするアフリカとは、キリン、象などが闊歩する草原かもしれませんが、当然、街中にキリンや象はいません。

最後に、小高い丘からアフリカの地平線を見る機会が有りましたので、ご紹介いたします。

20181013_110518.jpg

ここから見える場所は、未開の地で、ひょっとすると何万年も変わっていない本来のアフリカの景色ではないかと思われます。それだけに感慨深い思いがしました。

DNA解析の結果、約20万年前、この辺りの一人の母親から生まれた子孫が、我々だという話を聞いたことがあります。祖先の母の面影に思いをはせる瞬間でした。


キリマンジャロの白い雪
posted by resultsjp at 20:32| Comment(3) | ケニア

結核の新薬などの「ゲームチェンジャー(競争ルールの改革者)」が多剤耐性結核患者の死亡率を大幅削減する

ケニア人スタッフCalvinのブログ記事の和訳文をご紹介します。

WHOは薬剤耐性結核に対する新たな投与手法となる薬剤としてべダキリンとデラマニドを承認した。ベダキリンは、試験結果によると患者の80%を治癒することができる新たな投与手法である薬剤として、ベラルーシにおいては世界的に殺傷性の強い疾病との闘いで「ゲームチェンジャー(競争ルールの改革者)」と称えられている。ベラルーシでの80パーセント治癒率は、東欧、アフリカ及び南アジアのその他諸国におけるベダキリンの試験においてもほぼ再現されている。

国際結核肺疾患対策連合の主任科学部長であるポーラ・フジワラ博士によると、この研究結果は、ベダキリンのような新薬が治癒を可能にし、多剤耐性や極度に薬剤耐性の高い結核に罹患する患者にとってはルールチェンジャーであることを確認しているという。試験結果の研究からベダキリンの効率性が有望であることが確認されている。

ケニアではベダキリンの調達は効果的であるとは言えない。その理由はケニア政府によれば、本薬剤が高価であることから、MSF-Africa やGlobal Lancet Africaなど他の提携先や利害関係者との連携することで安価での薬剤入手を支援するという。基本的には、650人の多剤耐性及び極度の薬剤耐性罹患結核患者が毎年事業へ登録されることとなっており、この取り組みは来月から開始され、全ての患者が含まれるまでの間行われる。現在、ケニアには多剤耐性結核及び超多剤耐性結核に罹患する1577人の患者が存在している。

MK
posted by resultsjp at 16:14| Comment(3) | 情報

栄養改善事業推進プラットフォーム(NJPPP)第11回運営委員会

11月2日、NJPPPの第11回運営委員会に参加しました。議題は、新規プロジェクトの検討(インドネシア及びベトナムにおける栄養改善プロジェクト)、実施中の調査事業の報告(カンボジア)、海外における栄養改善情報の提供(スリランカ及びモザンビーク)、国内セミナー報告(ESG(環境・社会・ガバナンス)経営と栄養改善ビジネスの展開)と盛りだくさんです。因みに、スリランカ情報では「スリランカのライフスタイルと栄養改善ニーズ」という非常に興味深い資料を受領しています。これは改めて情報共有できればと思います。

インドネシア事業では、国際生命科学研究機構(ILSI Japan)と給食企業((株)都給食)、ベトナム事業では、弘前大学センター・オブ・イノベーション(COI)の主導する健康・医療研究と民間企業(花王(株))による専門知見を活用した栄養改善プロジェクトとなっています。いずれも日本の栄養・健康・医療の研究機関と民間によるコラボレーションが特徴です。こうしたマルチセクター協力により現地工場のバランスの取れた職場食(女性労働者をターゲット)の普及と食事摂取の行動変容、弘前COIの開発による啓発型検診と食事・栄養改善プログラムの導入による生活習慣病リスクの軽減と企業の生産性向上を目指した非常に意欲的なプロジェクトです。いずれにしても経済発展の著しいアジアでは、食の市場とヘルスニーズが非常に高く、日本の食品産業の進出と展開の可能性が高まっていることを実感しました。そのコーディネーションを行うNJPPPの今後の業務展開に注目しています。

他方で、アフリカに目を向けたトピックスとして、JICAさんによるモザンビークの経済、企業、食の現状に関する情報提供も有意義でした。モザンビークは、食品企業の進出という視点ではアジア各国に比べるとまだまだの感がありますが、近年の社会の安定化と南アフリカの玄関口でもあるという好立地条件を活かして日本企業の進出の可能性が高いとのJETROデータもあります。アフリカならではのマルチセクター協力の方向を運営委員メンバーでもあるJICA、JETROと話し合うのも有意義ではないかと思いました。その意味でもGGG+フォーラム東京ではJETROさんにも積極的に声掛けしたいと思います。

最後に若干個人的な印象を述べておきます。筆者は2017年3月の運営委員会ではNJPPP事務局として進行役を務めていました。NJPPP時代は食品企業が栄養改善のビジネス展開を如何に行うかという視点で物をみていましたが、今は国際保健の立場から栄養の問題をみるというように視座が微妙に変わっています。対象が企業と人と一見異なりますが、途上国の貧困層や母子の栄養改善を通じた健康向上を目指すとみれば方向は同じだと感じました。日本リザルツで職を頂いている今、両者の視点を繋ぐ視点でも多少なりともお手伝いできればと思っています。NJPPPが食品産業センター田辺専務、成田室長、味の素出向の山口次長の3枚看板で着実に実績を上げて頂きたいと願っています。
MK
posted by resultsjp at 11:33| Comment(3) | 情報

2018年11月02日

学びの日々

日本リザルツケニア事務所は、結核の専門家である三浦氏をお招きし、結核抑止事業に取り組んでおります。
ケニアでJICA専門家としてご活躍された三浦氏は、保健省の重役の方々とも親交が深く、一緒に活動している私は学ぶことが多いです。

今週3日間、私は三浦氏とカンゲミヘルスセンターの検査所、そこに整備されたLAMP法の使用状況を一緒に確認しました。LAMP法は、短時間で多くの検体検査が行えます。また、検査の精度が優れているので、喀痰塗抹検査より陽性の検体を発見できる確率が上がりました。GeneXpertはLAMP法ほど短時間で多くの検体検査は行えません。しかし、多剤耐性結核の検査が可能であるというメリットもあります。

ケニアではすでに塗抹検査、GeneXpert、結核菌培養検査など、様々な結核検査法があります。その中で、日本リザルツは、LAMP法をケニアで初めてカンゲミヘルスセンターに導入しました。三浦氏からそれぞれの結核検査法の長所と短所を学びました。今後も、状況に適した結核検査法を導入できるよう、知力を養いたいと思います。

(智貴)
posted by resultsjp at 00:56| Comment(3) | 情報

2018年11月01日

LIXILのグリーントイレシステム

一LIXILは持続可能な衛生ソリューション「グリーントイレシステム(GTS)」の技術を
ケニアのエース・エンバイロメンタル・コンサルタンシーに譲渡すると発表した。一
との記事が10月24日付の化学工業日報に載っていた。

GTSは水を使わずに安全に排泄物を処理し肥料として再資源化できるシステム。ケニアでは既に国連ハビタットを通じてケニアのカロアイベイ難民居住地に導入されている。
今回の技術譲渡はLIXILが掲げる「2020年までに世界で1億人の衛生環境を改善する」という目標達成に向けて実施される。

日本リザルツは現在進行中のナイロビのスラム地区におけるコミュニティ主導の結核・予防・啓発活動の拡大支援事業の次期プロジェクト計画の中に衛生環境の改善を目標に掲げLIXILの協力でトイレの整備を予定している。

HS

posted by resultsjp at 19:16| Comment(3) | 情報

グローバルファンドのヴァンニ渉外局長との懇談会

今年9月にグローバルファンドの渉外局長に就任されたフランソワーズ・ヴァンニ氏が来日しています。
今日は市民社会との懇談会が行われ、日本リザルツからは長坂が出席しました。

グローバルファンドでは、来年(2019年)に第6回増資会合が控えています。増資会合に向けた動きについて説明を受けたほか、日本政府へ期待することなどを共有していただきました。

市民社会からは個別疾病(HIV/AIDs、結核、マラリア)に関する質問や、UHCの実現に向けたグローバルファンドへの役割に関する質問が寄せられていました。

私も、今年7月実施したGGG+フォーラムケニア版でケニアの皆さんが「マネジメント能力やアカウンタビリティを向上したい」というお話をしていたことを挙げ、日本政府とグローバルファンドがどのように連携してサポートができるのかお知恵をお借りしたいという質問をさせていただきました。

ヴァンニ渉外局長は、一方的にドナーがお金を出すのではなく、受け入れ国側にも一定の資本を確保してもらい一緒にプログラムを行う共同投資が有効であることを指摘されていました。
また、現場の経験が長い、医師の國井修戦略投資効果局長からは、ドナーがただシステムをトップダウンで支援を行うのではなく、途上国側の能力を活かしてボトムアップアプローチで支援を行うことが重要であるというアドバイスをいただきました。

日本リザルツもケニアで結核抑止プロジェクトを行っているので、こうしたアドバイスは非常に参考になりました。

ヴァンニ渉外局長の前職は、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の渉外兼広報局長です。日本リザルツがUNRWAのキャンペーン事務局をしていることを伝えると「あら!偶然!これも何かのご縁ね」と喜んでいらっしゃいました。
(はるか)
posted by resultsjp at 17:11| Comment(3) | 情報

Kangemi Health Center 検査室から、こんにちは!

初めまして、この度短期のコンサルタントとしてケニア「ナイロビ市のスラム居住区におけるコミュニティ主導の結核予防・啓発活動の拡大支援事業」に派遣されました三浦です。2017年6月までケニアでJICA派遣専門家として活動しており、今回一年ぶりの里帰りとなります。今週月曜日から活動を開始しましたが、すでに何人かの懐かしい顔に出会いました。
この3日間は、検査室に特化して活動を行いました。特に衆目を集めているLAMP法の有効性について検証を試みました。検査室に記録されている検査件数と陽性数およびその率を図に示しました。8月よりLAMP法による検査サービスを開始していますが、その前後で陽性率が大きく改善されているのが確認できます。加えて検査件数も2,3年前の状況から大きく改善されており、まさに期待されていた通りの結果が得られています。本事業に関わった人達の努力の賜物と思います。
然しながら、この陽性率の改善をより確かなものにするためには、そう少し長期の観察が必要であり、また他施設でも同様な結果が得られるか検証する必要があると考えています。その方法について、来週(11月7日)の合同巡回指導(ナイロビ・カウンティ―およびWestland サブカウンティ―の結核担当官、検査コーディネーターが参加予定)の場で話し合われる予定です。
LAMP_Lab.png
posted by resultsjp at 16:44| Comment(3) | 情報