2019年03月13日

第4回国連環境総会

ケニア事務所メンバーのDickenさんのブログ投稿を日本語訳しました。ご覧ください。

私たちの時代の深刻な環境課題に取り組むために、国連は再びナイロビでの大きな会議を招集しました。第4回国連環境総会は、ナイロビにある国連本部(訳者補足:アフリカ本部)で、環境課題と持続可能な消費と生産への革新的な解決策をテーマに3月11日から15日まで開催されます。参加者の中には著名な世界のリーダーがおり、エマニュエル・マクロン仏大統領、ウフル・ケニアッタ大統領、高橋康夫環境省地球環境審議官や主要企業のCEOが含まれています。
会議の議題は、持続可能な消費と生産パターン、プラスチック汚染から海洋環境を保護するためのコミットメント、食品廃棄の低減、気候変動へ取り組む技術革新の促進、資源利用と生物多様性損失の削減です。
会議期間中の決定は、パリ協定と持続可能な開発のための2030アジェンダに顕著な影響を与えるだけでなく、国連気候変動サミット2019に向けた道筋をつけ、国連全体のアジェンダにも波及します。
技術革新と海洋資源のテーマが重点的に話し合われた2018年11月ナイロビでのブルーエコノミー会議から、数か月後にこの会議は催されます。私たちは、政策決定協議などがいつの日か成果を生むこと、またケニアだけでなく、世界のほかの場所でも、環境に直面する課題に対する長く続く持続可能な解決策があることを願っています。
会議での決定事項は、願わくば環境にとって良い影響を与えるでしょう。ごみの削減とリサイクルシステムが機能していないため起こっているごみ処理の課題に、私たちは引き続き取り組んでいきます。

第4回国連環境総会に関する記事はこちらから.
https://www.unenvironment.org/news-and-stories/press-release/world-leaders-gather-uns-top-environmental-body-ramp-solutions

訳者補足:
国際連合本部はアメリカ合衆国ニューヨークにあり、その他に国連事務局がケニアのナイロビ、スイスのジュネーブ、オーストリアのウィーンにあります。
posted by resultsjp at 01:34| Comment(4) | 情報

2019年03月11日

栄養とエクササイズに関する授業

日本リザルツケニア事務所のアブタさんのブログを紹介します。

先週、2つの公立小学校の子どもたちは、様々な栄養と健康に関する意識と健康維持のための体操について学びました。

9から14歳の子どもたちは味の素ファンデーションの栗脇啓氏とのディスカッションを通じて、健康のためにどうやって食生活をおくるかと、栄養に関する知識を得ていました。

彼らはまた、様々な種類の栄養を摂ることが体に良く、なぜ毎日食生活に気を付ける必要があるのかを学んでいました。学校、そして家での栄養摂取が重要であることも強調されていました。

さらに、タニタヘルスリンクの戸澤恵里氏からは誰でもできる簡単なエクササイズが紹介されました。子どもたちと先生は楽しみながら運動ができることに感銘を受けていました。

日本リザルツの努力のお陰で、カンゲミの人々や子どもたちの栄養に関する知識は向上しており、運動が健康な体の維持につながるということを学んでいました。

今年のプロジェクトでは、公衆衛生、トイレ、環境など、様々なアクティビティを実施します。これらのプロジェクトは人々をより健康にするでしょう。

日本リザルツは、関係するパートナーたちと連携して、啓発活動を実施し、良い結果につなげられるよう取り組みを進めていきます。

Abuta

ケニアでも栄養に関する気運が高まっています。日本の知見を活かして、よい成果がだせるようにしたいですね。
(はるか)
posted by resultsjp at 22:28| Comment(3) | 情報

SCHOOL KIDS GET NUTRITION AND EXERCISE TRAINING TIPS

WhatsApp Image 2019-03-11 at 14.46.04 (1).jpegWhatsApp Image 2019-03-11 at 14.46.04 (3).jpegWhatsApp Image 2019-03-11 at 14.46.04 (4).jpegWhatsApp Image 2019-03-11 at 14.46.04.jpegWhatsApp Image 2019-03-11 at 14.46.05 (1).jpegWhatsApp Image 2019-03-11 at 14.46.05 (2).jpegWhatsApp Image 2019-03-11 at 14.46.06 (1).jpegWhatsApp Image 2019-03-11 at 14.46.05.jpeg

Over last week, school children from two public schools received various nutrition tips for their health, as well as training for a fit and healthy body.

Drawn from ages 9-14, the kids and Mr. Kei Kuriwaki from Ajinomoto Foundation discussed, some with an amazing deal of nutritional knowledge, about how to eat for a healthy life.

They also highlighted the benefits of various foods in the body, and why for each day, the nutrients should be incorporated in the student diet at school and home.

Further to that, Tanita's Eri Tozawa mesmerized the children with her easy working out training, which can be practiced by any person. The children, and indeed the teachers, were impressed by it and even sought to join in the process, much to the excitement of both.

These activities form part of RESULTS Japan's efforts to improve nutrition knowledge among the people and children of Kangemi, as well as sensitize them on the need for better exercise for good health.

Over the forthcoming year, several of such and related activities, including sanitation, toilets, and environmental maintenance will be carried out, much to the betterment of the general health of the people.

At RESULTS Japan, we have trained our eyes on these thematic areas, and with the cooperation of concerned parties, we hope to achieve a great deal of improvement in them.

Abuta

WhatsApp Image 2019-03-11 at 14.46.06.jpeg
posted by resultsjp at 20:55| Comment(3) | 情報

BEATIFICATION IS GOOD WHEN DONE HOLISTICALY

The UN-Habitat executive director, Maimunah Mohd Sharif has got the attention of ongoing beautification programme by Nairobi City County Government and he has commended Governor Mike Sonko for doing a good job. The Director Mr. Sharif is perceptibly overwhelmed by the activities that are done by the county government and he elaborated that this is a holistic approach that will not only make the city attractive but also protect and preserve the environment to ensure that it is kept clean and green.

Read more: https://www.tuko.co.ke/292575-mike-sonkos-nairobi-beautification-programme-wins-international-applause.html#292575


This was a major topic during the Sustainable Blue Economy Conference at the Kenyatta International Convention Center (KICC) on Tuesday, November 27.According to Sharif this is a very brilliant ideas for the beautification programme that will make Nairobi a green city.

Sonko also called for an end to pollution of oceans, lakes and rivers, terming it a danger to all mankind. He, however, hailed the recent ban on the use of plastic bags by the Kenya government saying the decision has drastically reduced the amount of plastics ending up in the water bodies. “We must conserve our environment. Ocean, lakes and rivers pollution poses a danger to all mankind. Kenya recently banned the use of plastic bags, most of which ended up in dump-sites and into the water system," he said.

This being said and done, the areas surrounding Nairobi are a menace and how I wish sonko should visit Kangemi, Kibera , Mathare and other areas. It is important to reconsider also cleaning and beatifying this areas for equitable development agenda.

As Results Japan Kenya office we need to approach Sonko and give him the overview of the conditions of these places. I believe team work and Advocacy can work so that this will be of great importance.

HILDA.
posted by resultsjp at 19:07| Comment(3) | 情報

The fourth UN Environment Assembly

The United Nations has yet again convened another large gathering in Nairobi to tackle critical environmental challenges in our era.The fourth UN Environment Assembly In Nairobi at UN headquarters runs from 11-15 March under the theme Innovative Solutions for Environmental Challenges and Sustainable Consumption and Production. In attendance there are Prominent world leaders including the Presidents of France Emmanuel Macron and Uhuru Kenyatta, Yasuo Takahashi, ViceMinister for Global Environmental Affairs, Ministry of Environment, Japan as well as CEOs from major corporations.

Among the agendas for the gathering are, sustainable consumption and production patterns, commit to the protection of the marine environment from plastic pollution, reduce food waste, and advance technological innovation that combats climate change, and reduces resource use and biodiversity loss.

Decisions made in this meeting will have a profound impact on the goals of the Paris Agreement and the 2030 Agenda for Sustainable Development, as well as paving the way towards the UN Climate Change Summit 2019 and impacting the overall UN agenda.

This meeting comes few months after the Blue economy conference held in Nairobi in November 26 2019 where the discussions were quite similar as the theme of innovation and marine resources were discussed in depth.We hope that such decision and policy making gatherings will bear fruits one day and the challenges facing environment will have a lasting and sustainable solution not only in Kenya but also in other parts of the world.

The decisions that will be set by the gathering hopefully will impact positively to our environment as we continue to battle the challenge of garbage disposal due to lack of working reducing and recycling systems.

More on this article can be found on this link below.
https://www.unenvironment.org/news-and-stories/press-release/world-leaders-gather-uns-top-environmental-body-ramp-solutions

Dicken
posted by resultsjp at 19:05| Comment(2) | 情報

本当のヒーロー

ケニア事務所メンバーPaulineさんのブログ投稿邦訳です。

3月8日国際女性デーを世界が祝っていた中、この機会に日本リザルツケニア事務所を代表して、私たちの代表白須紀子さんに敬意を表したいと思います。ここケニアのカンゲミスラムで結核抑止に向けて戦っている彼女は本当のヒーローです。

3年間のプロジェクトは、結核による死者をゼロにすることを目標にしています。結核クリニックの改築により通いやすくフレンドリーな環境の中で患者さんが通院できるようにしました。また、カンゲミヘルスセンターに現代的なラボの新設と結核LAMP装置の導入は、新規患者さんの早期発見を確実にしています。そのため、コミュニティの中で結核が蔓延することを最小限にしています。カンゲミヘルスセンターとコミュニティにごみ箱を導入したことで、公衆衛生が改善し、結核感染のリスクを低下することになっています。

患者さんへの栄養教育は、患者さんの栄養状態を改善し、早期回復・再発しやすくなることを防止しています。お母さんたちと子どもたちには、栄養教育は欠かせません。彼らが健康で、丈夫な免疫により結核感染から守られていることになるからです。

ありがとうございます。

Pauline
posted by resultsjp at 17:44| Comment(3) | 情報

A HERO INDEED

As the world marked international women’s day on 8th March, I take this opportunity on behalf of Result Japan Kenyan office to celebrate our director Ms. Noriko Shirasu. She is indeed a heroine when it comes to fight against TB in Kangemi slums here in Kenya.

The 3 year project aims at ensuring zero TB deaths by renovation of TB clinic to ensure patients are attended to under conducive and patient friendly environment. Construction of modern laboratory and installation of TB LAMP machine at Kangemi Health Centre plays a major role in making sure new cases are detected early thus minimizing the spread of TB in the community. Installation of garbage bins at Kangemi Health Centre and in the community improves sanitation hence lowers the risks of TB infections.

Nutrition education to patients improves their nutrition status thus making the patients to recover quickly and prevents them from being vulnerable to re-infections. For mothers and children, nutrition education is vital to ensure they are healthy with strong immune systems to protect them from TB infections.

Arigato Gozaimus.

Pauline
posted by resultsjp at 17:27| Comment(3) | 情報

2019年03月10日

栄養専門家御一行のケニア珍道中

3月に入って、やけに永田町界隈が静かだ…というそこのあなた。
そう。霞が関の魔法使いどーらは、栄養専門家の栗脇氏とタニタヘルスリンクの戸澤氏をお連れして、ケニアに来ていたのです。

今回の渡航の目的は、2つあります。
1.外務省の協力のもとケニア結核抑止プロジェクトの最終年度の事業で行う、栄養改善プログラムを現地の実情にあったより効果的なものにするために、スラム街の生の情報を収集する。
2.ケニアの栄養関係者と意見交換することで、日本企業(企業の財団も含む)とケニアの関係機関の連携を強め、日本企業のアフリカ進出を促進しつつ、アフリカの保健分野改善も目指すというWin-Winの関係を築くきっかけにする。

アグレッシブなお二人は国連機関、大使館、JICA関係機関はもちろんのこと、現場で多くの情報を得てらっしゃいました。

タニタ体操の様子
20190306_111343.jpg20190306_111542.jpg20190306_104840.jpg
20190306_105027.jpg

小学校での栄養レクチャーの様子
20190306_094430.jpg
20190306_103551.jpg
20190306_103649.jpg

ウエストランズ保健省との打ち合わせ
20190307_093823.jpg
20190307_083946.jpg
20190307_084025.jpg
IMG_4122.jpg

(はるか)

posted by resultsjp at 01:53| Comment(2) | 情報

2019年03月08日

自己紹介

みなさん、初めまして!
今月からケニア事務所のメンバーになりました當山です。

土曜日、生まれて初めてアフリカに上陸、
想像通りの広大な土地に広がる大自然に感動しました。
空港の出口には体格のいいお兄さんたちが沢山並んでいて少し怖かったですが
迎えに来てくれたのは気さくで優しいドライバー、Jeffでした(一安心)。

私の一日後に白須代表と味の素ファンデーションの栗脇様、タニタヘルスリンクの戸澤様もいらしたので
今週はみなさんに同行して国連WFP、ウェストランズ保健省、日本大使館、カンゲミの小学校、JICAなどを訪問。

今週は怒涛の一週間でしたが、旅の疲れも、時差ボケも、高山病・・・?も
一気に解決してくれたのが「タニタ体操」です。

IMG_5299.JPGIMG_5260.JPGIMG_5260.JPG

リザルツメンバーも、カンゲミの小学生も、ホテルのスタッフも、みんな楽しそうに体操していました。
近くYOUTUBEにアップされますので、みなさん是非ご覧ください。


Taki



posted by resultsjp at 20:27| Comment(3) | 情報

BEYOND ZEROハーフマラソン大会

ケニア事務所メンバーPaulineさんのブログ投稿の邦訳です。

ケニア大統領夫人マーガレット・ケニアッタさんが、ケニアにおける母子健康の課題に対して、様々な人々の関心と理解を集めるためにこのマラソンを始めました。母親と子どもたちの保健医療へのアクセスを増やす資金調達にも用いられています。
このイベントは、ケニアが出産をするのに最も危険な国の一つだと考えられていたころからはじめられました。当時は、保健へのアクセスの悪さと低品質のケアにより、女性と子供の間で死亡率と疾病率が容認できないほどに高くなっていました。
2014年3月に最初のマラソンが開催され、2015年、2016年と続けて成功裏に終わりました。
(訳者補足、2年間の休止期間を経て)今年は3月10日に開かれます。

参考ニュース情報
"First Lady Margaret Kenyatta To Relaunch Marathon"
http://www.president.go.ke/2018/12/03/first-lady-margaret-kenyatta-to-relaunch-marathon/
posted by resultsjp at 19:48| Comment(3) | 情報