2022年08月24日

8月22日(月)開催:TICAD8プレイベント「各国大使と地球の未来を考える」報告【前半】

8月22日(月)ホテルルポール麹町 2階ロイヤルクリスタルにてTICAD8プレイベント「各国大使と地球の未来を考える」が開催されました。

IMG_0421.JPG
会場には大勢の方々がご参加され、朝9時から夜20時に及ぶ本イベントは大盛況となりました。

朝9時から9時45分まで行われた「ご挨拶」セッションでは、日本・AU友好議員連盟会長 逢沢一郎先生が最初にご挨拶をされ、続いて前参議院議長で国際母子栄養改善議員連盟会長 山東昭子先生、公明党代表 山口那津男先生、元内閣府特命担当大臣 猪口邦子先生、元東京オリンピック・パラリンピック担当大臣、自由民主党PFI推進特命委員長 櫻田義孝先生、前復興副大臣 横山信一先生、参議院 総務委員会理事 若松謙維先生、参議院議員 青島健太先生、自由民主党国会対策副委員長 三ッ林裕巳先生にご挨拶をいただきました。

_DSC4644.JPG
日本・AU友好議員連盟会長 逢沢一郎先生

_DSC4650.JPG
前参議院議長 国際母子栄養改善議員連盟会長 山東昭子先生

_DSC4659.JPG
公明党代表 山口那津男先生

_DSC4672.JPG
元内閣府特命担当大臣(少子化・女性参画担当) 猪口邦子先生

_DSC4682.JPG
元東京オリンピック・パラリンピック担当大臣、自由民主党PFI推進特命委員長 櫻田義孝先生

_DSC4691.JPG
前復興副大臣 横山信一先生

_DSC4701.JPG
参議院 総務委員会理事 若松謙維先生

_DSC4707.JPG
参議院議員 青島健太先生

_DSC4722.JPG
自由民主党国会対策副委員長 三ッ林裕巳先生


9時45分から11時15分で開催された第1部セッションでは「アフリカとUHC レジリエンスをいかに強化するべきか」というテーマで、グローバルヘルスや保健分野の専門家の方々にご発言をいただき、アフリカにおける保健分野の現状や問題解決の方法についてお話いただきました。
また、第1部の冒頭では、内閣官房副長官の木原誠二先生がご挨拶をされました。


_DSC4744.JPG
内閣官房副長官 木原誠二先生

_DSC4842.JPG
プランインターナショナルジャパン理事長、APDA常務理事の池上清子様がモデレーターとなり、皆様からのお話をまとめていただきました。

_DSC4733.JPG
慶應義塾大学特任准教授 野村周平先生

_DSC4785.JPG
国際医療福祉大学学長 鈴木康裕先生

_DSC4796.JPG
国際開発ジャーナル主幹 荒木光弥様

_DSC4802.JPG
国立国際医療研究センター 国際感染症センター長 大曲貴夫様

IMG_0434.JPG
アライアンス フォーラム財団理事 丹治幹雄様

_DSC4824.JPG
厚生労働省 国際保健福祉交渉官 日下英司様

IMG_0451.JPG
外務省 地球規模課題審議官 赤堀毅様


また、皆様の発言の後に、日本リザルツインターンの園田開さん、ANAホールディングス ドローンプロジェクトディレクターの信田光寿様から質問をいただきました。
_DSC4838.JPG
日本リザルツインターン 園田開

IMG_0466.JPG
ANAホールディングス ドローンプロジェクトディレクター 信田光寿様


11時15分から13時30分で行われた第 2 部セッションでは「アフリカの多様性から考える食・健康・環境」をテーマに議論が交わされました。途中、駐日大使館からのゲストや留学生からの質問も多く、皆様が英語で議論されているのが印象的でした。

第2部セッションでは、初めに前外務副大臣 小田原潔先生にご挨拶をいただきました。ご自身でご用意されたプレゼンをお使いになり、参加者の皆様に向けてメッセージをいただきました。

IMG_0491.JPG
前外務副大臣 小田原潔先生

モデレーターは財務省財務官の神田眞人様が務められました。
IMG_0497.JPG
モデレーター 財務省財務官 神田眞人様
  
_DSC4875.JPG
東京大学特任教授 加藤久典先生

_DSC4885.JPG
長崎大学熱帯医学研究所教授 山本太郎先生

_DSC4892.JPG
UNDP 駐日代表 近藤哲生様

_DSC4911.JPG
味の素ファンデーション理事長 倉島薫様

_DSC4924.JPG
政策研究大学院大学名誉教授 黒川清先生

駐日大使館からのゲストの皆様、留学生、味の素鰍フ黒岩様からご質問・ご意見がありました。

_DSC4948.JPG
駐日大使館からのゲスト

_DSC4960.JPG
東京大学の留学生による質問もありました。

IMG_0541.JPG
味の素潟Oローバルコミュニケーション部 サイエンスグループ 黒岩卓様

ここまでが朝9時から13時30分までのセッションです。

貴重な意見交換を聞きに、朝早くから一般の方々だけでなく、多くの大使館関係者、学生さんの姿が見られました。
後半はアフリカと日本のパートナーシップについて考える第3部セッションと、世界の未来について皆で考えていく第4部セッション、まとめの報告をします。

(M)
posted by resultsjp at 11:03| Comment(1) | 情報

8月22日(月)開催 :TICAD8プレイベント「各国大使と地球の未来を考える」

日本リザルツ主催 「TICAD8プレイベント」が、8月22日(月)ルポール麹町2階 ロイヤルクリスタルにおいて開催されました。

会場準備を終え、開始直前の風景を紹介させていただきます。
私は、受付を担当させていただきましたが、会場出入口付近のロビーでは、様々な方が意見交換をされており、今後の活動へのつながりのきっかけになればと思いました。

TICAD8 会場案内.JPG

TICAD8.jpg

受付付近.JPG

受付付近 2.JPG

TICAD8  開場.jpg

TICAD 会場3.JPG

イベントは「各国大使と地球の未来を考える」をテーマに開催されました。
50か国以上のアフリカを中心とする大使の方々、関係各省庁、国会議員、企業、国際機関、アカデミア、学生そして市民社会の皆様など、大勢の方にお越しいただき、闊達な意見交換を行うことが出来ました。何より、コロナ禍の中、無事に対面会議を終えることができたのは、皆様のお力添えのお陰です。心より御礼申し上げます。
TICAD8本会議は今月27日、28日にチュニジアで開催されます。今回のプレイベントをきっかけに、アフリカのSDGsとUHCの実現に向けて、皆様同士の連携が進むよう、私たちも地道な取り組みを続けていきたいです。

(K)


posted by resultsjp at 09:09| Comment(1) | 情報

2022年08月23日

8/22 TICAD8プレイベント:準備編

8月22日のTICAD8プレイベントは大盛況のうちに幕を終えました。

このイベントを成功させるために日本リザルツのスタッフが中心となって準備を進めたことは言うまでもありませんが、応援団の皆さんにも非常に助けられました。

特に、前日の日曜日にもかかわらず、企業さんから9名も、お手伝いをいただき、夕刻には会場のホテルに当日配布資料他を搬入することができました。

無事開催できましたことに皆様のご協力に深謝申し上げます。
20220821.jpg


(一)
posted by resultsjp at 17:52| Comment(1) | 情報

2022年8月22・23日 公明新聞記事

公明新聞に日本リザルツの記事が掲載されましたので、共有させていただきます。
@2022年8月22日(月) 日本リザルツの長坂さんが取材を受けた「国際保健と日本の役割」
公明新聞20220822.jpg

A2022年8月23日(月) 「日本リザルツ主催 TICAD8プレイベント 山口代表挨拶」
公明新聞20220823.jpg

(一)
posted by resultsjp at 14:58| Comment(1) | 情報

2022年08月21日

アジア栄養士会議で横浜宣言が採択

819日〜21日にかけて、アジア栄養士会議が開催されていました。

詳細はこちらのサイトを参照:

https://www.acd2022.org/


突撃戦隊栄養レンジャーズの皆さんも会議に参加されており、様子を実況中継してくださいました。沢山のお写真で盛り上がり具合を紹介したいと思います。

unnamed.jpg 

会議は「明るいアジアの未来のために持続可能な健康社会の実現を目指して:現代の課題解決のために、混乱する栄養情報への対応」と題して開かれ、様々なステークホルダーの方が集まり、闊達な議論を繰り広げました。1000人規模の対面会議は久しぶりですね。


unnamed (3).jpg 

最終日。横浜宣言が採択されました。


unnamed (2).jpg 

概要はこちらの写真からご覧いただけます。


次回のアジア栄養士会議は2026年にムンバイで開かれます。

unnamed (5).jpgunnamed (6).jpg

開催国のインドにアジア栄養士会の旗を手渡しします。オリンピックみたいですね。

unnamed (1).jpg 

日本栄養士会会長の中村丁次先生が大活躍だったようです。

日本からアジアに、そして世界に知見が広がることを楽しみにしています。

関係者の皆様、お疲れ様でした。

(ぴんく)

posted by resultsjp at 16:30| Comment(1) | 情報

2022年08月20日

栄養レンジャーズ再び終結!:アジア栄養士会議編

あれ?お盆だから霞が関が静か?

いえいえ。そんなことありません。


突撃戦隊栄養レンジャー・ブラックこと白須は、レンジャーズの面々を率いて、甲子園並みの熱戦をパシフィコ横浜で繰り広げてきたようです。

日本栄養士会が主催するアジア栄養士会議に出席していたのです。

https://www.acd2022.org/


早速レンジャーズの皆様からお写真が届きましたので、実況中継でご報告させていただきます。

 unnamed (1).jpg

この会議の発起人は日本栄養士会会長の中村丁次先生。GGG+フォーラム秋田では大変お世話になりました。中村先生は学術界における日本の栄養政策の第一人者です。日本の栄養改善の歴史を学術的に分析されてこられており、昨年の東京栄養サミットでは岸田総理大臣のご挨拶内に中村先生の「栄養の力で人々を健康に、幸せにする」というメッセージが入ったのは有名な話です。


こちらからスピーチ全文がご覧いただけます。

http://resultsjp.sblo.jp/article/189187778.html


unnamed (6).jpg

unnamed (5).jpg

unnamed (7).jpg 

厚生労働省の清野富久江先生、栄養のスペシャリストです。


清野先生には6月のGGG+フォーラム秋田の目覚めセミナーでモデレーターを務めていただきました。

http://resultsjp.sblo.jp/article/189618262.html



unnamed (2).jpg


unnamed (3).jpg

unnamed (4).jpg

国際母子栄養改善議員連盟の会長である参議院議員の山東昭子先生もわざわざ駆けつけてくださいました。

初日のセッションでは、中村先生の名著「ジャパンニュートリション」について議論がなされたほか、減塩対策、感染症と栄養問題の関連、そして、生活習慣病などについて闊達な意見交換がなされたようです。


中村先生の「ジャパンニュートリション」についてはこちらのブログを参照:

http://resultsjp.sblo.jp/article/189239436.html


(ぴんく)

posted by resultsjp at 00:23| Comment(1) | 情報

2022年08月19日

日本経済新聞:世界銀行副総裁・マヌエラ・フェッロ氏のインタビュー

世界銀行副総裁で東アジア・太平洋地域を統括するマヌエラ・フェッロ氏のインタビューが819日(金)の日本経済新聞朝刊に掲載されていました。

 20220819085246-0001_page-0001.jpg

メインは東アジア地域の経済情勢についてでしたが、電子版では最後に国際協力に関して重要な示唆をされていましたので、やり取りを引用させていただきます。

ウクライナ危機や緊張感が高まる台湾情勢など、専制主義国家による脅威が増すなかで、多国間主義の重要性が増しています。世界銀行は第2次世界大戦後、国際通貨基金(IMF)などとブレトンウッズ体制を築き、世界経済の発展に寄与してきました(聞き手)。

「各国が協力しなければ、世界は非常に近視眼的な状況に陥るだろう。世界の国々が協調している時代には自然と協調関係が築かれるから、(世界銀行やIMFのような)多国間主義に立脚した組織の重要性が認識されることはそれほどない。だが現状は、こうした組織の重要性がかつてないほどに高まっていると感じる。より多くの国々が国際協調の手段を維持することに価値を見いだしてくれると望んでいる」。


低中所得国であるケニアに駐在して活動している小職としては、まさにその通りだと実感しました。今月末にはTICAD8、来年は広島でG7があります。多国間主義の実現に向けて、日本には更なるリーダーシップを発揮していただきたいところです。


インタビュー全文はこちらの電子版からご覧いただけます。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB16CBH0W2A810C2000000/

(ぷりん)

posted by resultsjp at 16:31| Comment(1) | 情報

来日したビル・ゲイツ氏に2年越しの「旭日大綬章」を林外相手渡し

来日したマイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏は18日、外務省で林芳正外相と面会されました。2020年に受章が発表されていた、旭日大綬章が新型コロナウイルスの拡大による影響などで受け取りが延期となり、2年遅れでゲイツ氏に手渡されました。
外相はゲイツ氏が共同議長を務める慈善団体「米ビル&メリンダ・ゲイツ財団」による国際保健への貢献を評価し、同氏に旭日大綬章の証書と勲章が手渡されました。
ゲイツ氏は「国際保健で日本と緊密に連携して引き続き貢献していきたい」と述べらています。
外相とゲイツ氏は2023年に広島で開く主要7カ国首脳会議(G7サミット)を見据え、新興感染症やポリオなどの対策で連携すると一致されました。
ビルゲイツ.jpg

自民党の茂木敏充幹事長も18日、党本部でゲイツ氏と面会され、茂木幹事長は会談後、記者団に「とても良い会談だった」と述べらております。

授賞後、日本リザルツも招待された、医療関連の政策を話し合う「グローバルヘルス・フォーラム」が開催され、米マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏が登壇した。ゲイツ氏は「今こそ支援を強化し、(感染症などと)戦い続けることだ」と述べ、世界規模で健康課題に取り組む国際保健の重要性を訴えられました。

ブログ:、「Global Health Forum」

(一)


posted by resultsjp at 10:15| Comment(1) | 情報

2022年08月18日

ビル・ゲイツ氏の来日と「Global Health Forum」

ビル・ゲイツ氏の来日に合わせ、「Global Health Forum」が開催され、日本リザルツからもスタッフが出席してまいりしました。

<日時>2022年8月18日(木) 14:00〜15:00

<場所>衆議院第1議員会館 1階多目的ホール

<プログラム>
・基調講演 ビル・ゲイツ氏(ビル&メリンダ ゲイツ財団 共同議長)

      「グローバルヘルス分野での日本の貢献への感謝、今後の日本の活躍に関する期待」

・基調講演を受けて 武見敬三(参議院議員)
・パネルディスカッション
         「日本がグローバル・ヘルス分野で目指していくもの」
 <参加者>
  ビル・ゲイツ氏(ビル&メリンダ ゲイツ財団 共同議長)
  加藤勝信氏  (厚生労働大臣)
  鷲尾英一郎氏 (自由民主党国際協力調査会 事務局長)
  古谷範子氏  (公明党 副代表)
  新浪剛史氏  (サントリーホールディングス 代表取締役社長)
  茶山美鈴氏  (Health for All.jp 代表)

IMG-4054.jpg 


フォーラムでは、日本がグローバルヘルスへの取り組みにおいてリーダーシップを発揮していることが紹介されていました。また、新型コロナウイルスパンデミックの経験から、強いヘルスシステムを確立するために日本の更なる貢献が求められていると期待がよせられていました。日本政府に対しては、ODAの拠出増資についてのご意見もありました。

日本リザルツは、グルーバルへルスの取り組みを支援しております。


<招待状>

案内状_Global Health Forum-1.jpg

(K)
posted by resultsjp at 17:05| Comment(1) | 情報

2022年08月17日

アフガニスタン タリバン政権発足から1年

8月15日(日)、タリバン政権が発足してから丸1年となりました。アフガニスタンに残された人々は孤立と貧困に苦しめられています。

アフガン国内では、中央銀行の資産凍結や、ロシアによるウクライナ侵攻を受けインフレが進んだことにより国民の生活はますます困窮しています。小麦価格は1年前の約2倍になっているそうです。
さらに、女性省はタリバンの侵攻後に解体され、女性は公の場ではブルカ(全身を覆う伝統衣装)を着用することを義務づけられることや、就職の制限、女児の人身売買等、女性に対する人権侵害が続いています。

これらの状況を受け、国際機関や国際NGOはアフガニスタンに支援を続けていますが、国民の6割=約2440万人が支援を必要とする現状を変えるには、国の仕組みを変えることが必要と考えます。
男性中心の社会を築こうとしているタリバンの思想は根強く、交渉は難航していますが、妥協点を見つけることで一刻も早く現状を変えることが必要であると考えます。


日本リザルツでは、8月22日(月)にルポール麹町にてTICAD8プレイベント「各国大使と地球の未来を考える」を開催します。
留学生を含む50名以上の学生たちや、50ヶ国以上の大使とともに地球のあらゆる問題について議論をします。
登録はこちらからどうぞ。


参考:朝日新聞8月15日(1・2面)、公明新聞8月15日(3面)、国際ジャーナル8月号

(M)
posted by resultsjp at 00:04| Comment(1) | 情報