2017年06月09日

スタッフミーティングを開催2

ケニア時間の午後2時半から、新たな日本リザルツオフィスで現地スタッフとケニア所長白石のミーテングが行われました。

IMG_1883-32155.JPG

今日は白石も含め5人のスタッフ全てがそろいました。

IMG_1886.JPG

本日は今後2か月の活動方針の確認に加え、最終報告書の一部になる「結核報告書」について議論を行いました。
ケニア所長白石の統括のもと、誰がどの記事を書いたらいいのかや、構成をどのようにすればいいのかをメンバーで話し合いました。

IMG_1888-65f2a.JPG

CHV統括のカルヴィンや看護師のジュリアを中心に、白熱した議論が展開されます。
本日の会議をもとに、無事に方向性を決めることが出来ました。

ケニアのスタッフ、CHV、医師、看護師、そして地元の方…みんなで作る「結核報告書」は日本語、英語の双方を制作する予定です。
みなさん、完成を楽しみにしていてくださいね。
(はるか)
posted by resultsjp at 21:35| Comment(1) | 情報

電通さんから靴が届きました-A

5月29日に続いて本日も電通さんが靴を届けてくださいました!
先日エスンバ村へ靴を発送して、会議室がスッキリしたのですが、続々と運動靴が届いて、またまた靴を入れた箱がどんどん増えています。(か)

IMG_0309.JPG
IMG_0310.JPG
posted by resultsjp at 16:37| Comment(3) | 情報

釜石生活68 〜親子交流会〜

明日、6月10日は「青葉通り こどもの相談室」の親子交流会の日です。
ホースセラピー5.10改.jpg

これまで、シリコンゴムのブレスレットづくり、親子でワンデイシェフの日と室内で行ってきた親子交流会ですが、明日は野外活動となりますので、やや緊張して、準備にぬかりはないか、釜石市子ども課の主任と、確認に確認を重ねています。
心配された天候も、何とか持ちこたえるか、ちょっと小雨に遭うか、程度で済みそうです。

このような「しおり」も作りました。
スライド1.JPG

スライド2.JPG

普段、子育て世代の親子の会話って、親からは「宿題やったの?」「早く起きなさい」「ゲームは1時間って言ってるでしょ!」のように、ついつい、注意、指示、命令、禁止の内容になってしまいがちで、それに対して子どもからは「うるせーなー」「わかってるよ」「もー」と返す、その繰り返しになっていたりすることが多いようです。
そんななかで、日常を少しだけ離れて、親子で一緒に何かをする体験を通して、子どもの成長に驚いたり、普段のコミュニケーションを省みたり、新しい気付きがあったりすることを期待しています。
過去2回でも、親御さんの感想で「いつの間にか、こんなことができるようになってたんだ、とか、意外と的確な判断ができて、成長ぶりに感動しました」というお話しもありました。
今回は、間に入ってくれるのが命(も性格も)ある馬ですから、親子との交流でいろんな化学反応も起きたりして、一層楽しく、深い親子交流会になることと思います。(鈴木)




posted by resultsjp at 09:45| Comment(3) | 東北復興支援

スタッフミーティングを開催

ケニア時間の午後3時から、新たな日本リザルツオフィスで現地スタッフとケニア所長白石のミーテングが行われました。

IMG_1871-25b93.JPG

会議では今後2か月の課題と目標を共有し、それぞれが何をすべきかが共有されました。
また、今回の会議には、1年目のケニア結核アドボカシープロジェクトを成功に導くためにみんなで一致団結しよう!という決起集会の意味合いも込められています。

白石は、スナノミ症の活動とナイロビでの仕事の経験から多くのことを学んだことを紹介し、日本リザルツでは貴重な経験ができるので、是非、ここで、一生懸命仕事をしてもらって沢山の経験をしてもらい次のステップにつなげてほしいとスタッフに呼びかけていました。

IMG_1873.JPG

みなさん真剣です。

来られなかったスタッフもいたため、会議は引き続き明日も行われます。

1年目のケニア事業もあと2か月。成功に導くにはスタッフのみなさんの協力が欠かせません。
全員が一体となって、事業に尽力を注ぎ、最高の成果につながるといいですね。
(はるか)
posted by resultsjp at 01:13| Comment(3) | 情報

2017年06月08日

食事の量より質

無料や低料金で利用できる「子ども食堂」が、日本では全国的に貧困問題の一環として注目されている。
給食が唯一の食事らしい内容で、夏休みなど長期休校中は、まともな食事が得られない日が続くらしい。
ダイエット食品や運動が流行る一方で、このような食に窮乏する実情があることは、以前の日本には
殆ど見られなかったと思う。その点途上国では如何だろうか。結核予防のプロジェクトを行っている 
ケニアでは、日本以上に貧富の差があり、そのためかより豊かな収入・生活願望が強いと感じる。
然し、貧しいから食にありつけない、やせ細っている訳ではない。スラム地区では肥満体の方も結構
見かける。何故か、それは多分食べるもののせいだと思う。糖分の多い食材、ティーに入れる多量の
砂糖を見るとそう考えてしまう。今は感染症予防を中心に事業活動を行っているが、今後は栄養
や生活習慣の改善を含めた、総合的な疾病予防や健康管理も手掛けてい行く必要がある。

局チョー
posted by resultsjp at 21:26| Comment(2) | 情報

はじめまして!

みなさま、こんにちは!

今週より日本リザルツでインターンをしております、春日桃子と申します。
あだ名は「もすが」です。

私自身も昨年エスンバ村にてボランティアを経験し、スナノミ症にも感染しました…
現在はスナノミが世界中で認知されるようにする活動などにも取り組んでいます。

みなさまからご支援いただいているQ&AAA+プロジェクトが
実を結んでエスンバの人々の支えになるよう、努力してまいります。
(もすが)
posted by resultsjp at 17:40| Comment(3) | 情報

港区役所への訪問

先日港区役所を訪問しました。戸籍担当の窓口に法務省が作成した「子どもの健やかな成長のために」というパンフレットが置いてあるのが目に留まりました。
また、2012年の4月より離婚届には面会交流や養育費の取り決めをしているかどうかのチェック欄が設けられ、子どもがいる夫婦が離婚をする際には、どのような養育が子どもの幸せにとって必要かを考えるきっかけになっていると思います。
本当に少しずつですが、離婚後の養育に関する制度や仕組みが改善されてきていると実感します。
また、港区の子ども家庭支援センターや、区役所の子ども家庭課にて、当団体のパンフレットや今月開催される「夫婦のコミュニケーション講座」のチラシを置かせていただきました。
離婚による子どもへの負担が、少しでも軽くなるような支援ができればと思います。
(大川)
posted by resultsjp at 10:30| Comment(2) | らぽーる

[速報]運動靴がエスンバ村に!

ケニア時間の朝5:30、一本の電話が入りました。
現地NGOのエドワードからです。

「75箱、運動靴が届いた」という嬉しいお知らせでした。
エスンバ村はインターネット環境が非常に悪く、みなさんにお写真でお知らせできないのが非常に口惜しいです…。

全国、全世界の皆様、応援下さり、本当に感謝しております。

【お知らせ】Q&AAA+プロジェクトで靴をお送りいただく際の注意点について。
以下、靴を送付する際の注意点となります。靴をお送りいただく際には、御一読をお願いいたします。

【注意点】
-きれいに洗った運動靴であること
-上履きやバレエシューズは不可です
-サイズに制限はありません
-送料はご自身で負担となります

【発送先住所】
〒 100-0013 東京都千代田区霞が関3-6-14 三久ビル503
日本リザルツ長坂宛

詳しくは日本リザルツの公式WEBサイトのトップページをご覧くださいませ。
http://resultsjp.org/top-japanese
(はるか)


皆様から届いた運動靴は今日から1足1足エスンバ村の子どもたちに届けられます。
本当に有難うございました(はるか)


posted by resultsjp at 05:53| Comment(3) | 情報

ナイロビ生活vol20 "CHVミーティング編"

皆さま、こんにちは。白石です。

前回のブログナイロビ生活vol19はこちら
ナイロビ生活vol19"カルヴィンの活動編"

===
DButjjmXkAAXF8l.jpg
(CHVミーティングの様子)

今週火曜日(6/5)、水曜日(6/6)で月例のCHVミーティングを開催いたしました。
先月分のレポートをまとめ、成果を発表し問題点などを、話し合う場です。両日ともに活気があり、決起集会のように感じました。

また、前回のブログでも紹介した、カルヴィンからのアドバイスには耳をすまして聞きいっていました。

1人のCHVに彼の印象を聞いてみると「親しみやすく、なんでも相談できる存在だ」と言っていました。

DButkBBXgAEy5UQ.jpg
(ケニア政府から出されているコレラ予防に関するポスター)

DButkfiXoAA-y9P.jpg
(ミーティング後に体調が悪い住民のために寄付を募るCHV)

このような光景は毎回見られます。

===

そして本日(6/6)は事務所移転の日でもありました。
プロジェクトの残すところ2ヶ月となり最終報告書の作成に向けて、情報の整理や分析を効率的に行うために。また情報収集・分析などを行うスタッフがオフィスで作業することがこれまで以上に増えることになるためです。

DButk8wXYAAAa-J.jpg
(空っぽの新事務所)

DButzHwXYAAgHAy.jpg
(これまでの事務所)

DButzjjWAAIQQxA.jpg
(事務机などを運び出します。)

DBut0BKWAAAhq2R.jpg
(一気に殺風景になりました。)

DBut0a0XsAA39hA.jpg
(新事務所の完成です。)

明日、レイアウトなどを考えて、設備なども充実させていきます。

===

これからの2ヶ月が、プロジェクトにとって非常に重要な時です。いまこそ踏ん張りどき!頑張ります!

しらいし




posted by resultsjp at 02:51| Comment(2) | 情報

2017年06月07日

スナノミ症根絶に向けたアドボカシー活動

本日、参議院議員会館に伺いました。ケニアのスナノミ症の根絶に向け、日本リザルツは運動靴を集め、最貧困層の方々が暮らすケニアのエスンバ村に送り届ける活動を行っています。今後は、世界中のより多くの方々にスナノミ症について知っていただくため、国会議員の先生方のお力添えをいただきながら、世界に向けてアドボカシー活動を行っていきたいと考えています。SDGsが掲げる「誰一人取り残さない社会」への実現に向けて、運動靴を送ってくださった日本中の方々とともに、日本リザルツは尽力していきます。 (トミー)
posted by resultsjp at 15:40| Comment(2) | 情報