2020年01月05日

本当のスーパーエリート:香川俊介氏を振り返る

皆様、あけましておめでとうございます。
代表の白須小町はお孫さんと百人一首勝負をしたようで、メールにも上の句が登場しています。
蝉丸(私)も昔の記憶を思い出し、下の句を付けて返信しています。

さて、白須とひょんなことから過去のアドボカシーを振り返る機会がありました。
お世話になった財務省の香川俊介様のお話が出てきたので、書き留めておこうと思います。

香川様は主計局主計官、法規課長、総務課長、総務次長、総括審議官などを経て、その後は官房長や主計局長を歴任し、2014年7月から財務事務次官を1年間務めました。

香川様は「社会保障・税一体改革」を推進されたことでよく知られていますが、一方で世界三大感染症、エイズ・結核・マラリア患者を救うためにもご尽力されました。

2013年10月17日、日本リザルツは、武見敬三参議院議員、WBA世界バンタム級王者・亀田興毅選手、超多剤耐性結核を乗り越えたフィリピン出身のミルドレッド・フェルナンド氏、日本で多剤耐性結核を感染・発症した成瀬匡則氏、世界基金戦略投資効果局長の國井修氏、公益財団法人日本国際交流センター執行理事、世界基金支援日本委員会事務局長の伊藤聡子氏、アフリカ日本協議会の稲場雅紀氏と共に、世界基金の重要性を訴えるため、当時主計局長だった香川様を訪問しました。

面談後、香川様からは「皆さんの熱い思いは理解しました」と温かいお言葉をいただき、実際に2013年末、日本政府から世界基金へ8億ドルの拠出が発表されたのです。
kagawaphoto1.jpg
その時のブログのリンクはこちら。

しかし、神様は非情です。香川様は癌のため、わずか58歳の若さでお亡くなりになられました。最後の最後まで事務次官としての職務を全うされるため、車いすで執務を行われていたとのことです。

当時の白須の追悼文
kagawaletter1.jpg

香川様の功績が記載されている記事

偉い方は総じて偉そうにし、一NGOなどの話に耳も傾けてくれません。しかし、香川様は、国の予算を握る偉い方なのに、我々のような一NGOや市民の声にも真摯に耳を傾け、自分の出世や自己の利益だけを考えず、本当に日本がすべきことは何か?を真剣に考えて下さった方でした。
お亡くなりになられた後には有志で追悼文集が発行されたほどでした。
本.jpg

白須はよく職員に「頭だけでなく、心の偏差値を高めることが重要」と言っています。
香川様のような方がまさにそのロールモデルだと思います。
天国から香川様が見守っていてくださることを信じて、私たちも任務に励みたいと思います。
(かめ)








posted by resultsjp at 01:00| Comment(3) | 情報

2020年01月04日

箱根駅伝 青学大が総合優勝!

関東の大学対抗で競う「箱根駅伝」は、3日、復路のレースが行われ、往路を制した青山学院大が、大会新記録のタイムで2年ぶり5回目の総合優勝を果たしました。 
詳しいニュースはこちら。 
青山学院大の三木義一前学長と親しい代表の白須も大喜びしています。
新年早々嬉しいニュースが舞い込んできて、今年は幸先の良いスタートがきれそうですね! 
運動靴を送るケニアはマラソン王国です。世界で初めて、マラソン2時間切りを果たしたキプチョゲ選手など多くの有名なランナーがいます。また日本のマラソン選手の中にはケニアでトレーニングをしている方もいらっしゃるそうです。 今年は東京オリンピックもあります。 一生歩ける喜びをケニア、そして世界の貧しい方に届けられるよう、スナノミ症根絶に向けて、日本とケニアの友好をさらに強めていければと思います。
本日、Ready forさんのツイッターでリザルツの取り組みが紹介されました。どうぞご覧下さい!
クラウドファンディングのサイトはこちら
(かめ)
posted by resultsjp at 17:34| Comment(2) | 情報

2020年01月02日

箱根駅伝 青学大 往路新記録で優勝!

新年早々嬉しいニュースが飛び込んできました。
第96回東京箱根間往復大学駅伝往路(通称:箱根駅伝)が行われ、青山学院大学が3年ぶりに優勝しました。監督、選手の皆さん、関係者の皆様、おめでとうございます。
なんと、速報値で5時間21分16秒の往路新記録だそうです。

実は前学長の三木義一先生は白須が骨髄バンクで活動をしていたころからの友人で、予算アドボカシーや税制調査会などでもお世話になっています。
白須がお祝いのCメールを送ったところ、早速、温かいお返事をいただいたそうです。
明日の復路も楽しみですね!

ニュースはこちらを参照
(かめ)

posted by resultsjp at 15:46| Comment(2) | 情報

謹賀新年2020!

皆様、あけましておめでとうございます!


去年は、グローバルファンドの増資、Gaviのプレ増資会合、TICAD7に合わせたアフリカ健康構想の立ち上げ、G20の開催などほんとうに盛りだくさんの1年でした。また、色々な取り組みを通じて、関係各機関の皆様とのつながりが強まった実りのある令和元年でした。本当に皆様にお世話になりました。

また、皆様のお陰もあり、クラウドファンディングも目標金額の半分である75万9000円まで到達することができました。皆様のお力添えに深く感謝しております。

https://readyfor.jp/projects/kamaishigaza2019/announcements/confirm

ただ、目標金額は150万円ですので、是非、お知り合いの方にご周知いただけますと幸甚でございます。


今年は、UHCフォーラムに始まり、東京オリンピック・パラリンピックに合わせて成長のための栄養(N4G)サミットが開催されるなど、国際保健分野でも様々なイベントが開催されます。

日本リザルツでも7月13日にGGG+フォーラム2020を東京のルポール麹町で開催予定です。より一層皆様と連携してオールジャパン、地球市民で取り組みを進めていければと存じます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

(かめ)

posted by resultsjp at 00:43| Comment(2) | 情報

2019年12月29日

嬉しいお返事

12月24日の東京新聞の発言欄に、スタッフ戸澤の寄稿が掲載されました。代表の白須のお孫さんであるはるかさんが貧しい子どものために、自分の運動靴を寄付しているという心温まるお話です。
191224 東京新聞 発言.jpg
こちらを関係者の方に共有したところ、とある省庁の職員の方から温かいお返事をいただきました。
彼女のお子さんは、現在5年生ですが、数年前に「自分はお母さんからクリスマスプレゼントをもらうので、サンタさんのプレゼントはお母さんがいない子ども達に持って行ってください」とサンタに手紙を書いており、それ以降は、サンタからはプレゼントが届かなくなっているとのことです。
小さな子どもの思いやりの心に胸が熱くなった年の瀬。
ケニアに、世界に思いやりの気持ちが届くよう、職員・ボランティア一同、スナノミ症根絶に向けて来年も頑張りたいと思います。
運動靴輸送に関する詳細はこちら。輸送に向けてクラウドファンディングをしています。https://readyfor.jp/projects/kamaishigaza2019

(かめ)
posted by resultsjp at 00:56| Comment(2) | 情報

2019年12月27日

東京新聞掲載

東京新聞の発言欄に日本リザルツスタッフが投稿した文が掲載されました。
嬉しいことに、この文を読んだという方から靴を寄付したいというお問い合わせを早速いただきました。

191224 東京新聞 発言.jpg

今月から行っているクラウドファンディング(READY FOR 「元気に歩ける喜びを!ケニアの貧しい子どもに運動靴を寄贈」https://readyfor.jp/projects/kamaishigaza2019)でも、スナノミ症について初めて知りましたというコメントとともにご支援をくださった方がいらっしゃり、少しずつ支援の輪が広がっていることを感じます。

これまでに送った1,000通以上に加え、クラウドファンディングへのご支援のお願いに東京新聞の記事と先日の公明新聞の記事を同封して約150名の方に郵送しました。
UME

IMG_5143.JPG
posted by resultsjp at 10:16| Comment(2) | スナノミ症

19年中はお世話様でした>来年こそ国際連帯税のルネサンス(復権)を

シンポ.JPG


みなさま、2019年中は、若者たちが圧倒的に参加した724日の国際連帯税シンポジウム開催への取組みはじめ、たいへんお世話になりました。


■河野(前)大臣、内外に国際連帯税を発信していたが…


外務省も河野(前)大臣の指示のもと、国際的には「開発のための革新的資金調達に関するリーディング・グループ」の議長国に就任し、大臣自ら為替取引税など国際連帯税を発信し続けました。国内的には「SDGsの達成のための新しい資金を考える有識者懇談会」を設置し、国際連帯税の理論的課題に挑戦しようとしました。そしてこれらの作業を通し、大臣ならびに外務省は何らかの国際連帯税について次年度実施を考えていたと思われます。


ところが、大臣が9月に茂木大臣に替わったこともあり、国際連帯税に関する外務省の取組みは鈍いものとなりました。実際、20年度税制改正において、外務省は国際連帯税の税目(航空券連帯税にするのか為替取引税にするのかなど)や税収その他について具体化せず、自民党税制調査会ではねられてしまいました(毎年同じことの繰り返しです)。


■議員連盟、議員立法の方向での取り組みを決定


これに対し、国際連帯税創設を求める議員連盟(会長:衛藤征士郎衆議院議員)は1113日に総会を開催し、外務省のやり方では国際連帯税実現がおぼつかないと判断し、議員立法も射程に入れつつ進めることを決めました。


議員立法で提案するには、衆議院ですと50名以上、参議院ですと20名以上の賛成必要となります(予算を伴う案件)。さらに人数を集めただけではだめで、議員の所属する会派の機関承認が必要となります。


来月からはじまる通常国会開催中に(120日〜617日)、上記人数を集め、法案を提出しなければなりません。連帯税の中身については、衛藤議連会長提案により航空券連帯税となる予定ですが、議連として集中的に取り組んでいかなければなりませんし、私たちもこの活動を全面的に支援していきたいと思います。


■国際連帯税の復権:航空券連帯税−デジタル・エコノミー連帯税−為替取引連帯税


外務省の有識者懇談会ですが、当初為替取引税など税制の議論からはじまりましたが(第1回は728日)、途中で民間資金活用が主となってきたので、私(田中)は税制を主にすべきと主張してきました。そしてここに来て、再び税制についてもデジタル課税について議論することになりました。


ご承知のように、経済協力開発機構(OECD)が、巨大ITの税逃れを防ぐ「デジタル課税」のルール作りを進めており、来月には大枠を決めることになっています。国境を超える事業から成り立つデジタル経済こそ国際連帯税を徴収するのにふさわしい案件と言えます。ルール作りの中に連帯税的な要素を組み込んだ制度設計を模索していきたいと思います。


ところで、来年は国際連帯税の復権・復興を図っていきたいと考えています。国際連帯税ルネサンスですね。国内と国際社会において、この数年国際連帯税(税制を通した国際協力資金の創設)の意義と役割が忘れ去られていくという状況にありました。この流れに果敢に掉さし、積極的に連帯税の必要性を国内外で訴えていたのが、実は河野前外務大臣だったのです。


私たちは、SDGs達成のための第二の公的資金(第一はODA)としての国際連帯税という考え方をまず復権させ、そして我が国で実現させていくために、航空券連帯税のみならず、デジタル・エコノミー連帯税、そして税額が飛躍的に多くなる為替取引連帯税というように段階を踏まえつつ挑戦していこうと考えています。来年も国際連帯税の取組みをよろしくお願いします。


(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)

posted by resultsjp at 07:58| Comment(2) | 国際連帯税の推進

2019年12月26日

嬉しいお便り

日本リザルツの東京オフィスには今日も全国の皆様からきれいに洗った運動靴が寄せられています。

中にはこんな素敵なお手紙をくださる方もいらっしゃいます。

191225 安達様お手紙.jpg

多くの皆様の善意に支えられて私たちの活動は成り立っています。

そんな皆様の思いやりを届けるべく、現在クラウドファンディングを実施中です。

https://readyfor.jp/projects/kamaishigaza2019


ケニアの貧しい子どもたちにクリスマスプレゼントが届けられるよう、職員・ボランティア一同、さらに頑張りたいと思います。(かめ)

posted by resultsjp at 17:13| Comment(1) | 情報

2019年12月24日

メディカル・データ・ビジョン株式会社様来訪

本日、メディカル・データ・ビジョン株式会社の広報室の方2名が来訪されました。
お話はケニアに送る運動靴をくださることと、社内で集めた募金を弊団体に寄付していただけるとの事でした。
大変ありがたいお話です。(か)

IMG_0342.jpg

IMG_0345.jpg

posted by resultsjp at 17:47| Comment(2) | 情報

2019年12月23日

シェムさんに感謝!

師走のお忙しいときかと存じますが、皆さん如何お過ごしでしょうか?
ケニアは日本の初夏のような気候です。今年は異常気象で、本来11月に終わる小雨期が依然として続いており、多くの方が亡くなっています。ヘルスセンターも泥まみれで、毎日スタッフが大掃除に追われています。

IMG_1144.jpg
さて、世間はクリスマスで、ケニアではすでに多くの皆さんが休暇に入られていますが、日本リザルツケニア事務所は今日もバリバリ開店中です。
今日もシェムさんと医療施設の改善や公共施設の衛生状況改善に向けた意見交換を行いました。
これまでの取り組みによって、以下の課題が明らかになっており、建築士のシェムさんからアイデアを沢山いただきました。
・スラム街では下水設備が脆弱なためすぐヘルスセンターが浸水する
→これが衛生環境の悪化を招いているため、排水設備を整える必要がある
・小学校のトイレの数が少ない、また学校の上下水道がきちんと整備されていないため、使えないトイレがある
→環境に優しく、子どもたちが安全に使えるトイレの導入が必要である
・ヘルスセンター内の舗道が整備されていない
→身体の不自由な人やお年寄り、子どもたちが使いにくいため、バリアフリー化が必要である

この日は2人で、安価に施設が整備できる方法などを考えました。
多くの人が休んでいる中にも関わらず、この日もシェムさんは私のために時間を割いてくれ、設計はもちろんのこと、施設のメンテナンス方法など様々な相談にのってくれました。

日本とは勝手が違い、戸惑うことばかりのケニア事業ですが、シェムさんのような信頼できる仲間たちに支えられて、取り組みを続けることができています。
働きもので、温かいハートをもったシェムさん。いつも、本当にありがとうございます!
(かめ)


posted by resultsjp at 20:19| Comment(2) | 情報