2019年08月12日

コンゴ民主共和国東部におけるエボラ出血熱の流行に対する調査チームの派遣(8月10日)

WHOのテドロス事務局長は、7月17日、コンゴ民主共和国に広がったエボラ出血熱について「国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態」を宣言(所謂PHEIC(フェイク))しています。先週は、コンゴ民主共和国から帰国した女性がエボラ熱感染の可能性があり、緊急の検査等の対応を行った結果、幸いなことにエボラ出血熱の感染は確認されませんでした。

こうしたことから、85日、総理官邸で、「エボラ出血熱対策に関する関係閣僚会議」が開催されました。今回、PHEIC宣言を踏まえた水際対策の強化等により、迅速な対処を行うことができたが、引き続き、政府一丸となった危機管理体制を万全なものとすることが極めて重要、としています。

こうした中で、JICAは下記の通り、専門家による調査チームを派遣することとなりましたので、情報を共有致します。なお、別途、日本リザルツに入っている情報では長崎大学の山本先生は既にキンシャサ入りされているとのことで、8月下旬まで活動される予定とのことです。

                                                        MK


コンゴ民主共和国東部におけるエボラ出血熱の流行に対する調査チームの派遣


201989

今般、JICAは日本政府の決定を受け、810日から、コンゴ民主共和国東部におけるエボラ出血熱の流行に対し、下記のとおり、調査チームを派遣します。


1 背景
コンゴ民主共和国ではエボラ出血熱の流行が確認されており、WHO2019717日、今次流行について、国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)を宣言しました。WHOのまとめによると20187月以降、201984日時点で、死亡者1,849人を含む2,763名 の症例(疑い症例を含む)が報告されています。

2
 対応
感染症専門家、外務省、JICAから成る調査チームを810日から同国へ派遣し、現地の支援ニーズを調査するとともに、同国政府や国際機関等との協議等を踏まえ、今後の支援の可能性について、調整を進めていきます。


posted by resultsjp at 17:26| Comment(3) | 情報

2019年08月11日

きのことかめ(折り紙バージョン)

ケニア保健省の医師部門のトップであるDr.Pacifica Onyancha博士の体調がすぐれないということで、お見舞いのために久しぶりに折り紙をしました。
いつも鶴なので、今回はニックネームにちなんで、かめを折りました。
IMG_0666.jpg
相棒のきのこも折ってみました。
IMG_0667.jpg
折り紙のきのことかめの探偵団です。
(かめ)


posted by resultsjp at 18:21| Comment(3) | 情報

TICAD7はもうすぐ!

今月末はTICAD7です。
東京オフィスでもサイドイベントであるGGG+フォーラムTICAD版を開催するための準備が着々と進んでいます。

そうした中、田中明彦JICA前理事長が読売新聞にTICADについて寄稿されていたので、ご紹介させていただきます。
IMG_3287.jpg
IMG_3288.jpg
今回のTICAD7でどのような議論がなされるのか、リザルツも注目しています。
(かめ)
posted by resultsjp at 01:21| Comment(3) | 情報

2019年08月09日

国際連帯税シンポジウム写真集

国際連帯税シンポジウムについての先日の記事で、革新的資金調達に関するリーディング・グループのサイドイベント等への学生代表の派遣について書きましたが、その学生代表3名が決定しました。
さらに嬉しいことには、この構想に共鳴していただいた方がスポンサーになってくださり、別枠でもう1名が派遣されることとなりました。
先日の記事でも写真を掲載しましたが、少し違った視点の写真もご紹介します。
UME

IMG_3367.JPG

IMG_3372.JPG

IMG_3378.JPG

IMG_3390.JPG

IMG_3449.JPG

IMG_3453.JPG

IMG_3459.JPG

IMG_3461.JPG

IMG_3478.JPG

IMG_3496.JPG

IMG_3517.JPG

IMG_3547.JPG

IMG_3550.JPG

IMG_3552.JPG

IMG_3562.JPG

IMG_3618.JPG

IMG_3630.JPG

IMG_3632.JPG

IMG_3638.JPG

IMG_3659.JPG

IMG-2042.JPG

IMG-2048.JPG

P1000109.JPG

P1000183.JPG

P1000195.JPG
posted by resultsjp at 18:59| Comment(3) | 国際連帯税の推進

GGG+フォーラムへの参加者

8月29日(木)に開催されるGGG+フォーラム@TICAD7の第3部(アフリカ健康構想とアフリカのUHC) にリザルツ事務所の一画で活動されている「一般社団法人 家族のためのADR推進協会」(離婚テラス調停センター)の小泉道子さんが参加される予定です。

小泉さんは、SDGsの目標の一つである女性と子どもたちの幸せをアフリカの人たちと連携するために何をするべきかを発言する予定です。
(か)

IMG_0222.jpg
posted by resultsjp at 17:55| Comment(3) | GGG+フォーラム

2019年08月04日

エボラ感染疑いの女性は陰性 

標記について報道(朝日新聞DIGITAL:84166分)が、下記の通りありましたのでお知らせします。


「厚生労働省は、4日、エボラウイルスに感染している可能性があった埼玉県の70代女性について、検査の結果、感染していないことが確認されたと発表した。女性はエボラ出血熱が広がっているアフリカ中部のコンゴ民主共和国から帰国後、高熱を発症したため、国立感染症研究所が女性の検体を調べていた。女性は滞在先の同国から7月31日に帰国。自宅に戻った後も体温を毎日2度測って検疫所に伝えてもらうなど健康監視をしていた。女性は今月3日朝、体温が38・2度になり、同日夜には39・2度まで上昇。4日朝に東京都内の医療機関に入院した。迅速検査では、インフルエンザA型が陽性で、マラリアは陰性だったという」                                                                                                                                                                                                                         MK




posted by resultsjp at 18:10| Comment(3) | 情報

新ユニット結成

日本リザルツケニア事務所で新たなユニットが結成されました。
シブがき隊?少年隊?...ではなく、悪ガキ隊です。

でも、やっていることは健全です。週に2回、カンゲミヘルスセンターの掃除をし、月に一度、ナイロビカウンティと一緒に清掃活動を行っています。
IMG_0620.jpg
IMG_0621.jpg
メンバーのデニスさんとジェーモーさん。
ごみ拾いを一生懸命やってくださいました。
IMG_0622.jpgIMG_0623.jpg
一方、カンゲミヘルスセンター内は、施設でセンターをきれいにしようという動きが強まっています。
センター長のシェムさんの指示のもと、この日も朝一番で掃除が行われていました。
ブログ用1.jpg
これまでヘルスセンター内では食べ物やお菓子の食べ残しや包装のポイ捨てが目立っていました。
そのため、館内の決められた場所で飲食を行うようチラシが設置されました。

みなさんの意識を変えられるよう頑張ります
(かめ)
続きを読む
posted by resultsjp at 01:13| Comment(3) | 情報

2019年08月01日

新聞切抜作業

ボランティアの業務の一つとして新聞の切抜作業があります。個人的には好きな業務の一つです。
業務に関わる新聞記事を切抜、台紙に貼り付け、項目ごとに分けてファイリングします。
ここのところ、他の業務に追われ、新聞切抜作業が滞っていましたので、本日は半月分以上の新聞を纏めて一気に切抜作業を行っています。(か)
IMG_3679.JPG


0.jpg
posted by resultsjp at 15:03| Comment(3) | 情報

2019年07月31日

GGG+フォーラム@TICAD 7準備作業本格始動!

               今日は731日。明日からいよいよ8月です。つまり、GGG+フォーラム@TICAD 7開催まで一カ月を切りました。このため、準備作業が活発化しています。TICAD の主役となるアフリカ各国要人への招待状発出、関係議員の先生方へのご案内の配布、一般参加者への案内文の送付、会場セット等各種準備作業が本格化してきました。こうした中、お忙しい中でお手伝いに駆けつけて下さる方もおり、お陰様でアフリカ各国への招待状発出作業については滞りなく終えることができました。そして、週明けの今日は、早朝からシアトルにあるビル&メリンダ・ゲイツ財団本部の方々を交えたGGG+フォーラム第二セッション「アフリカ栄養改善」についての電話会議。栄養三銃士の仲間のセーブ・ザ・チルドレンの皆様(堀江さん、大沼さん)も各所からの参加です。ゲイツ財団、セーブ及びリザルツの3者が協力しながら進めるという基本形ができてきました。電話会議も効率的に進められ、30分もすると関係者の意識合わせができてきました。そういう筆者も議事録作成者として参画させていただきました。暑い夏が本格化する中、1時間早めの事務所到着、丁々発止の英語による議論、悪くないです。夕方には、大沼さんと共に国際母子栄養改善議員連盟の先生方への参加お願い文の配布作業。皆さん、毎日暑いですが、今週も頑張っていきまっしょい!! 

                IMG_3219.jpg

          MK





posted by resultsjp at 20:37| Comment(3) | 情報

2019年07月30日

国際連帯税シンポジウム

遅くなりましたが、7月24日に開催された「SDGs達成のための国際連帯税を実現するシンポジウム2019」についてご紹介します。

昨年もほぼ同じ時期に国際連帯税を「考える」シンポジウムを開催しましたが、今年は去年とも一味も二味も違うシンポジウムとなりました。

IMG_3415.JPG
国際連帯税創設を求める議員連盟衛藤会長あいさつ


IMG_3430.JPG
同議員連盟逢沢副会長あいさつ


IMG_3449.JPG
同議員連盟初代会長、津島元厚生大臣あいさつ


去年との違いとして、1点目は長年にわたる租税法の研究や税制改革への貢献により昨年文化勲章を受章された、東京大学の金子宏名誉教授にお越しいただき、記念講演を行っていただいたことです。

IMG_3458.JPG
東京大学金子名誉教授記念講演


IMG_3479.JPG
両先生に、花束が贈呈されました。


IMG_3484.JPG
横浜市立大学上村教授講演


去年との違いの2点目は、若い力である学生さんをより一層巻き込んだことです。第2部は学生たちとの対話という題で、主に学生さんと参加していただいた国会議員の方々の間で、どの国際連帯税を実施するのがいいか、連帯税の実現のために何ができるかといったことについて議論が交わされました。


IMG_3497.JPG
国際連帯税創設を求める議員連盟石橋事務局長による司会


IMG_3501.JPG

IMG_3504.JPG

IMG_3508.JPG

IMG_3509.JPG

IMG_3510.JPG

IMG_3511.JPG

IMG_3512.JPG

IMG_3516.JPG

IMG_3519.JPG
学生さんたちによる意見発表


IMG_3531.JPG

IMG_3547.JPG

IMG_3554.JPG

IMG_3562.JPG

IMG_3567.JPG
国会議員や省庁関係者からの意見


第3部は、国際機関や製薬企業、栄養関係者や患者代表など様々な立場の人で
ラウンドテーブル・セッションが行われました。

IMG_3598.JPG

IMG_3603.JPG

IMG_3615.JPG

IMG_3617.JPG

IMG_3626.JPG

IMG_3630.JPG

IMG_3636.JPG


IMG_3644.JPG

IMG_3646.JPG

IMG_3655.JPG

第4部では、ローラン・ピック駐日フランス大使から、フランスにおける
国際連帯税や革新的資金調達に関する取組みについてのお話がありました。

IMG_3659.JPG

第5部は宣言文の採択です。

P1000168.JPG
宣言文を読む学生。今年は国内世論を盛り上げるということと併せて、9月の
国連総会における革新的資金調達に関するリーディング・グループの
サイドイベント等に学生代表を派遣するという意欲的な内容が盛り込まれました。


P1000183.JPG
外務大臣に手渡すところです。


IMG-2042.JPG
その後、河野外務大臣に花束が贈られました。


IMG-2048.JPG
この日、異動が発表された甲木地球規模課題総括課長にも、花束が贈られました。


P1000201.JPG
最後は外務大臣との記念撮影タイムとなっていました。

UME



posted by resultsjp at 20:09| Comment(3) | 国際連帯税の推進