2017年08月05日

【速報】英国がポリオ対策に拠出

皆さん、こんにちは。
白石です。

---

英国が2020年までポリオ対策に1億ポンド(約150億日本円)の拠出を表明しました。

6289.jpg

【The Guardian】 UK pledges £100m to global efforts to eradicate polio
https://www.theguardian.com/global-development/2017/aug/04/uk-pledges-100m-global-efforts-eradicate-polio

Money will fund vaccination of 45 million children annually until 2020, when the world could finally be declared polio-free

しらいし
posted by resultsjp at 01:57| Comment(3) | 情報

2017年08月04日

【速報】ドーラのケニア旅行記A

皆さん、こんにちは。
白石です。

前回のブログはこちら
【速報】ドーラのケニア旅行記

===

霞が関の魔法使い、ドーラは8月1日の早朝にナイロビに着き、その日の夕方にはキスムへ。次の日(2日)の夕方にはナイロビにトンボ帰り。というハードなスケジュールをこなしています。
実にケニア訪問は9回目だそうで、前回の訪問から1ヶ月経たず、日本に帰国せずです。

IMG_0119.JPG

本日は事業地であるカンゲミ保健センターを訪問しております。

IMG_0114.JPG

CHVとの活発な意見交換会を開催中です。

しらいし
posted by resultsjp at 17:20| Comment(2) | 情報

新外務大臣に望む:貧しい国・貧しい人々に寄り添う地球規模外交を

                   河野太郎.JPG

第3次安倍改造内閣で、どの政治評論家も予想していなかった河野太郎衆議院議員が外務大臣になりました。河野議員と言えば、かつてはODAのあり方について、原子力発電問題について、行政改革について、そして最近の自衛隊の日報問題について、歯に衣を着せない発言を多く行ってきました。

新大臣へ望むのは、日米同盟も大事ですが、狭い(日本の)国益に捉われることなく、貧しい国・貧しい人々に寄り添う地球規模外交をぜひ推進していただきたい、ということです。河野議員であればきっと実行できるものと期待しております。

ところで、かつて河野議員が自民党の国際局長だったころ(と思いますが)、何と!以下のように開発資金創出のための通貨取引税(金融取引税)に言及するなど、国際連帯税的な考え方を持っていたのです。新大臣になられてもこの考え方を忘れずに外交を進めてもらいたいものです。


●河野太郎ブログ「ごまめの歯ぎしり」
   『疲れた日本』(2010.07.18)

『日本の自民党の河野太郎です。日本国の政府を代表していませんし、我が党の主流派の意見ではないかもしれません。しかし、国民の大部分の意見を代表していると思います。

みなさん、日本は援助疲れしています。援助に対する国民世論は好意的ではありません。なぜならばこれまでの日本の援助に関する意思決定に透明性も説明責任もないからです。

<中略>

そもそも国連開発目標を達成するために、どこかの国のODA予算に頼っているという現状がおかしいのです。そろそろ真剣に、本当に真剣に、貧困撲滅や開発のために国際社会が自ら歳入を得る方策を検討し、実施に向けて動くべきです。

例えば、巨額なお金が動いている通貨取引に、国際的に課税するというのはどうでしょうか。1%の百分の一や千分の一というわずかな税率で、国連開発目標実現のために必要な資金を得ることができます。

そろそろどこかの国の援助に頼るのではなく、国際社会が必要なお金を得るためにはどうしたらよいか、現実的に考え、行動するべき時が来たと思います。

ご静聴ありがとうございます。

(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)
posted by resultsjp at 14:16| Comment(3) | 国際連帯税の推進

日本リザルツ新聞が出来上がるまで

日本リザルツ新聞10号ですが、記事の執筆が終了し、現在はデザイン担当の方に作業をお願いしています。記事の順番、まとまりなど細かな点を電話で打合せし、完成を心待ちにしています。また同時に、現在は記事の妥当性の確認も行っています。特に今回、ケニアの現地スタッフから記事を寄稿して頂きました。現地の衛生・水、トイレ事情、スナノミ症に感染した方の経験、結核からの回復など具体的な体験を語っていただきました。貴重な資料にもなるため、日本語訳にする段階で、事実との語弊が生じていないか、1つずつ丁寧に確認しています。早く皆様のお手元に日本リザルツ新聞が届けられるように頑張ります。(トミー)
posted by resultsjp at 13:42| Comment(2) | 情報

2017年08月03日

【速報】ドーラのケニア旅行記

皆さま、こんにちは。
白石です。
ケニア時間12時半更新
---

霞が関の魔法使い、ドーラは8月1日の早朝にナイロビに着き、その日の夕方にはキスムへ。次の日(2日)の夕方にはナイロビにトンボ帰り。というハードなスケジュールをこなしています。
実にケニア訪問は8回以上(数えられないほど)だそうで、前回の訪問から1ヶ月経たず、日本に帰国せずです。

IMG_20170803_115035.jpg

本日はAPDK(The Associaton for the Physically Disabled of Kenya)を訪問しております。

IMG_20170803_113435.jpg

IMG_20170803_104432.jpg


その後は車に揺られること3時間ほど、地方都市ナクルへ。

DGV50nWU0AAN4gW.jpg

DGV51MUVYAQWGiX.jpg


しらいし
posted by resultsjp at 18:27| Comment(3) | 情報

公園の猫

当団体の事務所が入居している三久ビルの1階の出入り口の前に公園があり、2匹の野良猫ちゃんがいます。
そこから少し離れたビルの1階あたりにもう一匹の野良猫ちゃんがいます。全部で3匹です。

IMG_0393.JPG

IMG_0391.JPG

三久ビルに長く入居している方から伺った話ですと、以前新聞屋さんが近所にいたのですが、そこで飼われていた猫たちだそうです。新聞屋さんが退去した時にどうやら置いていかれたようです。いろいろ事情もあるとは思いますが、無責任ですよね。

近所にお勤めしている方達が朝、夕に餌をあげているようです。猫ちゃんは人懐っこく、近所のお勤めの方々とお友達のようです(猫に餌をあげないでくださいとの張り紙はありますが)
私は時々彼ら(彼女ら?)を眺めて癒されています。(か)
posted by resultsjp at 16:54| Comment(3) | 情報

パレスチナ情勢

長い間自分の土地と自由を奪われているガザの住民、担当する国連機関(UNRWA)は彼らパレスチナ
難民に必要な人道支援を行っている。その日本でのキャンペーン事務局を務める日本リザルツも一昨年、
リハビリ用の医療器具を供与している。このガザ地区を実効支配する「イスラム主義組織ハマスが隣国
エジプトに接近」との記事が載っていた。発端はハマスがエジプトとの国境に緩衝地帯を設置し、見返り
にエジプトから発電用燃料を供給する内容だが、憶測ではシナイ半島の土地の一部をエジプトが提供
し、将来的に新しいパレスチナ国家を建設させることらしい。別の狙いは、もう一方のヨルダン川西岸
を実効支配する主流派ファタハの弱体・無力化することにあるともいわれている。エジプトはハマスを
正当なパレスチナの代表と位置づけることでシナイ半島を安定化出来ると考えている。これには当事国
イスラエルのみならず、周辺国更に大国の思惑も絡んでいるようだ。情勢がどのように移ろうと、難民
の人たちの安全・安定・自由な生活が守れるならひとまず良しと言えるが、パレスチナの人たちに真の
平和が訪れるのは未だ先なのか、それまで地道な支援を続けて行くことになる。

局チョー
posted by resultsjp at 15:44| Comment(3) | 情報

ワシントン出張報告ペーパーの作成

ワシントンから帰国して早くも1週間が経過しました。

現在はリザルツ国際会議の出張報告書を作成中です。
一般的な報告書はWordを使用して、出張時のスケジュールや商談の内容などを事細かに記載していくと思うのですが、日本リザルツの報告書は一味違います。
なぜなら、「誰にでも一目でわかる一枚紙の報告書」にする必要があるので、ポイントを強調する図や写真を多用しながらパワーポイントで作成しています。実際に取り組んでみて初めて、簡潔に分かり易く作ることの難しさを感じています。

新しい事に挑戦すると、最初は壁にぶつかり落ち込むこともありますが、頑張って続けているうちに、段々と実力がついてきます。私の出張報告ペーパーも試行錯誤とスタッフの厳しい添削のおかげで、徐々にいい出来栄えになってきています。
完成まで手を抜かずに頑張ります。
(もすが)
posted by resultsjp at 15:17| Comment(3) | 情報

子どもの養育に関する合意書

明石市の取組みが2017年8月2日の毎日新聞地方版で取り上げられていました。
そこには、14年度から全国に先駆けて始めた、両親が離婚した子どもへの支援事業について触れられていました。明石市では、離婚後の養育費の額や支払期間、振込口座、面会交流の方法や頻度、場所などを具体的に記入する「こどもの養育に関する合意書」の提出を促しています。離婚届とセットで渡し、子どもにとって最善の選択肢を話し合ってもらうためです。
今では、法務省が作成した「子どもの養育に関する合意書」が、離婚届けを受理する全国の窓口に置いてあり、法務省のホームページからもダウンロードできるようですが、ぜひ周知していただきたいものです。(大川)
posted by resultsjp at 13:31| Comment(4) | らぽーる

釜石生活84 〜新聞広告〜

8月2日(水)の釜石新聞に、8月の3イベントの広告を出しました。
こんなに小さな(だいたい10cm四方)四角形ですが、いっぱい情報を詰め込んでいます。
見やすくて、アピール性もあるように、どんな配置、デザインにするか、釜石新聞のご担当者さまと協力して作りました。
少しでも多くの人の目に留まりますように。(鈴木)

IMAG1472.jpg

IMAG1473.jpg


posted by resultsjp at 09:28| Comment(4) | 東北復興支援