2017年04月11日

ケニアの人たちへの見方が変わった

ケニアに来てから丁度3カ月が経った。当初道端に散らばるゴミ、排気ガスを吐きながら、重苦しそう
に満員の乗客を運ぶ乗り合いバス、カウンターやレジ係りの無表情な接客態度などをみて、ケニアの人た
ちの国民性、気質を感じ取った。暫くその時のイメージが頭に定着して、半ば諦めの気持ちでこちらの
人たちを見ていた。しかし、いつの間にか人の顔が優しく見える回数が増えてきたようだ。偶然ではな
いと思う。しかも優しく見える時は当然のことかも知れないが、こちらに何らかの動作、挨拶をはじめ、
警備員がドアを開ける時、道を譲り合った時など。こちらが外人だから、親切にしてくれているのだろ
うと、思っていた。
だが、現地の人同士でも、意外と相手に配慮した行為をしている場面に、気が付くようになった。良い
例が車の譲り合いだ。朝晩のナイロビ市内は、通勤・通学で各道路は激しい交通渋滞が起こる。車の
先端を少しでも先に突き出し、前に出ようとする戦いの連続である。最終的にどちらかが譲るわけだが、
この時は相手に配慮などしていないと考えている。自分さえ良ければ、周りはどうなっても気にしない。
ちょっと偏見があるかも知れないが、言い当てている部分もあると思う。しかし多少余裕がある時は、
配慮、親切心が現れている。車が右折する時、手を振って譲る合図をすることも、よく見かける。また、
荷車を引いている人の先にロープが張られているのを、見ず知らずの人が、上に持ち上げて通して
あげていた時など、一瞬心温まる場面に遭遇する。
我々が事業展開するカンゲミ・スラム居住区、貧困層の人たちが多く暮らす街だ。経済的には決して
余裕などない中で、コミュニティの繋がり、相互扶助の精神は存在している。本事業の活動部隊―
CHVの人たちが、結核予防・啓蒙活動のためボランティアで、各家庭を回っている。コミュニティの
繋がりの糸を更に太くする試みが行われている。

局チョー
posted by resultsjp at 04:15| Comment(1) | 情報

2017年04月09日

釜石生活51 〜すみれの生命力〜

週末くらいは寒くても窓を開け放ち空気を入れ替えようと窓を開けると、足元に小さなすみれが咲いているのを見つけました。石がゴロゴロしていて、お花が咲くような場所ではないのに、けなげに一輪だけ咲いていて、心がほっこりしました。同時に「頑張って!」とエールを送られているような気がしました。
すみれの生命力に感動しました。(鈴木)

IMAG1231.jpg
posted by resultsjp at 13:58| Comment(2) | 東北復興支援

2017年04月07日

ジカ熱、世界拡大により2兆円の損失>対策のため航空券連帯税が必要

               パリ空港公団.JPG
ユニットエイドの(航空券連帯税に対する)メルシー・バナーが掲げられたパリ/シャルル・ド・ゴール国際空港(パリ空港公団のCSR)

みなさま、こんにちは、田中徹二(国際連帯税フォーラム・日本リザルツ理事)です。

中南米のみならずアジアでも感染拡大が見られたジカ熱ですが、そのための医療費負担や観光客の減少等により最大2兆円もの損害を被った、と昨日UNDP=国連開発計画が発表しました。

今日の地球規模の感染症の拡大の要因のひとつに、国際航空網の発達があります。飛行機を利用する乗客は、絶えず感染症を拡大するというリスクを負っています(運航している航空会社も)。したがって、リスク発生に備えて、利用客はコストの負担も必要となってきます。

このコスト負担の方法が、航空券連帯税の実施のコンセプトです。航空券連帯税の長所は、途上国でも容易に徴税を行うことができる、ということです。実際、現在同税を実施している10カ国(または14カ国→これは日本外務省調査)のうち、7カ国(または11カ国)がアフリカ諸国です。同税の税収は、ユニットエイド(UNITAID=国際医薬品購入ファシリティ)という国際機関に集められ、主に途上国のエイズ・結核・マラリアという三大感染症の治療薬等の提供に充てられています。

日本でも航空券連帯税が実施されるなら、その税収は現実施国のフランス並みの税収をもたらし、三大感染症以外の感染症へと対策を拡大することが可能です。つまり、日本が多大な国際貢献を行うことができるのです。

★そこで、支援ファンド募集中!
『貧困根絶!グローバル連帯税実現のため世論にアピールしたい!』
から入り、「このプロジェクトを支援する」をクリック!

【NHK】ジカ熱 世界の感染拡大による損失額 最大2兆円(動画あり)

中南米を中心に感染が拡大していた、ジカ熱による損失額について、UNDP=国連開発計画などは、医療費の負担が増え、観光客が減少したことなどから、最大で日本円にしておよそ2兆円に達する見通しだと発表しました。
蚊が媒介して感染するジカ熱は、ブラジルなど中南米を中心に感染が広がり、妊娠中の女性が感染して、先天的に頭部が小さい「小頭症」の赤ちゃんが生まれるなど、大きな社会問題となっています。

こうした中、UNDPとIFRC=国際赤十字・赤新月社連盟は、ジカ熱の感染拡大が中南米を中心に社会的、経済的にどれほどの影響があったかをまとめ、6日に発表しました。

それによりますと、ジカ熱の感染が広がり始めた2015年からことしまでに、医療費の負担が増えたり、観光客が減ったりする影響が出たため、損失額は最大で180億ドル(およそ2兆円)にまで達する見込みだということです。

特に、観光業に依存しているカリブ諸国が南米の国々に比べて5倍の損失を被っていて、GDP=国内総生産を1%以上押し下げているところもあるということです。

ジカ熱については、去年11月にWHO=世界保健機関によって緊急事態宣言が解除されたものの、感染した人たちや小頭症の子どもたちの治療費や養育費などの負担が大きく、中南米の国々では大きな課題になっています。
posted by resultsjp at 13:15| Comment(2) | 国際連帯税の推進

釜石生活50 〜三陸のワカメ〜

釜石に来て、ワカメやメカブのおいしさに驚いています。
「ワカメなんて、どこでも採れるものだし、味の違いなんてあるの?」と思っていたのですが、いつしか、お土産に三陸のワカメを買うようになっていました。
中でも感動するほどにおいしいのが「早採りワカメのしゃぶしゃぶ」です。
ワカメのしゃぶしゃぶって初めていただきましたが、ただザルに茶色いワカメが積んであるだけで、見た目の印象は「あれ?お肉はないの?色も地味…」というものでした。
ところが、ひとたび茶色いワカメをお湯にくぐらせると、あ〜ら不思議!鮮やかなグリーンに変わるのです。
鮮やかなグリーンは「どうぞ召し上がれ」のサインです。
ポン酢であっさりいただく「早採りワカメのしゃぶしゃぶ」は、ヘルシーでおいしい南三陸の春の一品です。(鈴木)

17457540_1491643674187578_8842907281990425002_n.jpg

17457982_1491643804187565_5382332207187579195_n.jpg



posted by resultsjp at 11:58| Comment(1) | 東北復興支援

月例報告会合

今日は月例報告会合の日、この1カ月間で回った訪問先の状況をレポートにまとめ提出し、その後
スタッフから総評や注意点などの話を聞いた。いつもの教会ホールとは異なり、Kangemi Health
Centre の集会所が会場となった。電灯もなく陽が射さない薄暗い室内、既に何人かのCHVの人たちが
集まっていた。昨夜の大雨で道路が水に浸り、歩行し難い場所がいくつも発生したため、開始時間を
少しずらせた。乾燥した土埃も、雨でぬかるんだ道もやはり、生活に影響している。
薄暗い中での会合で静かなスタートとなったが、スタッフの巧みな?話術で、いつの間にかいつもの
雰囲気に変わっていった。狭い部屋であったので、CHVの人たちとの距離が近く感じた。
明日は残り2地区の報告会があり、来週は4日連続で地区ごとに追加研修が実施される。更に知識や対話
技能に磨きをかけ、信頼をしてもらえるよう頑張って欲しい。

P1010054.JPG
会場となった集会所外観

局チョー
posted by resultsjp at 05:29| Comment(1) | 情報

2017年04月06日

滞在先の好感度

途上国に滞在していると、便利さ・快適さ・マナー等様々な面で、日本にいる時と比較してしまう。
一般的言えば日本の方が勝っている項目の方が多いと思うが、人によって判断、考え方が異なるので
そうとは言い切れないこともある。一つには、滞在先の国または地域に対する思い、そこに暮らす人々
との交じり合いなどが考えられる。インフラ整備が整っていない不便さがあっても、心の優しい住人
たちに囲まれて生活していれば、不便さも薄れてくるはず。ここナイロビは、人口が多いこともあり
道端には多くのごみが散乱している。かつて舗装されていた道路も、傷みが激しく至る所穴が開き、
車で通るたび大きく揺れる。もう一つ上げるとすると、丁寧さ・サービス精神に欠けるところだろう。
この辺は大きく国民性や長い間の慣習から来ているため、そう簡単には修正出来ないかもしれない。
そんな中、個人的にいかにも優しそうな人柄の方や、以外に親切にしてくれる人に出会うことも多い。
我々が支援しているCHV80名も、様々なタイプがいて、愛想の良い人、元気の良さそうな人、真面目そうな人、きつそうな人等がいるが、話してみると外見とは違う意外な感じを受けることもある。徐々に慣れてくると、見方もかわってくる。数ヶ月でしかもたまにしか合わない人たちの人柄、性格を知ることは出来ないが、活動に携わっている時の気持ちに、違いはないよう願っている。

局チョー
posted by resultsjp at 22:24| Comment(1) | 情報

ナイロビ生活vol2 "デニスと大親友になろう編

皆さま、こんにちは。白石です。

前回のブログ"ナイロビ生活Vol1"はこちら
ナイロビ生活vol1 "帰って来ましたナイロビ編"

あらゆる街、地域で強力な協力者がいることは心強いです。特に日本とは違う文化・慣習を持つケニアでは、非常に重要であらゆる活動をする上でいなくてはならない存在です。
私にとって、エスンバではエドワード(Edward Khaliti)です。彼とは今までの活動の中で激しく喧嘩をし、夜中まで語り合ったこともありました。気心の知れた間柄なわけです。

ナイロビでは誰になるのか。それはもちろんデニスです。

C8oi9TjXUAAQNLK.jpg-large
4日。今日から始まったCHV Meetingの準備をするデニス。

協力者とは"良きパートナー"であり、"大親友"であることが重要であると思っています。
思い切り議論でき、思い切り冗談が言えることが、良い事業をつくっていくと確信しています。

デニスはこれまでのカンゲミでの結核事業に関わり、この事業の重要性を理解しています。それだけではなく、日本に訪れたことがあること、日本語に興味があること(少ししゃべれる)。ケニアの文化・慣習を客観的に見ることができる方です。
(ケニア人はこうであると理解している人は多いですが、大半の方はそれを変えられない、だから従ってくれ。という姿勢です。エドワード・デニスはケニアのやり方を客観的に見て分析し、日本のやり方のほうが良いと理解を示し、他の方々にそれを理解させる力があると思います。)

彼ともよくしゃべり、日本語を教え、スワヒリ語を教わり合いながら、良き協力者になっていければと思います。

===

今日は月に1回のCHV Meeting。3月のCHV活動の記録を集め、一人一人に助言する日です。

2つの地区のCHVが集合します。
同じ活動をする仲間。チームワークというか、団結というか、一体感が必要です。

私は、CHVのみなさんと仲良くなろうと積極的に話しかけ、名前と顔を覚えようとしました。

C8tuTvnXsAA3LBw.jpg-large

カンゲミのCHVの中にはそんなチームワークが出来上がっているな、と感じました。

===

明日もCHV Meetingが続きます。またブログでCHV Meetingの詳細な内容について書こうと思います。

次回はナイロビ生活vol3 "CHV Meeting編"をお送りします。

しらいし
posted by resultsjp at 21:17| Comment(1) | 情報

2017年04月05日

スナノミフィーバーが止まらない!

日本リザルツが始めた運動靴回収事業、Q&AAA(トリプルエー)+プロジェクト。

SDIM1718.JPG

全国のみなさまからの応援のお陰もあり、続々と運動靴が集まっています。

お友達に声をかけて集めて下さっている方、お手紙を同封して下さる方、そして、オフィスにわざわざ運動靴を持ってきてくださる方もいらっしゃり、日本リザルツのオフィスは靴の山に…

IMG_1643.JPG

また、運動靴の整理のお手伝いをして下さる方も出てきており、応援団が続々と増えています。
みなさま!本当に有難うございます。

日本リザルツでは運動靴を定期的にケニアに運ぶ仕組みを作るべく、エチオピア航空様はじめ、関係各機関と話を進めています。

【お知らせ】Q&AAA+プロジェクトで靴をお送りいただく際の注意点について。
以下、靴を送付する際の注意点となります。靴をお送りいただく際には、御一読をお願いいたします。

【注意点】
-きれいに洗った運動靴であること
-上履きやバレエシューズは不可です
-サイズに制限はありません
-送料はご自身で負担となります

【発送先住所】
〒 100-0013 東京都千代田区霞が関3-6-14 三久ビル503
日本リザルツ長坂宛

詳しくは日本リザルツの公式WEBサイトのトップページをご覧くださいませ。
http://resultsjp.org/top-japanese

SDIM1751.JPG

是非、みなさまの一足をお待ちしております!
(はるか)
posted by resultsjp at 15:50| Comment(1) | 情報

グローバル連帯税支援ファンディングにご協力を!!

                 イヴォンヌ・チャカ・チャカ.png
『アフリカの発展と国際連帯税、金融取引税に関するシンポジウム』(2013年5月)でスピーチを行い歌っていただいた南アフリカの歌姫イヴォンヌ・チャカチャカさん

みなさま、グローバル連帯税フォーラムの田中徹二です。お世話になっています。この日本リザルツのブログをお借りしまして、グローバル連帯税支援ファンディングのお願いです。

この度『貧困根絶!グローバル連帯税実現のため世論にアピールしたい!』プロジェクトを立ち上げ、そのための活動資金をクラウドファンディングで応援していただこうと考えています。
〔クラウドファンディングとは、群衆(Crowd)と 資金調達(Funding)という言葉を組み合わせた造語で、インターネットを通じて一般の人々から資金を集めるという新しい資金調達方法です〕

まずこのプロジェクトは、次の3つで、これを強力に進めていきます(とくに3番目は白須日本リザルツ代表のお力を借りてがんばります!)。

●持続可能な開発目標(SDGs)とグローバル連帯税、ならびにタックスヘイブンに関する研究会
●グローバル連帯税推進協議会(座長:寺島実郎日本総合研究所会長)提言書の小冊子化と研究者・議員・メディア・市民への配布
●グローバル連帯税を実現するための国会議員へのロビイングを軸とした諸活動

日本でグローバル連帯税が実現すれば、<100億円単位>で途上国の貧困問題や感染症問題について多大な貢献を行うことができます。日本外務省も7年連続して国際(グローバル)連帯税を要望してきています。あと必要なのは「途上国含め地球上から貧困をなくそう!」という世論の盛り上げです。そのためにがんばりますので、リザルツブログ愛好者のみなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

●支援方法
『貧困根絶!グローバル連帯税実現のため世論にアピールしたい!』
   
からお入りいただき、「このプロジェクトを支援する」をクリック!

◎目標金額:40万円 / 現在の支援総額:22万7千円(25人から)
⇒3月30日に公開してから6日目で50%を超えました。あと23日でもう半分弱集めることになりますので、支援方よろしくお願いします。
posted by resultsjp at 15:24| Comment(1) | 国際連帯税の推進

3月29日釜石市役所訪問

釜石市で活動する「青葉通りこどもの相談室」を指導して戴いている釜石市役所子ども課の皆さんを、横粂弁護士を筆頭に、白須代表、弊方のスタッフの社会福祉士と訪問し、意見交換をさせて戴きました。
東北大地震のつめ跡の残る釜石市は、表面上は落ち着きを取り戻しているように見えるものの、生活の激変した家庭も多く、地域の皆さんのご協力を得て暖かく子どもたちを見守る「子ども課」の皆さんの日頃のご苦労の一端に触れることができました。
弊方からは、離婚時のADR(子どもの視線に立って将来の養育計画をご両親で相談戴くシステム)の説明を差し上げました。
いつの時代も「子どもは社会の縮図」であり、環境の激変に晒される子どもたちには、「子ども課」の皆さんが力説されるように、多面的で包括的なアプローチが必要になります。そうした活動の一助になり。いわば「釜石モデル」ともいうべき活動が展開できれば、と考えさせられる一日でした。
IMG_20170329_142852.jpg
(中)
posted by resultsjp at 10:46| Comment(1) | 情報